光コラボレーションの乗り換え(転用)比較&解約時の電話番号などについて解説!メリット・デメリットは?

はじめに「HIKARI百貨店」の説明

 

 本サイトは、2015年3月から開始されている「光コラボレーションモデル(光回線の自由化)」の総合比較サイトです。今、このサイトを見ている方は下記のような理由で「HIKARI百貨店」を閲覧していることでしょう。

  

  • 「光コラボ」について電話 or 訪問による勧誘を受けてサービス詳細や評判をチェックしている。
  •   

  • 何にも考えてないが光回線(プロバイダ)についてインターネットサーフィンしていたら辿り着いた。
  •   

  • 使用中のインターネット回線について乗り換え(契約変更)を考えていて他の各サービスをチェック中。
  •   

  • 光コラボレーション事業者であり他社サービスなどを調査&確認している。
  •   

  • 引越しなどを機に新しく使う予定のインターネット回線(プロバイダ)を探している。
  •   

  • 使っているインターネット回線を解約してネット契約をやめようとしているが解約金や連絡先などがわからない。



  •  

     現在、通信業界においては「光コラボレーションモデル」の影響もあり光回線サービスが爆発的に増加し関連するサービスも数多く提供されています。そんな中で、みなさん「どの光回線(プロバイダ)を選んだらいいのか?分からない!」というのが本音ではないでしょうか?

     

     近年は、光回線(プロバイダ)だけという時代ではなくなりサービスが複雑になってきています。それらに関する専門用語も多く家電量販店などで「販売員の説明を聞いても、インターネットで調べてもよく分からない」というのが現状だと思います。

     

     安心してください!「HIKARI百貨店」では、そんな方の悩みを解消し希望にできるだけ近い「お得かつ最適な光回線」を見つけることが可能です!!また、これからインターネット回線の契約をする予定の方は、決して焦らず即契約はしてはいけないということを覚えておいてください。(きちんと比較検討を行って申し込みをするということであれば問題ありませんが。。。)

     

     「HIKARI百貨店(旧:光コラボレーションナビ)」は、他社サイトと異なり「限定されたサービスだけ紹介する」ということはありません。だから、自分に最適なサービスを見つけられるんです。少しでもオトクに申し込める光回線やプロバイダ&その他の関連サービス情報を数多く存在するページで紹介していますので、しっかりと比較が可能です。

     

     「どんな光回線を選んだらいいのか?分からない!」・「営業や勧誘を受けたサービスは契約しても大丈夫?」などという疑問を持つ方のお役立てるような情報比較サイトとなっていますので、様々なページをご覧ください。さらには、光回線(光コラボ)やプロバイダに関するご相談も無料にて受付していますので、どんなことでも気軽にお問い合わせください。



     

    「光コラボ」とは?

     

     よく聞く「光コラボ」とは、NTT東日本&NTT西日本が展開した「光コラボレーションモデル」を活用して提供される光回線サービスのことを言います。この「光コラボ」を提供するためにはNTT東日本 or NTT西日本と厳しいパートナー契約締結を完了させ関連省庁に係る「法律」&「政令」&「省令」&「告示」&「ガイドライン」などを遵守することが必要となります。

     

     難しい漢字が並びましたが、簡単に言うと光コラボレーション事業者は「ルールを守りサービス提供をする」ということです!この「光コラボレーションモデル」が、ここまで話題になり急速に普及する理由はサービス名称こそNTT東西のものではないが「光コラボ」の中身である回線設備がNTT東西のものだからです!

     

     どうゆうこと?と思った方も多いかもしれませんが、簡単にお伝えするポイントは下記になります。

      

  • NTTグループは「フレッツ光」をもっと普及させたい。いろんな人に使ってもらいたいと考える。
  •   

  • だからNTTが提供していない色んなサービスくっつけて販売してもOKということにする。
  •   

  • 上記だけだと事業者も利用者も面倒だから商品名称を変え自社サービスとして提供いいよということにする。
  •   

  • 利用料金などの管理なども自社でやってね。ということにしてNTT東西は管理費だけもらうことにする。
  •   

  • これで「売り手よし・買い手よし・世間よし」という三方よしになった。



  •  

     まだまだ、様々な細かいことはありますが基本的な部分は上記のようなことです。この仕組みにより結果的にはNTT東西の光回線(フレッツ光)に対する価値が向上し利用する顧客が増えるということです。ここまで、説明したことを表現するなら「フレッツ光」の「リブランディング(リブランド)」ですね!

