光コラボレーション代理店

「宮城ケーブルテレビ光 – 宮城ケーブルテレビ株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「宮城ケーブルテレビ光」トップ

 

 本サービス「宮城ケーブルテレビ光」は、宮城県塩竈市尾島町に本社を置く「宮城ケーブルテレビ株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「宮城ケーブルテレビ光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「宮城ケーブルテレビ株式会社」の紹介

 「宮城ケーブルテレビ」は、第三セクター方式のケーブルテレビ局です。通称として「マリネット」と呼ばれています。

 このようなケーブルテレビ事業者は、日本全国に数多く存在しており各社がKDDIと提携をし「auスマートバリュー」も利用できるようなサービスも提供しています。

 □ 「auスマートバリュー」の対象事業者一覧

img-31

 現在、KDDIの「auスマホ」や「au携帯」をお使いの方は「auスマートバリュー」が利用できますので、割引対象の携帯電話を2台以上契約している家族や個人の方は、上記をクリックしてチェックしてみてください。

 

「宮城ケーブルテレビ光」の月額利用料金について

 「宮城ケーブルテレビ光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:4,600 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:未提供

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含まない料金プランです。インターネットを利用するためには、別途プロバイダーの契約が必要になります。現在、フレッツ光に対応したプロバイダーサービスをお使いの方は、光回線のみ転用契約することでインターネットを利用できます。

 

「宮城ケーブルテレビ光」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「宮城ケーブルテレビ光」戸建住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「宮城ケーブルテレビ光」スタンダードプラン (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 4,600 円
「宮城ケーブルテレビ光」ハイスピードプラン (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 4,600 円
「宮城ケーブルテレビ光」ギガプラン (上り)1Gbps ~ (下り)1Gbps 4,600 円

 

 ※ 回線速度に関しては「ベストエフォート方式」のサービスであり、通信設備や利用者の利用端末、宅内配線などの状況、他回線との干渉、回線の混雑状況、その他の理由により変化し、通信速度が低下することもあります。

 ※ 「宮城ケーブルテレビ光」では、事業の特性上から「集合住宅(マンション)タイプ」の提供は、ありません。

 

「宮城ケーブルテレビ光」の「契約時や解約時」にかかる費用について

 上記までは「宮城ケーブルテレビ光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「宮城ケーブルテレビ光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 3,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 3,000 円

 

「宮城ケーブルテレビ光」の初期費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 19,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 未提供

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「宮城ケーブルテレビ光」の解約費用(1)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「宮城ケーブルテレビ光」の解約費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「宮城ケーブルテレビ光」で使えるオプションサービス

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

オプションサービスの一覧
サービス名 月額利用料金
テレビ伝送サービス 450 円
テレビサービス(プラスライトコース) 1,600 円
テレビサービス(プラスベーシックコース) 4,100 円
テレビサービス(プラスファミリーコース) 5,060 円
機器レンタル料金(無線LANカード) 100 円
機器レンタル料金(1Gbps 対応無線LANルーター) 300 円
宮城ケーブルテレビ光電話 500 円
宮城ケーブルテレビ光まとめて電話 1,500 円

 

 「宮城ケーブルテレビ株式会社」が提供する「宮城ケーブルテレビ光」では、フレッツ光と同様で基本的に必要なオプションサービスを提供しています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「宮城ケーブルテレビ光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「宮城ケーブルテレビ光」料金

 本サービスは、同社の事業特性の影響から「戸建住宅(ファミリー)タイプ」の提供しかありません。「集合住宅(マンションやアパート)」にお住まいの方は、利用ができない形の「コラボ光」となっています。

 また、ケーブルテレビ事業者から提供されるということもあり「テレビサービス」とのセット割が利用できるサービス内容となっています。

 

「宮城ケーブルテレビ光」には、こんな割引プランがある!

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

割引プランの概要と一覧
セット割の対象サービス 割引額
「宮城ケーブルテレビ」プラスライトコース 月額利用料金から「450円/月」の割引
「宮城ケーブルテレビ」プラスベーシックコース 月額利用料金から「450円/月」の割引
「宮城ケーブルテレビ」プラスファミリーコース 月額利用料金から「450円/月」の割引

 上記まで「宮城ケーブルテレビ光」のサービス特徴を解説してきましたが、本サービスは現在「宮城ケーブルテレビ」が提供するテレビサービスと「フレッツ光」を契約している方が光回線のみ「宮城ケーブルテレビ光」へ転用契約する場合にオススメです。

 また、auのスマートフォンや携帯電話を利用している方は「auひかり」や「auセット割」が適用可能な「コラボ光」がオススメです。「auセット割」が可能な「コラボ光」は下記の画像から一覧をご覧ください。

img-31

 

 ここまで「宮城ケーブルテレビ光」のサービス詳細を解説してきましたが、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「宮城ケーブルテレビ光」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「△」
最低利用期間や解約費用は? 「△」
オプションサービス整備は? 「△」
独自特徴やキャンペーンは? 「△」
総合的なおすすめ度は? 「C」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「エネクル光 – 堀川産業 株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「エネクル光」トップ

 

 本サービス「エネクル光」は、埼玉県草加市住吉に本社を置く「堀川産業 株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「エネクル光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「堀川産業 株式会社」の紹介

 同社は、クリーンエネルギーで「安心」・「安全」・「快適」な暮らしを創る総合エネルギー企業で、創業は1948年と長い歴史を持っています。

 もともとは「堀川商店」として薪炭の登録販売制により、埼玉県草加市において業務を開始し1952年に「株式会社 堀川商店」へ商号変更しました。

 その後、LPガスの販売を主な事業として成長&拡大を続け、現在では下記にある生活エネルギーを総合的に取り扱いしております。

 今回、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」を活用して光回線事業への新規参入を果たすなど、まだまだ積極的に拡大を続けている企業です。

 

「堀川産業 株式会社」の業務内容

「エネクル光」サービス

 ◆ LPガス(液化石油ガス)製造販売

 ◆ 簡易ガス事業・都市ガス事業

 ◆ 電力販売事業/発電・売電事業

 ◆ ガソリンスタンド・オートガススタンド事業

 ◆ 各種燃料油の販売

 ◆ リフォーム事業

 ◆ 住宅設備機器・各種建材の販売

 ◆ 冷暖房空調機器の設計施工販売

 ◆ 不動産事業

 ◆ 健康食品の販売

 ◆ 損害保険代理業

 ◆ 携帯電話販売事業・インターネット回線事業

 これらの事業を行うための事業所(系列会社を含む)として国内に「工場(9ヶ所)」、「営業所(48ヶ所)」、「給油所(6ヶ所)」、「オートガススタンド(3ヶ所)」、「簡易ガス事業供給地点群(106ヶ所)」を保有しています。

 そんな同社が、提供する光回線サービス「エネクル光」とは、どんなサービスなのでしょうか?

 下記からは「エネクル光」のデメリットやメリットを含む特徴やサービス詳細などを解説していきます。

 

「エネクル光」料金

「エネクル光」の月額利用料金について

 「エネクル光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:6,300 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:未提供

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含む料金プランです。

 

「エネクル光」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「エネクル光」戸建住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「エネクル光」バンドルプラン(プロバイダー含む) (上り)100Mbps ~ (下り)1Gbps 6,300 円
「エネクル光」アンバンドルプラン(プロバイダー含まない) (上り)100Mbps ~ (下り)1Gbps 5,700 円

 

 ※ 「エネクル光」では、事業の特性上から「集合住宅(マンション)タイプ」の提供は、ありません。

 

「エネクル光」の「契約時や解約時」にかかる費用について

 上記までは「エネクル光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「エネクル光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 3,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 1,800 円

 

「エネクル光」の初期費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 未提供

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「エネクル光」の解約費用(1)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「エネクル光」の解約費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「エネクル光」で使えるオプションサービス

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

オプションサービスの一覧
サービス名 月額利用料金
エネクル光電話 基本プラン 500 円
エネクル光電話 エースプラン 1,500 円
エネクル光テレビ 660 円
エネクルリモートサポート 500 円

 

 「堀川産業 株式会社」が提供する「エネクル光」では、フレッツ光と同様で基本的に必要なオプションサービスを提供しています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「エネクル光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「エネクル光」特徴

 ここでは、本サービスの特徴を紹介します。「エネクル光」は、集合住宅(マンションやアパート)にお住まいになられている方は、利用できないという特徴がありますが、そのぶん戸建住宅にお住まいになられている方にとっては、他社の「コラボ光」などの光回線よりお得に利用できるというメリットもあります。

 

「エネクル光」には、こんな割引プランがある!

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

割引プランの概要と一覧
割引名称 内容 割引額
ガスとセット割 当社ガス供給と合わせてご利用いただくことで適用 1,300 円
ガスと電気セット割 上記ガスに合わせ当社の電気を申し込みの場合に適用 300 円
エネクル光スタートキャンペーン 期間限定で月額利用料より割引(適用期間24か月間) 600 円

割引を全て適用した場合!