     

     何にしても、この仕組みを開始するまではNTTグループとしても以外と大変なんです。知らない人も多くなってきましたが、過去「NTTグループ」は国営(公務員)でした。しかし、1985年の民営化に伴い「NTT法」が制定されて何をするにも総務大臣の許可が必要になっているんです。

     

     そして、本サイトにて解説している「光コラボレーションモデル」と実は似たようなことが沢山あります。それは「携帯電話の自由化(格安スマートフォン&格安SIMカード)」や「電力の自由化」・「ガスの自由化」などが、光コラボレーションモデルと同様の仕組みということ。他の仕組みと比較するならば「光コラボレーションモデル」は、NTT東日本・NTT西日本の独占市場にあった「光回線の自由化」と言えるでしょう。

     

    今までの通信業界




     

     「光コラボレーションモデル」が開始された2015年までは、日本国内で主に光回線を提供していた会社は「NTT(フレッツ光)」や「KDDI(au光)」です。それらに加え「関西電力(eo光)」や「中部電力(コミュファ光)」などの電力会社でした。

     

     この「光コラボ」の提供開始前まで両手で数え切れた光回線サービスの提供事業者が、2015年の「光コラボ」提供開始をきっかけにして60倍以上に増えました。現在、その光コラボレーション事業者は「NTT東日本:500社」・「NTT西日本:400社」以上です。

     

     NTT東西のエリアをまとめた日本全国の合計で600社以上が光回線を提供する状況になっています。だから、光コラボレーションサービスのことを知らない人が多く。言われるがままに契約してしまうという方も少なくありませんので、下記では簡潔に「光コラボ」の特徴を紹介しておきましょう!

     

    「光コラボレーションサービス」の3つの特徴

    79506363-56f7-43a4-b7c7-b6dbf80795ae

     

     それぞれの「光コラボレーション事業者」&「光コラボ」によって以外な特徴もありますので、下記については代表的かつ共通する特徴を紹介することとします。

     

    1. 「フレッツ光」から「光コラボ」に転用すると毎月の支払い料金が安くなる可能性!?




     

     今「フレッツ光」をお使いの方は、自分にあった光コラボ事業者(光コラボ)を比較して見つけ「割引キャンペーン」などを活用すれば確実に安くことが多いです!

     

     その理由としては、NTT東西が「光コラボレーション事業者」へ1回線あたり格安で「フレッツ光」の卸売をします。その卸売を受けた「光コラボレーション事業者」が、光コラボ(光回線)の提供価格を決めることができるからです。さらに、その価格設定をNTT東西が提供する「フレッツ光」より安価に設定するから安くなるケースがあり「安くなります」という勧誘があるんです!

     

     しかしながら、すべての「光コラボ」が必ずしも安くなることはありませんので、申し込みをする際は他サービスと比較し失敗をしないように注意しましょう。独自性を持つ特別なサービスなどは「フレッツ光」より高価になるケースもあります。

     

     ただし、その場合は「フレッツ光」では利用できないサービスとパッケージングされるケースがありますので「フレッツ光」では利用できなかったものが利用できるようなサービスになり「光コラボレーションモデル」の本来の姿だとも言えます。

     

     これにより、企業同士の特徴がコラボされるので「光コラボレーションモデル」と呼ばれるのです。NTT東西と「光コラボレーション事業者」がコラボして商品価値を高め光回線利用者を増加させる目的があるからです。

     

     「NTT東西」と各社が事業提携を結んで「NTT東西」から提供するといいのでは?という疑問も浮かびますが、それができない。もしくは、それでは必ずしもNTT光回線の利用者が純増しないという企業課題を解決するための「光回線の自由化 (光コラボレーションモデル)」なんです。

     

     NTT東西も今や民間企業です。民間企業は、利益を出さなければなりません。今は、様々な環境によって「フレッツ光」をそのまま使っていると損をするケースが多々ありますので、しっかり比較検討したうえで「光コラボ」への転用をすることをオススメします!「光コラボ」にすることで定期で縛られることもなくなる場合(最低利用期間なし&解約違約金が無料)があります。

     

     今後はユーザーにとって、もっと嬉しいことが起きるでしょう。




     

     NTT東西は、今まで「フレッツ光」を普及させるため無数にあるNTT販売代理店を通して販売を行っていましたが、その手法ではNTTの光回線を利用する顧客が増えなくなってきたなどの課題と同時に販売奨励金や宣伝広告費などの費用ばかりが多くなってきた傾向があり新しい創造を余技なくされてました。

     

     どうゆうこと?それは、「利用者が増えない(ほぼ横ばい)けど費用ばかりが多くなる」ということ。これを一般的にわかりやすい例えにすると給料が増えないけど、家族が増え出費ばかりが多くなるという生活と同じです。

     

     結論、NTTグループとしては、サービス名称が違っても「NTTの光回線」を使う利用者をもっと増やしたいのです。無駄な費用(奨励金や広告宣伝費)を減らし「NTTの光回線」を利用してもらうために「光コラボレーションモデル」を開始したのです。事実、このモデルにより広告宣伝費などの販売費用をNTTグループは削減することに成功し利益増加ということを実現させています。

     

     この影響は大きく、我々が予測していたことが起きる予定であります。それは、「NTTの光回線」の料金が下がるということです。

     

     実現されるという保証はしませんが、現に総務省にて議論はされています。これが実現されれば「フレッツ光」の利用料金が下がり「光コラボレーション事業者」へ卸売する価格も下がるということにつながりますので、結果的には「光コラボ」の利用料金が下がるということになります。

     

     ますます拡大することが予測されますね!光コラボレーションについては、今後が楽しみです。では、次の特徴を解説しましょう。




    2. 「フレッツ光」の設備であるため「光コラボ」も同様に回線速度が速い!

     

     「光コラボ」の2つ目の特徴は、高速通信ができることです。光回線の特徴といったらこれに尽きますよね?下記は、主なインターネット回線サービスの回線速度の基準です。

     

     「ADSL」や「ケーブルテレビ」、「WiMAX」などは「10Mbps~220Mbps」の最大速度に対して光回線(光コラボ)はNTT東西の「フレッツ光」と同様に最大がおおよそ1Gbps(=1000Mbps)です。

     

     私も会社や自宅で光回線を使っているんですが、インターネットの回線スピードが非常に早いので非常に助かってます。




    3. 「NTT東西」の設備であるため通信設備が安定していること!

     

     プロバイダは別ですが光回線は、非常に安定感があります。性質上ノイズに影響されにくく、途中で接続が途切れるということが少ないという強みを持っています!

     

     また、光回線を開通させた自宅がNTT基地局から遠くても通信速度が落ちたり接続が途中で途切れることもないようで、その点では光回線とよく比較される「ADSL回線」や「モバイルWi-Fiルーター」と異なります。ADSLはNTT基地局から離れるほど通信速度が落ち接続が不安定になりやすくなります。モバイルWi-Fiルーターは、電波環境に大きく通信速度が左右されます。

     

     上記が「光コラボ」の3つの特徴です。次は、基本的な特徴以外の部分について少し解説しましょう!

     

    「光コラボ」だけがもっている付加価値!?

    3fc2a97ce7d11998fccc1d4fc0bc7078

     

     大手プロバイダ以外の光コラボレーション事業者が提供する「光コラボ」は、フレッツ光にはない特徴を持っていることが多いです。

     

     「フレッツ光」で固定電話(ひかり電話)を利用していると全国一律「3分/8.4円」の通話料金です。一方で「光コラボ」の場合は、基本料金や通話料金が安いことがあります。また、映像サービスオプションなどを利用している場合は「光コラボ」と契約内容をまとめることによりパック契約として合計の利用料金が安くなることもあります。これら以外にもサポートサービスを重視したものがあったりと一般的に知られている特徴より、もっとお得で便利な「光コラボ」はたくさんあります。

     

     「プロバイダとまとまって安くなる」という単純なサービスではないということです!

     

     ただし、それだけのサービスではないということもあり実に数多くのサービスが存在しています。当サイトを活用し「しっかり」
    &「じっくり」比較検討してみましょう!