「エネクル光」キャンペーン

 〇 「エネクル光:6,300 円」-「ガスとセット割:1,300 円」-「ガスと電気セット割:300 円」-「スタートキャンペーン:600 円」=「割引適用後の利用料金:4,100 円」

 上記のように月額利用料金が最初の24ヶ月だけ「4,100 円」となり、環境次第では間違いなく業界最安値の光回線となります。圧倒的な安さと言っても良いでしょう。

 ただし「エネクル光」は、戸建住宅でしか利用できないため集合住宅にお住まいの方は、他社の「コラボ光」などの利用をオススメします。

 ここまで解説したように、本サービスのデメリットはマンションやアパートなどの集合住宅では利用できないこと。一方で、戸建住宅にお住まいの方であれば「インターネット回線」と「電気やガス」をセットで契約することによる強力なメリットがあります。

 その他のサービス詳細を確認したところ基本的なオプションサービスもきちんと提供されておりデメリットと言われる部分はありません。

 本サービスは、戸建てにお住まいの方へ必見の「コラボ光」です。マンションやアパートにお住まいの方は、下記の比較ポイントやランキングなどを参考にして自分にあった光回線サービスを見つけてください。

 

 ここまで「エネクル光」のサービス詳細を解説してきましたが、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「エネクル光」の総合評価表
月額利用料金は? 「〇」
初期費用・事務手数料は? 「△」
最低利用期間や解約費用は? 「〇」
オプションサービス整備は? 「△」
独自特徴やキャンペーンは? 「〇」
総合的なおすすめ度は? 「B」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「Bees光 – ビーズ情報サービス株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「Bees光」トップ

 

 本サービス「Bees光」は、神奈川県横浜市港北区新横浜に本社を置く「ビーズ情報サービス株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「Bees光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「ビーズ情報サービス株式会社」の紹介

 同社は、1994年に設立されオフィスソリューション事業を主な業務としている企業です。

 

「ビーズ情報サービス株式会社」の業務内容

 ◆ オフィス機器:複合機、ビジネスフォン、パソコン、サーバー

 ◆ セキュリティ機器:ファイアーウォール、監視カメラ、IC管理

 ◆ インターネットサービス:ホームベージ制作、レンタルサーバー、ISPサービス

 ◆ オフィスサプライ:Bee shop

 ◆ 人材サービス:人材派遣、紹介予定派遣、紹介や介護保険法による居宅サービス事業

 ◆ その他:総合印刷、製本、私書箱サービス、オフィス家具、内装工事、LED照明、コスモウォーターなど

 

「Bees光」の月額利用料金について

 「Bees光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:3,900 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:お問い合わせ

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含まない料金プランのためインターネット回線を利用するためには別途プロバイダーの契約が必要になります。

 

「Bees光」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「Bees光」の料金プラン
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
基本サービス(アクセス回線サービス) (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 3,900 円
ISPセットサービス(アクセス回線+プロバイダーサービス) (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 4,600 円

 

「Bees光」の「契約時や解約時」にかかる費用について

 上記までは「Bees光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「Bees光」の初期費用(1)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) お問い合わせ
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) お問い合わせ

 

「Bees光」の初期費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「Bees光」の解約費用(1)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「Bees光」の解約費用(2)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「Bees光」で使えるオプションサービス

 「ビーズ情報サービス株式会社」が提供する「Bees光」では、各種オフィスサポートサービス(多様なネットワーク環境のサポート)を提供しております。

 光回線のオプションサービスに関して、その環境に異なり利用顧客の要望などに応じて提供を行うため問い合わせによる対応となっています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「Bees光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「Bees光」特徴

 本サービスについては、目立つデメリットはありません。

 一方で同社が提供している「各種オフィスサポートサービス(多様なネットワーク環境のサポート)」とセットで利用することにより様々なメリットが得られる光回線サービスとなっています。

 代表的なソリューションサービス(各種オフィスサポートサービス)は、下記になります。

 

サポート&システムソリューションサービス

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

インターネットサービス
ホームページ制作 テンプレートを利用した安価なものからオリジナルホームページまで幅広くお客様のニーズに対応。
SEO対策 検索した際上位表示されるように対策を実施。
レンタルサーバ/ISP ホームページやメールを安心して運用する為に万全を期して独自ドメインの取得代行、プロバイダーサービスも格安で提供。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

セキュリティサービス
UTM(統合脅威管理アプライアンス) 現在のインターネットは常時接続が当たり前。容易にネットワーク内部に侵入することが可能となったこともあり、不正侵入を防ぐにはファイアーウォールが必要不可欠。メール・Webからのウィルス保護、スパムメール判別、情報流出対策などに幅広く対応。
監視カメラ(ネットワーク対応) 最近ではオフィス・店舗のセキュリティとしてカメラやセンサーの導入が増加。パソコンや携帯電話で24時間監視。
IC管理 個人情報保護法が施行され、企業はセキュリティ強化を図り、何時誰が出入りしたか管理すると同時に一元管理することにより業務効率が上がるようになりました。これによるICカードによる社員認証カードを使い入退出管理、勤怠管理のシステム管理を提案。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

オフィスサービス
複合機 ポイントとして(1)業務効率アップ (2)経費削減 (3)セキュリティ (4)メンテナンスを軸に幅広い要望に対応。お客様の業務に合った各種メーカを取り扱い。
ビジネスフォン 現在、インターネットで利用されている光回線を利用し通信を行うことにより大幅に通信料を削減することが出来るようになりました。スマートフォンを活用しオフィスの中でも外出先でも内線子機として利用可能になったことにより通信料無料を実現可能に。
スマートフォン ソフトバンクを中心に案内しお客様の通信料削減も合わせて提案。
パソコン 多種多様のメーカー、商品を取り扱い。パソコンのサポート体制は大変重要でありネットワークの構築から各種設定など、まるごと請け賜り設置から保守サポートまで一貫した体制を整備。
サーバ・UPS 大事な会社の財産である顧客データ等を守るために必要なサーバーそして、突然の停電や電源トラブルが発生しても無停電電源装置で継続運用しながらパソコン・サーバーを確実にバックアップ&リカバリ。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

オフィスサプライ
Bee Shop 文具・事務用品、OA・PC消耗品、家電品、PC周辺機器ソフト、生活用品、など幅広くネット通販サイトを運営。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

ソフトウェア
CERCA 販売・仕入れ・在庫管理ソフト。お客様の業務内容に応じてソフトをイージーオーダー。クラウド対応ソフトも用意。
Microsoft/Adobe 「Microsoft Office」および「Adobe」シリーズを用意。
デジタル複合機連携ソフト ファイリングソフト、名刺ファイリングソフト、紙文書から電子データ化ソフト、各種帳票や申請書類などPDF種類へ簡単文字入力ソフトなどを用意。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

オフィス家具/内装工事
オフィス家具 オフィス用のデスク、書庫、パーテーションなどご用意しております。イメージしやすくするために図面など無料で作成。
内装工事 事務所、店舗の天井、床、壁など内装工事を実施。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

総合印刷/製本/私書箱サービス
ドキュメント コピー出力サービス「資料・ポスター・図面など」製本、ラミネート、チラシ、名刺、封筒、はがき印刷など総合的に印刷を行う。
インフォメーション 私書箱サービス「郵便物・宅配便・FAXなど」代行して受け取ることができますので、第2の住所としても活用できます。 15分単位のレンタルパソコン。もちろん出力もOK。
ロジスティック メール便・ビジネス宅配便・郵便・DM発行代行・オフィス移転・引越しサービスなど行う。
ライフサービス 社印・ゴム印・実印・認印など各種。短期間で作成。

 上記のサービスを提供しているという事業の特徴などから、本サービスは法人向けの「コラボ光」となっています。

 個人の方は、下記の比較ポイントやランキングなどを参考にして比較検討をしてみてください。

 

 ここまで「Bees光」のサービス詳細を解説してきましたが、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「Bees光」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「▲」
最低利用期間や解約費用は? 「▲」
オプションサービス整備は? 「▲」
独自特徴やキャンペーンは? 「△」
総合的なおすすめ度は? 「D」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「光ライン – ヒカリラインサービス株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「光ライン」トップ

 

 本サービス「光ライン」は、埼玉県さいたま市大宮区大門町に本社を置く「ヒカリラインサービス株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「光ライン」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「ヒカリラインサービス株式会社」の紹介

 同社は、2010年に設立されオフィスソリューション事業を主な業務としている企業です。

 他社の通信事業者より比較的に設立から若い会社ですが、本社がある埼玉県内では同社が提供するサービスを導入している法人は多く存在しており地域密着型の業務が人気です。

 

「ヒカリラインサービス株式会社」の業務内容と取扱商品

 「ヒカリラインサービス」の業務内容と取扱商品は下記です。

 ◆ 光ラインの販売・保守

 ◆ 光ライン電話の販売・保守

 ◆ フレッツ光ネクストの取次

 ◆ 新規電話回線の取次

 ◆ 各メーカービジネスホンの販売・取付・保守

 上記の業務のなかで「ビジネスホン」・「複合機」・「UTM(統合脅威管理)セキュリティシステム」・「光回線やプロバイダー」を取り扱いしています。

 

「光ライン」の月額利用料金について

「光ライン」料金

 「光ライン」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:4,500 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:2,800 円 ~

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含まない料金プランのためインターネット回線を利用するためには別途プロバイダーの契約が必要になります。

 

「光ライン」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「光ライン」ホーム&オフィスタイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
光ライン 100 (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 4,500 円
光ライン 200 (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 4,500 円
光ライン 1000 (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,500 円
光ライン ミニ 最大 100Mbps(従量制課金) 2,800 円

 

「光ライン」の「契約時や解約時」にかかる費用について

 上記までは「光ライン」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「光ライン」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) お問い合わせ
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) お問い合わせ

 

「光ライン」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「光ライン」の解約費用(1)

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「光ライン」の解約費用(2)

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「光ライン」で使えるオプションサービス

各種オプションサービスとプロバイダー料金
サービス名 サービス詳細 利用料金
光ライン電話 ① 固定電話の基本プラン(個人向け) 500 円
光ライン電話 ① 固定電話の基本プラン(個人向け) 500 円
光ライン電話 ② 固定電話の付加サービス付プラン(個人向け) 1,500 円
光ライン電話 オフィス① 固定電話の基本プラン(法人向け) 1,300 円
光ライン電話 オフィス② 固定電話の付加サービス付プラン(法人向け) 1,100 円
ナンバー・ディスプレイ(電話オプション) かけてきた相手の番号がわかる 400 円(個人)/1,200 円(法人)
ナンバー・リクエスト(電話オプション) 番号非通知の電話をシャットアウトできる 200 円(個人)/600 円(法人)
キャッチホン(電話オプション) 通話中にかかってきた電話番号も受けられる 300 円
ボイスワープ(電話オプション) かかってきた電話を外出先の電話で受けられる 500 円
迷惑電話お断りサービス(電話オプション) 迷惑電話をシャットアウトできる 200 円
複数チャンネル(電話オプション) 電話が2回線分同時に話せる 200 円(個人)/400 円(法人)オフィス②の場合は1回線ごとに1,000 円
マイナンバー(電話オプション) 最大5つの番号を利用できる 100 円
着信お知らせメール(電話オプション) 不在時の電話の着信がメールでわかる 100 円
「光ライン」セキュリティ WEEBROOT社のクラウド型高機能セキュリティソフト 1,000 円
「光ライン」ボックス(無制限) クラウド上に自動的にバックアップするサービス(PC用) 1,000 円
「光ライン」クラウド(無制限) クラウド上に自動的にバックアップするサービス(携帯用) 1,000 円
「光ライン」リカバリー PC等のデータを喪失してしまった場合に修復するサービス 1,000 円
「光ライン」サポート インターネット接続やPC・スマホなどの機器に対するサポートサービス 1,000 円
「光ライン」レスキュー 24時間365日の安心対応。さまざまな生活をサポートするサービス 1,000 円
「光ライン」TV 映像サービス 660 円
光ラインコネクト プロバイダー 基本プラン 1,500 円
光ラインコネクト + メールアドレス プロバイダー 基本プラン(メールアドレス付) 2,000 円
光ラインコネクト + 光ラインセキュリティ プロバイダーとセキュリティーセットプラン 2,000 円
光ラインコネクト + 光ラインサポート プロバイダーとサポートセットプラン 2,000 円

 「ヒカリラインサービス株式会社」で提供する「光ライン」は、フレッツ光と同様に基本的なオプションサービスが揃っています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「光ライン」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「光ライン」特徴

 本サービスのデメリットやメリットを紹介していきたいのですが、それほど目立つ特徴もなく標準的なサービスと言える内容となっています。

 「光ライン」は、埼玉県内もしくは関東地域の法人様や店舗様向けの光回線サービスとなっており、光回線を新規で導入する顧客であればオフィス電話や複合機などを一緒に用意できるのが、ひとつの特徴でもあります。

 また、フレッツ光を現在利用している法人様や店舗様であれば「光ライン」に転用契約することによりコスト削減を期待できるかもしれません。

 そして、他社の「コラボ光」と比較しても地域密着型の業務体制であるため安心して利用できることがオススメのポイントでしょう。

 個人の方については、法人向けの「コラボ光」がオススメできませんので、最下部の比較ポイントやランキングなどを活用して様々な光回線を比較してみてください。

 

 ここまで「光ライン」のサービス詳細を解説してきましたが、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「光ライン」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「▲」
最低利用期間や解約費用は? 「▲」
オプションサービス整備は? 「△」
独自特徴やキャンペーンは? 「△」
総合的なおすすめ度は? 「D」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「がんばろう岩手ひかり – 株式会社タイズ」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「がんばろう岩手ひかり」トップ

 

 本サービス「がんばろう岩手ひかり」は、岩手県奥州市江刺区銭町に本社を置く「株式会社タイズ」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「がんばろう岩手ひかり」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「株式会社タイズ」の紹介

 同社は、2012年に設立された情報通信事業者です。

 「株式会社タイズ」では「各種OA機器・インターネット商材販売、ITコンサルティング、電話・情報通信機器設定工事」と下記のような法人向けの事業を主な業務としています。

 ◆ 「OA機器・インターネット商材」

  店舗やオフィスサポートとして各種OA機器・LED照明・IT商材販売などを提供。

 ◆ 「ITコンサルティング」

  通信経費削減・利用サービス最適化などITソリューションを提供。

 ◆ 「各種施工・工事」

  情報通信機器の設置・設定・施工やネットワーク構築を実施。

 ◆ 「保守・メンテナンス」

  保守やメンテナンスサービスとしてお客様サポート・緊急対応などを実施。

 

「株式会社タイズ」の事業内容

 上記の業務の中で提供するサービスや商品に関しては、下記のように幅広く対応しています。

 □ 各種OA機器(ビジネスフォン・FAX複合機・パソコン・サーバー・セキュリティ機器など)
 □ LED照明
 □ ナースコールシステム
 □ 防犯監視装置
 □ 各種ソフトウェア
 □ インターネット商材(ホームページ・スマートフォンアプリ・各種システム制作)
 □ 上記に関わる販売/各種設置設定工事/保守メンテナンス/ITコンサルティング/ネットワーク環境サポート

 「株式会社タイズ」は「オフィスのかかりつけ医(お客様の担当医)」として、岩手県内で地域密着のオフィスソリューションサービスを提供しており地元で人気の企業です。

 『 かかりつけ医 』とは

専門外の事でも、日常的に相談でき緊急の場合にも対処する。その他の状態についてもよく理解し、目的達成のため適切な判断の手助けを行うこと。

 そんな同社が、光コラボレーション事業へ参入し提供する「がんばろう岩手ひかり」は、地元を支える支援型の「コラボ光」です。

 支援型の「コラボ光」とは、どんなサービスなのかという部分も含め本サービスのメリットやデメリットなどの特徴を紹介していきます。

 

「がんばろう岩手ひかり」の月額利用料金について

 「がんばろう岩手ひかり」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:4,500 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:2,750 円 ~

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含まない料金プランのためインターネット回線を利用するためには別途プロバイダーの契約が必要になります。

 

「がんばろう岩手ひかり」の月額料金プラン詳細(通常料金)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「がんばろう岩手ひかり」戸建住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「がんばろう岩手ひかり」ホーム1 (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 5,200 円
「がんばろう岩手ひかり」ホーム2 (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 5,200 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,500 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,700 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 6,600 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 6,700 円
「がんばろう岩手ひかり」集合住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「がんばろう岩手ひかり」マンション1A (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 3,850 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション1B (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 3,250 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション1C (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 2,850 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2A (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 3,850 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2B (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 3,250 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2C (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 2,850 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,050 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,450 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,050 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,350 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,350 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,250 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,650 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,250 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,350 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,350 円

 

 上記は「定期契約(縛り)」がないタイプになり通常料金のサービスプランです。

 「がんばろう岩手ひかり」では「継続割」という割引キャンペーンを実施しており、割引が適用されると下記のように下記のように毎月お得にご利用いただけます。

 

「がんばろう岩手ひかり」の月額料金プラン詳細(割引料金)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「がんばろう岩手ひかり」戸建住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「がんばろう岩手ひかり」ホーム1 (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 4,500 円
「がんばろう岩手ひかり」ホーム2 (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 4,500 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,700 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,000 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,900 円
「がんばろう岩手ひかり」ホームG Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 6,000 円
「がんばろう岩手ひかり」集合住宅タイプ
サービスプラン名 回線速度 月額利用料金
「がんばろう岩手ひかり」マンション1A (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 3,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション1B (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 3,150 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション1C (上り)100Mbps ~ (下り)100Mbps 2,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2A (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 3,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2B (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 3,150 円
「がんばろう岩手ひかり」マンション2C (上り)100Mbps ~ (下り)200Mbps 2,750 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,950 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,350 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 2,950 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,050 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,450 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 3,050 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,150 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,550 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi ISP (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,150 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGA Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 5,250 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGB Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,650 円
「がんばろう岩手ひかり」マンションGC Wi-Fi ISP M (上り)概ね 1Gbps ~ (下り)概ね 1Gbps 4,250 円

 

 上記のように「継続割」を利用することで「ファミリー・タイプ:最大 700 円」、「マンション・タイプ:最大 300 円」の割引が継続的に受けられます。

 また、サービスプラン名に「ISP」と記載があるものは、プロバイダーが含まれているサービスプランです。一方で「ISP」と記載されていないプランに関しては、別途プロバイダーの契約が必要となります。

 「Wi-Fi」と記載があるプランに関しては、無線Wi-Fiが内蔵されたモデムが利用できますので、無線LANをご自身で用意する必要がありません。

 では、下記からは「契約時」や「解約時」にかかる費用の解説をしていきます。

 

「がんばろう岩手ひかり」の「契約時や解約時」にかかる費用について

 上記までは「がんばろう岩手ひかり」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「がんばろう岩手ひかり」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 3,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 3,000 円

 

「がんばろう岩手ひかり」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 15,000 円

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「がんばろう岩手ひかり」の解約費用(1)

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 24ヶ月(2年間) 9,500 円
マンション・タイプ(集合住宅) 24ヶ月(2年間) 1,500 円

 

「がんばろう岩手ひかり」の解約費用(2)

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 0 円 ~ 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 0 円 ~ 15,000 円

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「がんばろう岩手ひかり」で使えるオプションサービス

 上記まで「がんばろう岩手ひかり」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 現在のところ本サービスでは「フレッツ光」で使えるような基本的なオプションである「ひかり電話」や「フレッツ・テレビ」に加え「リモートサポート」などを提供しておりません。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「がんばろう岩手ひかり」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「がんばろう岩手ひかり」特徴

 本サービスの最大の特徴は「支援型のコラボ光」という点ですがデメリットから紹介していきます。

 

「がんばろう岩手ひかり」のデメリット

 「がんばろう岩手ひかり」のデメリットは「NTT東日本エリア」だけで提供されるサービスのため「NTT西日本エリア」で利用できないという点のみになります。

 それ以外のデメリットについては、オプションサービスの提供がないという点でしょう。このオプションサービスは、光回線を利用される方の環境により受け止め方が違ってくるとは思いますが、現在「ひかり電話」や「フレッツ・テレビ」などを契約しているという「フレッツ光」のユーザー様は、要検討が必要になります。

 

「がんばろう岩手ひかり」のメリット

 「がんばろう岩手ひかり」のメリットは、他社の「コラボ光」と比較して「解約時の負担(最低利用期間の定めにより解約違約金)」が圧倒的に安いという点です。

 なかには、無料となっている「コラボ光」もありますが、ほとんどの「コラボ光」は10,000 円 ~ 20,000 円程度の違約金が設定されています。

 本サービスの場合は、契約開始から2年以内の解約によりかかる違約金が「マンション・タイプ:1,500 円」。これは安いです。ファミリー・タイプの場合は、他社の「コラボ光」と比較しても同等になっています。

 また「集合住宅タイプ(マンション・タイプ)」の場合は、その建物の世帯数によって料金が詳細に分かれているため他社の「コラボ光」と比較しても安く利用できることも多いです。(他社の「コラボ光」は、世帯数に応じた料金設定をしていないことが多いため損をすることも。)

 

「がんばろう岩手ひかり」の特徴

「がんばろう岩手ひかり」支援型

 冒頭などで「支援型のコラボ光」と紹介していますが、どんなサービスなのか気になった方も多いことでしょう。本サービスの最大の特徴でもある「支援型のコラボ光」とは、下記のような意味です。

 想いを繋ぎ支援の輪へ ー 岩手に光を

 「がんばろう岩手ひかり」とは、月額利用料金の一部(1契約回線あたり100円〜)を「いわての学び希望基金」へ寄付する仕組みを導入した国内初、遺児・孤児を支援する支援型光コラボレーションサービスとなります。