     

    「光コラボ」を使いたいと思ったら

    a113ac00

    「BIGLOBE」・「So-net」・「OCN」・「Excite」・「SoftBank(Yahoo!BB)」などの大手プロバイダーと「フレッツ光」をご契約している方は、現状のまま「光コラボ」に転用して利用料金を安くしましょう!この場合は、驚くほど何も変わることなく「光コラボ」で環境を変えずに支払額を安くできます。
    今使っているプロバイダーを変更せずに回線料金だけ安くしたい方は、人気の光コラボ「Marubeni光」・「スピーディア光」・「iSmart光」・「U-NEXT光」への転用がおすすめ!これらの「光コラボ」はキャッシュバックなどの特典ボリュームがあります!また、回線だけ変えることができ安価な料金設定をしていることが特徴です!
    上記の他に、家の中の「電気」・「ガス」・「ウォーターサーバー」・「プロバイダ」・「太陽光」・「光回線」・「ハウスセキュリティー(警備)」などをまとめられる「光コラボ」などもあります!

     

     また「光コラボ」以外にも関東のみで利用できる最速インターネット「NURO光」や東海地域の方で人気の「コミュファ光」もおすすめです!または「auスマホ」とセットで契約すると最安ゼロ円で使える「auひかり」などもおすすめです。auセット割に関しては「光コラボ」でも対応可能になりました。

     

     下記の光回線が現在、安くインターネットなどを利用できる光サービスになりますので、少しでも利用料金を抑えて通信が安定している光回線をお探しの方は検討候補に入れても損はないと思います!!




    よく使われる「転用」とは?

     

     転用とは、基本的に文字のとおりですが「フレッツ光」から「コラボ光」へ簡単な「事務手続き」だけでサービス変更をすることを言います。最近、これに該当しないのに「転用」なんて言葉を用いる業者などが存在しますが、あくまで「フレッツ光」から「コラボ光」にする際に該当する言葉です。

     

     「光コラボ」にしようと思う方が、転用の手続きをするための手順や方法は下記で解説します。




    光コラボレーションへ転用するための「転用承諾番号」の取得について

    「転用承諾番号」の取得お申込み先&受付時間
    方法 NTT東日本 NTT西日本
    電話で手続き 0120-140-202 0120-553-104
    電話(営業時間) 午前9時~午後5時
    (年中無休・年末年始をのぞく)
    午前9時~午後5時
    (年中無休・年末年始をのぞく)
    WEBで手続き 転用承諾番号を取得する 転用承諾番号を取得する
    WEB(営業時間) 午前8時30分~午後10時
    (年中無休・年末年始をのぞく)
    午前7時~翌午前1時
    (年中無休・年末年始をのぞく)

     

    光コラボレーションへの「転用手続き」について

     

     「転用承諾番号」取得のお申し込み先については、上記で解説しています。ここからは「転用承諾番号」の取得方法を解説します。転用契約を行う際は、必ず必要な手続きで以下の情報が必要になります。

     (1)「フレッツ光」の「お客さまID」、「回線ID」、または「ひかり電話番号」
     (2)「フレッツ光」の契約者名
     (3)「フレッツ光」の利用場所住所
     (4)転用承諾番号通知先メールアドレス
     (5)フレッツ光利用料金の支払い方法および関連情報

     

     上記の各番号の確認方法は下記になります。

     




     

    (1)「フレッツ光」の「お客様ID」、「回線ID」、または「ひかり電話番号」

     「フレッツ光」のご契約時にNTT東西から通知される「CAF」や「COP」で始まる「英数13桁の番号(お客様ID)」、もしくは「L」で始まる「英数16桁の番号(回線ID)」、またはご利用中のひかり電話の電話番号をご入力。

     上記の項目がわからない場合は「フレッツ光」や「オプションサービス」・「割引サービス」のお申し込み時にお伝え頂いたご連絡先電話番号(携帯番号可)を入力。

      ※ ひかり電話の電話番号は、市外局番・市内局番毎の桁数を正確に入力いただく必要があります。
      ※ 「お客様ID」および「回線ID」は「フレッツ光」のご契約時に送付された「開通のご案内」に記載されています。

     

    (2)フレッツ光の契約者名

     「フレッツ光」のご契約時にNTT東西へご登録された名前を入力。

     

    (3)「フレッツ光」の利用場所住所

     郵便番号を入力いただき、「住所検索」ボタンを押して表示される住所からご自身の「フレッツ光」ご利用場所住所をご選択ください。

     

    (4)転用承諾番号通知先メールアドレス

     転用承諾番号を通知するメールアドレスを入力ください。

      ※ 携帯アドレスをご記入の場合は「west-frc.com」ドメインからの受信設定をお願いします。

     

    (5)「フレッツ光」利用料金の支払い方法および関連情報

     現在、お支払いいただいている「フレッツ光」ご利用料金の請求元を確認ください。

     

     下記に記載している支払い方法を選択したら「転用承諾番号」は取得できると思います。取得後は、できるだけ速やかに「光コラボ」への申し込みを行わないと再度、この手続きを行い取得する必要が出てきます。




     

     NTTファイナンスの「おまとめ請求」サービスをお申し込み、ドコモ携帯電話料金などとまとめてお支払いいただいている方は、お支払い方法(請求書にてお支払い/口座振替/クレジットカード支払い)にかかわらず「(4)「おまとめ請求」にてお支払い中」をご選択ください。

     

     インターネットサービスプロバイダ(NTTコミュニケーションズ(OCN)など)から請求されている方は、お支払い方法(請求書にてお支払い/口座振替/クレジットカード支払い)にかかわらず「(5)プロバイダー請求にてお支払い中」をご選択ください。

     

     NTTファイナンス(またはNTT西日本)から請求されており、NTTファイナンスの「おまとめ請求」サービスをお申し込みいただいていない方は、「(1)請求書にてお支払い中」「(2)口座振替にてお支払い中」「(3)クレジットカードにてお支払い中」の中からご自身のお支払い方法をご選択ください。

     

    「光回線コンシェルジュ」がオススメする比較対象サービス!

  • 【 モバイルクン光|SORAシム 】
  •  

  • 【 スマモバ光|スマートモバイルコミュニケーションズ 】
  •  

  • 【 LEQUIOS光|レキオス 】
  •  

  • 【 DMM光|DMM.com 】
  •  

  • 【 Town光|日本ICTスクール協会 】
  •  

     光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

     

     本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

     

     自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。




    月額料金

     □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?
     □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?
     □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

     

    初期費用

     ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?
     ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?
     ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

     

    解約費用

     □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?
     □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?
     □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?
     □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

     

    提供エリア&割引キャンペーン

     ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?
     ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?




    「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

     

     北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

     

    「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

     

     富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県




     

     上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

     

     下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

     

    光コラボレーションモデルの対象サービス等

    光アクセス(基本)サービス
    フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
    フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
    フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
    フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
    フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
    フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
    フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
    フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
    フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
    オプション(付加)サービス
    ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
    ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
    ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
    ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
    リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
    フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
    24時間出張修理サービス NTT西日本
    ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

     

    人気の光回線はこちら

     

     「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

     ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」
     ■ KDDIが提供する「auひかり」
     ■ Sonyグループが提供する「NURO光」
     ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

     

     これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!




    大手の安心できる光回線サービスを探しの方には

     

     光回線サービスの中でも、大手と呼ばれている光回線は限られています。その中でも全国対応しており、速度が早く金額が安い光回線サービスは「auひかり」です!!

     

     「auひかり」は、大手の光回線サービスと比較した場合に通信速度1Gbpsで安定して使えるというお客様が多いように見受けられ料金もマンション3,800円、一戸建て5,100円と安いのも「auひかり」の特徴です。

     

     また、auスマホを利用している方は「auスマートバリュー」を利用することで、ネット代金を実質ゼロ円にすることが可能になります。

     

     たとえば、「auひかり」のマンションタイプを契約し家族で「auスマホ」を2台所有していた場合には「auひかり:3,800円」「最大2,000円値引き」=「ネット代金無料」ということです。

     

     「auひかりのキャンペーンや口コミなど、私が調べた内容を記事にまとめましたので参考にしてみてください。




     auひかり 詳細記事|「auひかり – KDDI株式会社」独自光回線商品|料金/速度の詳細

     光コラボレーションサービスの全商品光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

     

    「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】

    1 / 6112345...102030...最後 »

    光回線(光コラボ)サービスのキャンペーン&料金&工事費&速度&解約違約金などを一覧比較!【おすすめ】