「いわての学び希望基金」とは

 平成23年に発生した東日本大震災津波により岩手県では、親を失った子どもが多数確認されております。

 また、被災地では親が仕事を失った子どもたちも多く厳しい経済状況に置かれています。

 こうした子どもたちが自らの希望に沿った学校を卒業し社会人として独り立ちするまで、息の長い支援を行うことを目的に県では平成23年6月に「いわての学び希望基金」を設置し、全国の皆さまからの善意の寄附を広く募っています。

 東日本大震災津波で親を失った子どもたちなどの「暮らし」と「学び」を支援するため設けられましたが、震災津波から5年以上を経過した今でも国内外から多くのご寄附をいただいています。

 こうしたことから岩手県では、小冊子「いわての学び希望基金 活用状況のご報告」を発行しております。この冊子を通して寄附者への感謝の気持ちを伝えるとともに、岩手の子どもたちの状況を発信し震災津波の風化防止や更なる支援を呼びかけています。

 上記の特徴などから、NTT東日本エリア(特に東北)にお住まいの方や出身者の方に利用していただきたいサービスですね。また、支援をしたいと思う方にもオススメします。

 「復興の光」として、普及してほしいと願うと同時に困っている方たちが本サービスの支援により少しでも恩恵を受けられ、いち早く復興完了へと近づいていくことを望みます。

 さらに、このようなサービスが提供されるなかで「がんばろう岩手ひかり」をオススメしたくなる点について、ひとつだけ重要なことがあります。

 それは、支援金額や支援対象などの諸情報は同社の「支援報告ページ」にて公開されるという点です。不透明さがなく本当にオススメしたい光回線です。

 

 ここまで「がんばろう岩手ひかり」のサービス詳細を解説してきましたが、2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「がんばろう岩手ひかり」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「▲」
最低利用期間や解約費用は? 「〇」
オプションサービス整備は? 「×」
独自特徴やキャンペーンは? 「◎」
総合的なおすすめ度は? 「C」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「大興電子通信ひかり – 大興電子通信 株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「大興電子通信ひかり」トップ

 

 本サービス「大興電子通信ひかり」は、東京都新宿区揚場町に本社を置く「大興電子通信 株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「大興電子通信ひかり」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「大興電子通信 株式会社」の紹介

 同社は、1953年に設立された東証二部に上場している商社です。下記のような歴史を経て設立から60年を超える企業となっています。

大和證券(現:大和証券グループ本社)各店舗のビルメンテナンスと通信機器の保守事業からスタートして、現在ではシステム構築からハードの保守までの一貫したサービスを、北海道~九州の25拠点で展開している富士通の全国総合ディーラーである。

大和證券に最初の電算機器を導入(富士通製)したことで大和證券グループの一員となり、それがその後の富士通ディーラー契約のきっかけとなって今日に至る。

数年前までは大和土地建物、大和証券、大和総研といった大和グループが主要株主を固めていたが、現在では富士通が筆頭株主となり大和証券グループの持株順位は3番手となっている。

 グループ会社には「大興テクノサービス(株)」、「大興ビジネス(株)」、「(株)サイバーコム」、「(株)大和ソフトウェアリサーチ」が存在しています。

 

「大興電子通信 株式会社」の事業内容

 「大興電子通信」は、法人向けのソリューションサービスを主な事業とする企業で下記のようなソリューションサービスが人気となっています。

 ◆ 「販売管理ソリューション」

  販売業務フローを見直し、業務効率化とコスト削減を実現したいという課題を解決。

 ◆ 「生産管理ソリューション」

  多品種少量生産にも対応できるフレキシブルな生産管理システムを構築したいという課題を解決。

 ◆ 「音声/ネットワークソリューション」

  ビジネス形態の変化や事業規模の拡大に合わせた拡張性を持たせたいという課題を解決。

 ◆ 「会計ソリューション」

  国際会計基準に準拠した、戦略的意思決定に役立つシステムを構築したいという課題を解決。

 ◆ 「購買管理ソリューション」

  調達プロセスの省力化と購買情報の一元化で、調達コストを低減したいという課題を解決。

 ◆ 「人事給与ソリューション」

  人材情報を最大限に活用して、経営資源としての人材管理を行いたいという課題を解決。

 ◆ 「セキュリティソリューション」

  高い費用対効果で、ネットワーク犯罪の脅威から企業の情報資産を保護したいという課題を解決。

 ◆ 「クラウド・アウトソーシング」

  クラウドの活用によりビジネス・イノベーションを加速したいという課題を解決。

 ◆ 「エンジニアリングソリューション」

  情報通信関連工事の構築から施工、運用保守まで「安心品質で実現」が可能。

 ◆ 「エプソンのスマートチャージ」

  カラーページプリンタ、コピー機、複合機のコストダウンを図りたいという課題を解決。

 ◆ 「D’s Guardian」

  マイナンバーを安心・安全に収集、保管し、廃棄までを管理したいという課題を解決。

 ◆ 「画像ソリューション」

  鮮明な画像で入退出管理、食品トレーサビリティ、情報漏えい対策などを図りたいという課題を解決。

 ◆ 「Excel業務改善ソリューション」

  Excelでの業務における人的ミス防止、業務継続性向上、運用不可軽減、人材有効活用を行いたいという課題を解決。

 ◆ 「IoTソリューション」

  IoTを活用してビジネスモデルの再構築と競争力向上を計りたいという課題を解決。

 ◆ 「モバイル専用線サービス」

  モバイルでありながらセキュアな通信環境を構築したいという課題を解決。

 

 それでは、下記から「大興電子通信ひかり」のサービス詳細を紹介してきましょう。

 

「大興電子通信ひかり」の月額利用料金について

 「大興電子通信ひかり」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:4,000 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:3,000 円 ~

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダーを含まない料金プランのためインターネット回線を利用するためには別途プロバイダーの契約が必要になります。

 

「大興電子通信ひかり」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「大興電子通信ひかり」戸建住宅タイプ
ファミリー・ギガ基本プラン 下り回線速度 1GB 有線 4,000 円
ファミリー・ギガ拡張プラン 下り回線速度 1GB 無線 4,000 円
「大興電子通信ひかり」集合住宅タイプ
ファミリー・ギガ基本プラン 下り回線速度 1GB 有線 3,000 円
ファミリー・ギガ拡張プラン 下り回線速度 1GB 無線 3,000 円
「大興電子通信ひかり」従量課金タイプ
2段階定額プラン お問い合わせ

 

「大興電子通信ひかり」の契約時や解約時にかかる費用について

 上記までは「大興電子通信ひかり」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「大興電子通信ひかり」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 1,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 3,000 円

 

「大興電子通信ひかり」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 19,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 16,000 円

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「大興電子通信ひかり」の解約費用(1)

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「大興電子通信ひかり」の解約費用(2)

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 0 円 ~ 19,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 0 円 ~ 16,000 円

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「大興電子通信ひかり」で使えるオプションサービス

 上記まで「大興電子通信ひかり」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 ここでは「大興電子通信ひかり」を便利に使うためのオプションサービスを紹介します。

オプションサービスの一覧と料金
「大興電子通信ひかり電話」基本プラン 500 円
「大興電子通信ひかり電話」プラスプラン 1,500 円
「大興電子通信ひかり電話」オフィスプラン 1,300 円
「大興電子通信ひかり電話」オフィスプラン・プラス 1,100 円
「大興電子通信ひかり」テレビ 660 円
リモートサポートサービス 500 円
1G対応無線LANルーター 500 円
無線LANカード 300 円
レンタルホームゲートウェイ 450 円

 

 ※ 「大興電子通信ひかり」では「フレッツ光」と同様にオプションサービスが整備されており安心してインターネット回線をご利用できるようになっています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「大興電子通信ひかり」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

 本サービスについては、他社の「コラボ光」と比較してみても特段のデメリットはありません。

 一方で、同社の事業内容は基本的に法人向けのソリューションサービスです。それにより本サービスも法人向けの「コラボ光」としてコスト削減などが期待できるような特徴を持っております。

 また、同社が提供しているソリューションサービスと合わせて利用することにより様々なサービスとワンストップで提供できるように一元管理が可能となります。

 料金部分においては、他社の「コラボ光」と比較して高くもなく安くもなく標準的な金額となっておりますが、今「フレッツ光」を利用している法人様があれば「大興電子通信ひかり」に転用契約することをオススメします。

 2015年に開始された「光コラボレーションモデル」は、2017年の春で丸2年が経過しました。

 その「コラボ光」は、数百種類も存在しています。光コラボレーションサービスの契約を検討し比較している場合は「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「大興電子通信ひかり」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「△」
最低利用期間や解約費用は? 「△」
オプションサービス整備は? 「△」
独自特徴やキャンペーンは? 「△」
総合的なおすすめ度は? 「C」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「ソフィア光 – ソフィアデジタル株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「ソフィア光」トップ

 

 本サービス「ソフィア光」は、東京都新宿区下宮比町に本社を置く「ソフィアデジタル株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「ソフィア光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「ソフィアデジタル株式会社」の紹介

 「ソフィアデジタル株式会社」は、2010年に設立された電気通信事業者です。

 同社は、今まで「エスモビ事業」・「トランスコール事業」・「ソーラー事業」と言った事業を主な業務として活動しておりました。

 今回、NTT東日本やNTT西日本による「光コラボレーションモデル」を活用した「光回線事業」へも参入する形となります。

 この「ソフィアデジタル(株)」は「(株)ソフィアホールディングス」の子会社として位置付けられていましたが、2012年に同グループが組織編制を行ったことにより「ソフィアホールディングス」の子会社である「ソフィア総合研究所(株)」の子会社となっています。

 

「株式会社ソフィアホールディングス」の紹介

 同社は、下記の事業会社をグループに持ち管理をしている純粋持株会社です。

 ◆ ソフィア総合研究所株式会社
 ◆ 株式会社オルタエンターテイメント
 ◆ 株式会社アクア
 ◆ ソフィアデジタル株式会社
 ◆ 株式会社サイバービジョンホスティング
 ◆ 株式会社ナノメディカル
 ◆ 株式会社メディカルコンピューターサービス
 ◆ 株式会社エリアビイジャパン
 ◆ 株式会社ジーンクエスト

 上記の企業が行う主な事業は「デザインオートメーション事業」、「システムインテグレーター事業」、「モバイル関連事業」などです。

 では、その同グループが提供する「ソフィア光」とは、どんなサービスなのか?わかりやすく解説してきましょう。

 「ソフィアデジタル」では「格安SIM&格安スマホ」サービスなども展開しているため、今後は携帯電話とのセット割なども期待できます。

 

「ソフィア光」の月額利用料金について

 「ソフィア光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 戸建住宅(ファミリー)プラン:5,400 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:4,200 円 ~

 

 ※ 上記は、インターネットサービスプロバイダー(エスモビ)を含む料金プランのためプロバイダーの契約が不要です。

 

「ソフィア光」の月額料金プラン詳細(東日本エリア)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「ソフィア光」戸建住宅タイプ
ファミリー・ギガワイファイタイプ 下り上り概ね 1Gbps 5,700 円
ファミリー・ギガシンプルタイプ 下り上り概ね 1Gbps 5,400 円
ファミリー・200タイプ 上り最大 200Mbps ~ 下り最大 200Mbps 5,400 円
ファミリー・スタンダードタイプ 上り最大 100Mbps ~ 下り最大 100Mbps 5,400 円
「ソフィア光」集合住宅タイプ
マンション・ギガワイファイタイプ 下り上り概ね 1Gbps 4,500 円
マンション・ギガシンプルタイプ 下り上り概ね 1Gbps 4,200 円
マンション・200タイプ 上り最大 200Mbps ~ 下り最大 200Mbps 4,200 円
マンション・スタンダードタイプ 上り最大 100Mbps ~ 下り最大 100Mbps 4,200 円

 

「ソフィア光」の月額料金プラン詳細(西日本エリア)

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「ソフィア光」戸建住宅タイプ
ファミリー・ギガシンプルタイプ 下り上り概ね 1Gbps 5,400 円
ファミリー・200タイプ 上り最大 200Mbps ~ 下り最大 200Mbps 5,400 円
ファミリー・スタンダードタイプ 上り最大 100Mbps ~ 下り最大 100Mbps 5,400 円
「ソフィア光」集合住宅タイプ
マンション・ギガシンプルタイプ 下り上り概ね 1Gbps 4,200 円
マンション・200タイプ 上り最大 200Mbps ~ 下り最大 200Mbps 4,200 円
マンション・スタンダードタイプ 上り最大 100Mbps ~ 下り最大 100Mbps 4,200 円

「NTT東日本」のサービス提供地域(エリア)

 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県

「NTT西日本」のサービス提供地域(エリア)

 富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

 ※ 上記にある各エリアのどちらで利用するかによりプランや料金が異なります。また、本サービスは「NTT東西」の各エリアで提供しているため移転や引越しなどにより住所が変わっても住所変更をすることで、そのまま利用できます。

 ※ 「NTT東西」の各エリアに対応していない「コラボ光」もありますので、契約時によく確認することをオススメします。

 

「ソフィア光」の契約時や解約時にかかる費用について

 上記までは「ソフィア光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「ソフィア光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 2,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 2,000 円

 

「ソフィア光」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 15,000 円

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「ソフィア光」の解約費用(1)

最低利用期間
ファミリー・タイプ(戸建住宅) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「ソフィア光」の解約費用(2)

新規開通工事費の残債請求
ファミリー・タイプ(戸建住宅) 0 円 ~ 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 0 円 ~ 15,000 円

 

 ※ 最低利用期間に関する違約金は、規約の中で記載されておりません。ご契約の際に最低利用期間を確認することをオススメします。

 ※ 解約費用(2)については、新規契約の際に開通工事費を分割払いしている方が対象となるものです。「工事費を一括で支払い済み」もしくは「利用期間において支払い済み」の方は、解約時に請求されることはありません。

 

「ソフィア光」で使えるオプションサービス

 上記まで「ソフィア光」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 ここでは「ソフィア光」を便利に使うためのオプションサービスを紹介します。

オプションサービスの一覧と料金
「ソフィア光電話」基本プラン 500 円
「ソフィア光電話」プラスプラン 1,500 円
「ソフィア光電話」オフィスプラン 1,300 円
「ソフィア光電話」オフィスプラン・プラス 1,100 円
「ソフィア光」テレビ 660 円
リモートサポートサービス 500 円
オンラインパソコン教室 1,800 円
1G対応無線LANルーター 300 円
無線LANカード 0 円 ~ 750 円
レンタルホームゲートウェイ 450 円

 

 ※ 「ソフィア光」では「フレッツ光」と同様にオプションサービスが整備されており安心してインターネット回線をご利用できるようになっています。

 

「転用契約」と「新規契約」の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、「転用」と「新規」という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。また、流行りの言葉として他サイトでは「転用」として該当しない場合にも使われるようなこともあります。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「ソフィア光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「ソフィア光」特徴

 本サービスのデメリットから簡単に紹介していきましょう。

 「ソフィア光」については、月額利用料金が他社の「コラボ光」または相場より「100 円 ~ 200 円」ぐらい高い料金のような気がします。ただし「フレッツ光」をお使いの方が「ソフィア光」に「乗り換え(転用契約)」する場合には、安くなるケースも多いでしょう。

 それ以外に目立ったデメリットはないためメリットと言えるような部分について解説していきたいと思います。

 「ソフィア光」のメリットと言える部分については、他社の「コラボ光」と比較してオプションサービスなどが「フレッツ光」と同様に備わっていることがあげられます。

 デメリットとして触れている料金部分については「新規契約」をする場合においてのもので「転用契約」であれば、今使っている「フレッツ光」より安価に光回線を利用できるので、総合的な判断としてはオススメできるサービスです。

 また、本サービスについては重要事項や規約などに「最低利用期間」についての定めがありませんが、確認したところ「最低利用期間」による解約違約金がありません。

 これにより解約時の負担が、他社の「コラボ光」と比較しても最もオススメできる内容となっているサービスになります。結果的に「ソフィア光」は、解約時の負担が比較のポイントになります。

 転用契約の場合には、違約金や縛りなどの点について気にせず契約できるのは魅力的です。また、新規契約する場合でも「新規開通工事費」を先に一括払いしてしまえば、解約時の負担はゼロ円(無料)です。嬉しい限りのサービスですね。

 光コラボレーションサービスの比較ポイントに関しては「光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス」という下部の項目で記載しているので参考にしてみてください。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「ソフィア光」の総合評価表
月額利用料金は? 「△」
初期費用・事務手数料は? 「△」
最低利用期間や解約費用は? 「◎」
オプションサービス整備は? 「○」
独自特徴やキャンペーンは? 「△」
総合的なおすすめ度は? 「B」

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービス比較のワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「スターライト光 – ステラグループ株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「スターライト光」トップ

 

 本サービス「スターライト光」は、東京都文京区後楽に本社を置く「ステラグループ株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「スターライト光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「ステラグループ株式会社」の紹介

 「ステラグループ株式会社」は、1973年に設立された企業で「オフィスソリューション」、「OAやコンピュータ機器のメンテナンス」、「ネットワーク関連や社内システムの設計・構築・運用管理」などを行う会社です。

 オフィスのお困りごとを解決するために必要なスキルである「技術資格認定者」も100名以上おり安心して様々なことを相談できる体制を構築しています。

 

「ステラグループ株式会社」の事業内容

 ◆ OA機器(複写機・プリンター・通信機器)およびコンピュータ機器の販売
 ◆ OA機器、コンピュータ機器(ソフト・ハード)のメンテナンス
 ◆ ネットワークを含む社内システムの設計・構築・運用管理
 ◆ オリジナルソフトの製作・開発
 ◆ 什器備品・消耗品・オフィス家具の販売
 ◆ デジタルデータ総合出力サービス・クリエイティブワークの企画・制作
 ◆ 人材派遣【(般)13-01-1334】・アウトソーシングビジネス

 同社では、上記の事業内容から下記にあるような様々なオフィスソリューションサービスや関連商品の提供しています。

オフィスソリューションサービス

 ○ 事務所内を快適にするための「レイアウト改善」

  「歩くとケーブルにつまづく」、「書庫を減らして広くしたい」、「社内の景色を変えたい」など多種多様な問題解決を行います。

 ○ ヒトとシゴトの流れを快適にするための「業務改善」

  「プリント待ちの渋滞が起こる」、「プリンタの数が多い気がする」、「社内の通路往復が多い」など多種多様な問題解決を行います。

 ○ オフィスを護るための「情報保護改善」

  「廊下から事務所が丸見えだ」、「パソコンデータはどう護るの」、「いつも放置プリントを見かける」など多種多様な問題解決を行います。

 ○ 省エネを図るための「環境保護改善」

  「エアコンが効きすぎて寒い」、「オフィスで省エネってどうやるの?」、「TEC値ってなに?」など多種多様な問題解決を行います。

関連商品

 オフィスの問題解決が実現できるように「デジタル複合機」、「ソフトウェア」、「プリンター」、「基幹業務システム」、「ビジネスフォン」、「ファクシミリ」、「スキャナー」、「シュレッダー」、「Windows/Mac製品」、「サプライ製品」、「Server」、「各種周辺機器」などの製品や商品を提供しています。

 そんな同社が提供する「コラボ光」は、上記に記載している事業内容の特徴から「法人向けのコラボ光」となっています。

 現在、この「法人向けのコラボ光」については、一般個人向けのサービスと比較してみても数が少ない傾向にあります。

 しかし「NTT東日本」や「NTT西日本」などは「法人向けのコラボ光」が様々な事業者から提供され伸びていくように力を入れていく方向性を示しているため今後は、個人向けの「コラボ光」と同様に多種多様なサービスが提供されることが予測されます。

 一般個人向けのサービスとは違い、法人向けサービスの場合には頻繁に契約変更することがないため本サイト(HIKARI百貨店)を活用して比較検討をしたうえでサービスの利用開始をすることをオススメします。

 下記からは「スターライト光」のサービス詳細を解説していきましょう。

 

「スターライト光」の月額利用料金について

 「スターライト光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 一戸建て(ファミリー)プラン:4,300 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:2,800 円 ~

 

 ※ 上記は、プロバイダーを含まない「光回線のみ」のプランです。

 ※ インターネットを利用するためには、別途プロバイダーの契約が必要になります。また、お使いになられているプロバイダーがある場合には、そのまま利用することも可能ですが、同社でも手配できるように相談を受付しています。

 

「スターライト光」の月額料金プラン詳細

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「スターライト光」一戸建てタイプ
ファミリー・スタンダードプラン 最大 100 Mbps 4,300 円
ファミリー・ハイスピードプラン 上り最大 100 Mbps ~ 下り最大 200 Mbps 4,400 円
ファミリー・ギガプラン 最大 概ね 1 Gbps 4,500 円
「スターライト光」集合住宅タイプ
マンション・スタンダードプラン 最大 100 Mbps 2,800 円
マンション・ハイスピードプラン 上り最大 100 Mbps ~ 下り最大 200 Mbps 2,600 円
マンション・ギガプラン 最大 概ね 1 Gbps 2,800 円

 

 ※ 上記の金額にはプロバイダー料金は含まれておりません。「スターライト光 インターネット接続サービス」をご利用希望される場合は、別途ご相談となります。

 

「スターライト光」の契約時や解約時にかかる費用について

 上記までは「スターライト光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「スターライト光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 800 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 1,800 円

「スターライト光」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(一戸建て) 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 15,000 円

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「スターライト光」の解約費用

最低利用期間
ファミリー・タイプ(一戸建て) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「スターライト光」で使えるオプションサービス

 上記まで「スターライト光」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 ここでは「スターライト光」を便利に使うためのオプションサービスを紹介します。

オプションサービスの一覧と料金
「スターライト光電話」基本プラン 500 円
「スターライト光電話」Aプラン 1,500 円
「スターライト光電話」オフィスプラン 1,300 円
「スターライト光電話」オフィスエースプラン 1,100 円

 「スターライト光」では、「フレッツ光」で利用できる「フレッツ・テレビ」の提供がありません。

 

転用契約と新規契約の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、転用と新規という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「スターライト光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

 2017年から提供開始された「スターライト光」ですが、他社から提供されている「法人向けのコラボ光」と比較してみても大きな特徴の差はないように見受けられ標準的なサービスであることがわかります。

 基本的に「法人向けのコラボ光」の特徴というのは、自社ユーザーの囲い込みのためであることが多いため光回線の月額料金や中身に関する特徴が目立ちません。

 ただし、ステラグループとの取引があったり同社から何かしらのサービスを提供してもらっている場合には、それらとまとめて契約できるため「一元管理」もしくは「費用削減」などの期待ができます。

 ステラグループとの取引がある法人様には必見の光回線サービスです。

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「スターライト光」の総合評価表
月額利用料金は?
初期費用・事務手数料は?
最低利用期間や解約費用は?
オプションサービス整備は?
独自特徴やキャンペーンは?
総合的なおすすめ度は?

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

ワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは、代表的な光回線(インターネット回線)と言えば下記でしたね。

 ■ NTT東西が提供する「フレッツ光」

 ■ KDDIが提供する「auひかり」

 ■ Sonyグループが提供する「NURO光」

 ■ 電力会社(関連会社)が提供する「コミュファ光」・「イオ光」・「メガエッグ光」・「ビビック光」・「ピカラ光」

 これぐらいしか存在しなかった光回線サービスが、猛烈な勢いで増えて今では自由に様々なサービスを比較できるようになっています。

 数多く存在する光回線サービスから厳選したインターネット回線がコチラ!比較や検討して迷ったら下記のサービスがオススメです!

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「さやま光 – 狭山ケーブルテレビ株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「さやま光」トップ

 

 本サービス「さやま光」は、埼玉県狭山市富士見に本社を置く「狭山ケーブルテレビ株式会社」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「さやま光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「狭山ケーブルテレビ株式会社」の紹介

 「狭山ケーブルテレビ株式会社」は、1992年に設立された第三セクター方式(官民一体)のケーブルテレビ事業者です。

 第三セクター方式とは、第一セクター(国および地方公共団体が経営する公企業)や第二セクター(私企業)と異なる第三的方式による法人のことを言います。

 それでは、同社のようなケーブルテレビ事業者は国内に何社ぐらい存在するのか?簡単に紹介しましょう。

 

「ケーブルテレビ局」の一覧

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

北海道エリア
ジェイコム札幌(J:COM札幌) ニューメディア(NCV函館センター)
旭川ケーブルテレビ(ACT) 釧路ケーブルテレビ(KCTV)
帯広シティーケーブル(OCTV) 苫小牧ケーブルテレビ(TCT)
大滝ケーブルテレビ(たきテレ) テレビ寿都放送(TVS)
泊村有線テレビ(TYT) えさしオプティカルステーション(EOS)
西興部村コミュニケーションネットワーク(NCN)
東北エリア
青森ケーブルテレビ(ACT) 八戸テレビ放送(HTV)
田子町ケーブルテレビ(TCV) 三沢市ケーブルテレビ(MCTV)
一関ケーブルネットワーク(ICN) 岩手ケーブルテレビジョン(ICT)
えさしわいわいネット 北上ケーブルテレビ(KCTV)
三陸ブロードネット(SBN) テレビ都南(TVT)
遠野テレビ(TVT) 花巻ケーブルテレビ(HTV)
水沢テレビ(mic) 和賀有線テレビ(WTV)
気仙沼ケーブルネットワーク(K-NET) 宮城ケーブルテレビ(マリネット)
仙台CATV(CAT-V) 宮城ネットワーク(キャベツ)
大崎ケーブルテレビ(青葉ケーブルテレビ)(OCT) 秋田ケーブルテレビ(CNA)
由利本荘市CATVセンター(ONT) 大館ケーブルテレビ(OCT)
ダイバーシティメディア ニューメディア(NCV本社)
鶴岡市ケーブルテレビジョン(KCT) 伊達市ケーブルテレビ(TVD)
西会津町ケーブルテレビ(NCT) たじまケーブルテレビジョン
関東エリア
土浦ケーブルテレビ(J:COM茨城) 研究学園都市コミュニティケーブルサービス(ACCS)
リバーシティ・ケーブルテレビ(RCCテレビ) ケーブルテレビ・ジェイウェイ(JWAY)
フローラルシティ南台 常総ケーブルメディア
ケーブルテレビ<栃木><館林><結城><筑西>(CC9) 宇都宮ケーブルテレビ(U・CAT・V)
テレビ小山放送(TVO) 鹿沼ケーブルテレビ(BC9)
佐野ケーブルテレビ(SCTV) 真岡市ケーブルテレビ施設(旧:真岡ケーブルテレビ)
わたらせテレビ(旧:足利ケーブルテレビ) 茂木町ケーブルテレビ
粟野ケーブルテレビ 那珂川町ケーブルテレビ
ジェイコム関東(J:COM群馬) 群馬ケーブルメディア(OTV)
うえのテレビ(UTV) なんもくふれあいテレビ
草津テレビ(KTV) 嬬恋ケーブルビジョン(TCV)
東吾妻町あづまケーブルテレビ 神流町ケーブルテレビ
六合村健康管理等情報連絡施設(六合村ケーブルテレビ) ジェイコムさいたま(J:COMさいたま)
ジェイコム東京(J:COM東京) シティケーブルネット(J:COM所沢)
ジェイコム東上(J:COM東上) ジェイコム川口戸田(J:COM川口・戸田)
ジェイコム北関東(J:COM関東) ジェイコム熊谷(J:COM熊谷)
東松山ケーブルテレビ 飯能ケーブルテレビ(テレビ飯能 HCTV)
蕨ケーブルビジョン(WINK TV) 本庄ケーブルテレビ
狭山ケーブルテレビ(SCAT) 行田ケーブルテレビ(テレビ行田 TVG)
入間ケーブルテレビ リバーシティ・ケーブルテレビ(RCC)
秩父ケーブルテレビ(テレビ秩父 TVC) テプコケーブルテレビ(T-CAT)
関東ケーブルテレビジョン(KCAT) ジェイコム関東(J:COM東関東)
ジェイコム千葉(J:COM木更津・YY八千代・浦安) ジェイコム東葛葛飾(J:COM東葛・葛飾)
ジェイコム船橋習志野(J:COM船橋・習志野) ジェイコム千葉セントラル(J:COM千葉セントラル)
ジェイコム市川(J:COM市川) 広域高速ネット二九六(ケーブルネット296)
いちはらコミュニティー・ネットワーク・テレビ(あいチャンネル9) イースト・コミュニケーションズ(あすみが丘ケーブルテレビジョン)
成田ケーブルテレビ(NCTV) 千葉ニュータウンセンター(CNC)
銚子テレビ放送 ジェイコムイースト(J:COM西東京・板橋・せたまち・調布・世田谷)
ジェイコム東京(J:COM東京・すみだ) 江戸川ケーブルテレビ(J:COM江戸川)
城北ニューメディア(J:COM台東) ジェイコム大田(J:COM大田)
ジェイコム武蔵野三鷹(J:COM武蔵野・三鷹) ジェイコム中野(JCN中野)
ジェイコム八王子(J:COM八王子) 八王子ケーブルテレビ(八王子市大和田町)
ジェイコム多摩(J:COM多摩) ジェイコム日野(JCN日野)
ジェイコム足立(J:COM足立) ジェイコム港新宿(J:COM港・新宿)
東京ケーブルビジョン(TCV) ケーブルビジョン葛西
東京ベイネットワーク(BAY NET) ケーブルテレビ品川
東京テレポートセンター(TTC) 豊島ケーブルネットワーク(としまテレビ)
イッツ・コミュニケーションズ(iTSCOM) ジェイコム東京北(J:COM東京北)
東京ケーブルネットワーク(TCN) 多摩テレビ(TTV)
多摩ケーブルネットワーク(TCN) 入間ケーブルテレビ
瑞穂ケーブルテレビ テプコケーブルテレビ(T-CAT)
小笠原村ケーブルテレビ ジェイコム関東(J:COM相模原・大和)
ジェイコム湘南(J:COM湘南・J:COM横須賀) ジェイコム横浜(J:COM横浜)
ジェイコムせたまち(J:COMせたまち) ジェイコムかながわセントラル(J:COMかながわセントラル)
ジェイコム小田原(J:COM小田原) ジェイコム鎌倉(J:COM鎌倉)
ジェイコム南横浜(J:COM南横浜) 伊豆急ケーブルネットワーク(IKC)
横浜ケーブルビジョン(YCV) 湘南ケーブルネットワーク(SCN)
YOUテレビ ケーブルシティ横浜(CCY)
厚木伊勢原ケーブルネットワーク(AIC) 若葉台CATV
横浜メディアサービス(東戸塚)
甲信越・静岡エリア
エヌ・シィ・ティ(NCT) ニューメディア
佐渡テレビジョン 上越ケーブルビジョン(JCV)
コミュニケーションネットワーク佐渡(CNS) 刈羽村ケーブルテレビ
能生ケーブルテレビ 魚沼ケーブルテレビ
上越市三和ケーブルテレビ 上越市吉川ケーブルテレビ
上越市安塚ケーブルテレビ 日本ネットワークサービス(NNS)
ケーブルネットワーク大月(大月テレビ組合・大月ケーブルビジョン) 峡西シーエーテーブイ(CVK)
河口湖有線テレビ放送(ケーブルテレビ河口湖) CATV富士五湖
白根ケーブルネットワーク(NUS) 山梨CATV
峡東ケーブルネット(峡東CATV) 笛吹きらめきテレビ(IFT)
いちのみやふれあいテレビ(IFT) 北富士有線テレビ放送
富士川シーエーティーヴィ 上野原ブロードバンドコミュニケーションズ
iネット飯山 栄村ケーブルテレビ
小谷村ケーブルテレビ 大町市ケーブルテレビ
ケーブルテレビ白馬 ふう太ネット木島平
テレビ菜の花 テレビ北信ケーブルビジョン(THV)
須高ケーブルテレビ(STV) インフォメーション・ネットワーク・コミュニティ(INC長野ケーブルテレビ)
戸隠ケーブルテレビ 鬼無里ケーブルテレビ
コミュニティーネットワーク信州新町(CNS) 信州ケーブルテレビジョン(ケーブルネット千曲)
上田ケーブルビジョン(UCV) 丸子テレビ放送(MTV)
とうみケーブルテレビ(TCT) コミュニティテレビこもろ(CTK23)
黒耀の里ゆいねっと(長和町CATV) 佐久ケーブルテレビ(SCT)
佐久高原ケーブルビジョン(SCV) 協和ビジョン(KVC)
西軽井沢ケーブルテレビ エルシーブイ(LCV)
テレビ松本ケーブルビジョン(TVM) あづみ野テレビ(ANC)
飯田ケーブルテレビ(ICTV) 伊那ケーブルテレビジョン(ICT)
アルプスケーブルビジョン(ACV) エコーシティー・駒ケ岳(CEK)
高森町ケーブルテレビ チャンネル・ユー(チャンネルYOU)
蓼科ケーブルビジョン(TCV) 朝日村有線テレビ(AYT)
とよおか放送ネットワーク(THN) ふれあいネットワーク長谷(CNH)
ケーブルテレビミアサ(CTM) コミュニケーションネットワーク阿南
木曽広域ケーブルテレビ 生坂村コミュニケーションネットワーク(ICN)
泰阜村コミュニケーションネットワーク(YCN) 伊豆急ケーブルネットワーク(IKC)
TOKAIケーブルネットワーク(@T-COM) トコちゃんねる静岡(静岡ケーブルテレビ)
浜松ケーブルテレビ(HTC) 御前崎ケーブルテレビ
東伊豆有線テレビ放送(HI-CAT) 下田有線テレビ放送(SHK)
シーブイエー(CVA)
北陸エリア
ケーブルテレビ富山(CTT) 射水ケーブルネットワーク
高岡ケーブルネットワーク 野村有線テレビ放送受信組合
となみ衛星通信テレビ(TST) 新川インフォメーションセンター(NICE TV)
能越ケーブルネット 新川広域圏事務組合ケーブルテレビ(みらーれTV)
滑川中新川地区広域情報事務組合(Net3) 上婦負ケーブルテレビ
あさがおテレビ 加賀ケーブルテレビ
加賀テレビ 金沢ケーブルテレビネット
ケーブルテレビななお 小松市デジタル通信センター
テレビ小松 能越ケーブルネット
柳田ふれあいNet 輪島市ケーブルテレビ
和泉ケーブルネットワーク 大野ケーブルテレビ
ケーブルテレビ若狭小浜(チャンネルO) こしの国広域事務組合
丹南ケーブルテレビ 福井ケーブルテレビ(FCTV)
美方ケーブルネットワーク(MMネット) 南越前町ケーブルテレビ
嶺南ケーブルネットワーク(RCN)
中京エリア
大垣ケーブルテレビ(OCT) おりべネットワーク
シーシーエヌ ケーブルテレビ可児
中部ケーブルネットワーク 郡上ケーブルテレビ
飛騨高山ケーブルネットワーク 下呂ネットサービス
山県市有線テレビ局 中津川市川上有線放送施設
東白川CATV 関市上之保有線テレビ放送
飛騨市CATV インフォメーションネットワーク郡上八幡
アミックスコム 揖斐川町放送通信ネットワーク
アイ・シー・シー(ICC) 稲沢シーエーティーヴィ
キャッチネットワーク グリーンシティケーブルテレビ
CAC(旧:シーエーテイーブイ愛知) スターキャット・ケーブルネットワーク
知多半島ケーブルネットワーク 知多メディアスネットワーク
中部ケーブルネットワーク 豊橋ケーブルネットワーク
西尾張シーエーティーヴィ(クローバーTV) ミクスネットワーク
ひまわりネットワーク 三河湾ネットワーク
名古屋ケーブルビジョン アドバンスコープ
伊賀上野ケーブルテレビ(ICT) ケーブルネット鈴鹿(CNS)
シー・ティー・ワイ(CTY) ラッキータウンテレビ(イントサーフ)
ZTV(近鉄ケーブルネットワーク・滋賀ケーブルネットワーク) 松阪ケーブルテレビ・ステーション(MCTV)
中部ケーブルネットワーク 飯南放送通信センター
近畿エリア
ZTV(近鉄ケーブルネットワーク・滋賀ケーブルネットワーク) あいコムこうか
コミュニケーションネットワーク余呉 東近江ケーブルネットワーク(東近江スマイルネット)
木之本町ケーブルテレビ ジェイコムウエスト(J:COM京都)
KCN京都 ケイ・キャット(K-CAT)
洛西ケーブルビジョン 南丹市情報センター
京丹波町ケーブルテレビ(旧:瑞穂ケーブルテレビ) 与謝野町有線テレビ
ACTV京丹後局 日本ケーブルビジョン
京阪神ケーブルビジョン ジェイコムウエスト(J:COM関西)
ジェイコムウエスト(J:COM北摂) ジェイコムウエスト(J:COM大阪セントラル)
ジェイコムウエスト(J:COM東大阪) ジェイコムウエスト(J:COM北河内)
ジェイコムウエスト(J:COM吹田) ジェイコムウエスト(J:COM高槻)
ジェイコムウエスト(J:COM豊中・池田) 近鉄ケーブルネットワーク(KCN)
ベイ・コミュニケーションズ テレビ岸和田
京阪神ケーブルビジョン ケイ・オプティコム
近鉄ケーブルネットワーク(KCN) KCN大阪
ジェイコムウエスト(J:COM宝塚・川西) ケーブルネット神戸芦屋
明石ケーブルテレビ(ACTV135) 淡路島テレビジョン
ケーブルネットワーク淡路(さんさんネット) ベイ・コミュニケーションズ
BAN-BANテレビ 京阪神ケーブルビジョン
姫路ケーブルテレビ(WINK) 養父市ケーブルテレビジョン(ふれあいネット)
朝来市ケーブルテレビ(Aネット) 新温泉町ケーブルテレビ夢ネット
加東ケーブルビジョン(KCV) たかテレビ
神河町ケーブルテレビネットワーク 夢前情報センター
近鉄ケーブルネットワーク(KCN) こまどりケーブル
コミュニティビジョン吉野(CVY) 下市町情報センター(SIC)
ジェイコムウエスト(J:COM和歌山) 全関西ケーブルテレビジョン
中国・四国エリア
井原放送 おおぞら台CATV設備
オプティキャスト 尾道ケーブルテレビ(OCTV)
きたひろネット ケーブル・ジョイ
東広島ケーブルメディア(KAMONケーブルテレビ) ひろしまケーブルテレビ(HICAT)
ふれあいチャンネル 三原テレビ放送(MCAT)
三次ケーブルビジョン(Pionet) 安芸矢野ニュータウンCATV組合
仁保南CATV施設管理組合 A.CITYヒルズ&タワーズ管理組合
ケーブルとよはま ケーブルネット下関(J:COM下関)
アイ・キャン Kビジョン
シティーケーブル周南 萩ケーブルネットワーク
萩市総合情報施設 ほっちゃテレビ(長門市ケーブルテレビ)
山口ケーブルビジョン(C-able) 美祢市有線テレビ
メディアリンク 岐北地区テレビ共同受信施設組合
周防ケーブルネット 池田ケーブルネットワーク(阿波池田ネット)
石井町有線放送農業協同組合(石井CATV) エーアイテレビ
ケーブルテレビ徳島(テレビトクシマ) 国府町CATV
テレビ鳴門 徳島県南メディアネットワーク(MTCTV)
徳島中央テレビ(JCTV) 阿波市ケーブルネットワーク(ACN)
那賀町ケーブルテレビ 東阿波ケーブルテレビ(e-あわネット)
ひのき(キューテレビ) テレビ阿波
那賀町上流ケーブルテレビ ケーブルテレビあなん
上板町有線テレビ ケーブルネットおえ
全関西ケーブルテレビジョン(ACTV八頭局) 中海テレビ放送
鳥取中央有線放送(TCC) 鳥取テレトピア(いなばぴょんぴょんネット)
日本海ケーブルネットワーク(NCN) 伯耆町有線テレビ放送
出雲ケーブルビジョン(ICV) 石見銀山テレビ放送(GTV)
石見ケーブルビジョン 雲南夢ネット
おおなんケーブルテレビ(OHTV) 奥出雲町情報通信協会(ジョーホー奥出雲)
鹿島ケーブルビジョン(鹿島すまいるネット) 山陰ケーブルビジョン(やすぎどじょっこテレビ)
サンネットにちはら 萩ケーブルネットワーク(ひとまろビジョン)
ひゃこるネットみすみ(浜田市三隅ケーブルテレビ) ひらたCATV(雲州わがとこテレビ)
今治シーエーティーブィ(ICK) 宇和島ケーブルテレビ(UCAT)
愛媛CATV 上島町CATV
ケーブルネットワーク西瀬戸 ハートネットワーク
八西地域総合情報センター(八西CATV) 野村ケーブルテレビ(かぼちゃ)
西予CATV 四国中央テレビ
今治市波方CATV 高知ケーブルテレビ(KCB)
西南地域ネットワーク(Swan TV) よさこいケーブルネット
香南施設農業協同組合(香南ケーブルテレビ) 四万十町ケーブルネットワーク
甲浦テレビ共同聴視施設組合 土佐有線テレビ施設組合
梼原あんしん光ネット 黒潮町光ネットワーク
今治市波方CATV 高知ケーブルテレビ(KCB)
九州・沖縄エリア
ジェイコム九州(福岡・北九州) 九州通信ネットワーク
福岡ケーブルビジョン(FCV) 九州テレ・コミュニケーションズ(CSF)
CRCCメディア(くーみんブロードバンド) ケービレッジ(メック)
嘉麻市ケーブルネットワーク ケーブルネットワーク桂川
春日クローバー 伊万里ケーブルテレビジョン
佐賀シティビジョン(ぶんぶんテレビ) CRCCメディア(はっぴとすビジョン)
有田ケーブル・ネットワーク 唐津ケーブルテレビジョン
ネットフォー ケーブルワン
西海テレビ 多久ケーブルメディア
テレビ九州 藤津ケーブルビジョン
ネット鹿島 ふじ有線テレビ
九州テレ・コミュニケーションズ(テレビ佐世保) ケーブルテレビジョン島原(カボチャテレビ)
長崎ケーブルメディア(NCM) 諫早ケーブルテレビジョン放送
オクト・パルス ひまわりてれび
五島テレビ 波佐見ケーブルテレビ
福江ケーブルテレビ 対馬市CATV
西彼ケーブルネットワーク 東彼ケーブルテレビ
壱岐市ケーブルテレビ ジェイコム熊本(J:COM熊本)
天草ケーブルネットワーク 八代市ケーブルテレビ
テレビやつしろ 玉名市ひまわりてれび
南小国町ケーブルテレビ放送施設 大分ケーブルテレコム(OCT)
大分ケーブルネットワーク(OCN) 佐賀関テレビ
姫島村ケーブルテレビ 東九州放送(HKB)
国東市ケーブルテレビセンター 豊後高田市ケーブルネットワーク施設
杵築市ケーブルネットワーク(杵築ど~んとテレビ) CTBメディア(CTB)
KCVコミュニケーションズ(KCV) 玖珠テレビ
豊後大野市おおのケーブルテレビ 臼杵市ケーブルネットワーク(U-net)
ケーブルテレビ佐伯(CTS) ここのえケーブルテレビ
ケーブルメディアワイワイ(わぃWaiTV) ビィーティーヴィーケーブルテレビ(BTVケーブルテレビ)
宮崎ケーブルテレビ(MCN) きららびじょん
奄美テレビ放送(ATV) 皇徳寺ケーブルテレビ(KCC)
鹿児島光テレビ 南九州ケーブルテレビネット(MCT)
河﨑電化サービス 瀬戸内ケーブルテレビ
天城町ユイの里テレビ(AYT) 和泊町有線テレビ
南部有線テレビ放送 沖縄ケーブルネットワーク(OCN)
石垣ケーブルテレビ(ICT) 宮古テレビ(MTV)
琉球マルチメディアケーブルネットワーク(RMC) メディアッティ・ブロードバンド・コミュニケーションズ(MBC)

 日本国内の各都道府県には、上記のようなケーブルテレビ局が存在しております。

 そして、そのうちのひとつでもある「狭山ケーブルテレビ」以外にも「光コラボレーションモデル」を活用した「コラボ光」を提供している会社が、いくつもあります。

 ぜひ、比較をしてくださいと言いたいところでありますが、ケーブルテレビ局が提供する「コラボ光」には共通した最大の特徴があり比較は難しいでしょう。

 なぜ、比較が難しいのか?という点も含めて下記からは「狭山ケーブルテレビ」が提供する「さやま光」のサービス詳細を解説していきます。

 

「さやま光」の月額利用料金について

 「さやま光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

 ◇ 一戸建て(ファミリー)プラン:4,200 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:3,200 円 ~

「さやま光」料金

 

 ※ 上記は、プロバイダーを含まない「光回線のみ」のプランです。

 ※ 現在、お使いのプロバイダーを継続することもできますが「さやま光」でもパックで使うことが可能になっております。プロバイダーパックの場合は、プラス800円を加えた金額が月額利用料金になります。

 

「さやま光」の契約時や解約時にかかる費用について

 上記までは「さやま光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「さやま光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) 2,000 円
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) 2,000 円

「さやま光」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(一戸建て) 18,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 15,000 円

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「さやま光」の解約費用

最低利用期間
ファミリー・タイプ(一戸建て) 12ヶ月(1年間) 10,000 円
マンション・タイプ(集合住宅) 12ヶ月(1年間) 10,000 円

 

「さやま光」で使えるオプションサービス

 上記まで「さやま光」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 ここでは「さやま光」を便利に使うためのオプションサービスを紹介します。

オプションサービスの一覧と料金
「さやま光電話」基本プラン 500 円
「さやま光電話」プラスプラン 1,300 円
「さやま光電話」オフィスプラン 1,300 円
「さやま光電話」オフィスプラスプラン 1,000 円
さやま光テレビ 660 円
無線LANカード機器利用料 300 円
1ギガ対応無線LANルーター 300 円
さやま光電話対応ルーター 450 円
リモートサポートサービス 500 円

 「さやま光」では、オプションサービスが「フレッツ光」と同等にきちんと整備されており安心して長く使えるようなサービス内容になっています。

 

転用契約と新規契約の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、転用と新規という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「さやま光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

 ここでは「さやま光」のデメリットやメリットを解説していきます。

 この「さやま光」は、ケーブルテレビ事業者から提供される「コラボ光」として独自の特徴があります。

「さやま光」特徴

 

「さやま光」のデメリット

 本サービスのデメリットは、特にないように思えます。

 ただし「さやま光」は、NTT東日本エリアのみでしか利用できないためNTT西日本エリアへの引越しなどをされる方には向いていません。

 

「さやま光」のメリット

 本サービスのメリットは、地域密着型の「コラボ光」としてサポートが充実している点です。

 本ページの最上部にて、国内のケーブルテレビ局を一覧で紹介していますが、そのケーブルテレビ事業者のほとんどが業務エリアを限定しておりトラブルや問い合わせなどがあった際に、すぐ訪問できるようなエリア限定で業務をしています。

 また、光回線のみのプランだけではなくプロバイダーがパックになったプランもあり、月額利用料金については業界水準と比較してみても格安な料金設定になっていてオトクな「コラボ光」となっています。

 その他、フレッツ光で使える基本的なオプションサービスも揃っており埼玉県狭山市付近にお住まいになられている方にオススメできます。

 上記のメリットに加えて他社の「コラボ光」と違い、テレビサービスは充実しているため映像サービスを使いたいという方にもオススメです。

 

ワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「さやま光」の総合評価表
月額利用料金は?
初期費用・事務手数料は?
最低利用期間や解約費用は?
オプションサービス整備は?
独自特徴やキャンペーンは?
総合的なおすすめ度は?

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「COMRADE光 – 株式会社コムレイド」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「COMRADE光」トップ

 

 本サービス「COMRADE(コムレイド)光」は、東京都新宿区西新宿に本社を置く「株式会社コムレイド」が「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用して提供する「コラボ光」です。

 本ページでは、この「COMRADE(コムレイド)光」のメリット、デメリット、評判などを含めて提供会社の特徴やサービス詳細を徹底的に紹介していきます。

 

「株式会社コムレイド」の紹介

 まずは、サービス提供会社である「株式会社コムレイド」の紹介です。

 同社は、比較的に設立から間もない企業ですが、中小企業のオフィスアドバイザーとして様々なソリューションサービスを提供しています。

 

「株式会社コムレイド」の事業内容

 「株式会社コムレイド」は、情報通信機器産業のディストリビューターとして下記のような業務やサービスの提供を行っています。

「事務用機器及びOA機器等の企画、販売、施工、保守メンテナンス」

 複合機やオフィス家具、パソコン、プリンタや関連機器、ファイルサーバー、IP電話、 監視カメラ、VPN(拠点間接続)などあらゆるOA機器、IT商材を取扱いしており顧客のニーズに的確にマッチした最適で最高のシステム創りをご提案、ご提供。

 システム導入後も、より安全に確実に業務を行っていただけるように保守サービスもご提供。お客様との密な連携を保ちながらサービス拡充のための改修提案を行ってます。

  ◇ OA機器等の販売

  ◇ メーカー製PCの販売

  ◇ ビジネスフォン、IP電話の販売、施工

  ◇ セキュリティ対策商材

  ◇ 防犯カメラ、ネットワークカメラ販売

「オフィス設計、内装、オフィス移転」

 新規のオフィス立ち上げ&オフィス移転や現在のオフィス環境の整備、効率化も行います。オフィス環境を見直すことで、業務効率の改善やコスト削減、セキュリティの強化など様々な面で改善を図ることが可能。

 デザインから工事、電気/LAN/電話配線工事、オフィス家具からパソコン設置まで、全てワンストップで対応しています。コスト削減や期間短縮に貢献し、お客様のご希望を形にします。

  ◇ オフィスの物件探し

  ◇ 引っ越し作業

  ◇ 設計、内装工事

  ◇ 現状回復工事

「WEBサイトの企画、制作、販売」

 WEB制作における初期設計のコンサルティング・企画・制作から、サーバー契約、保守運用まですべて対応。

  ◇ コーポレートサイト制作

  ◇ ECサイト、ネットショップの制作

  ◇ WEB保守業務

「レンタルサーバー、プロバイダーの提供」

 お客様の予算とニーズに基づき、WEBサーバーとしての信頼性を兼ね備えたレンタルサーバーの提案を実現。状況に応じたインターネット回線を用意しており、信頼度の高い、厳選したプロバイダー、インターネット回線を提供し通信コストの削減を実現。

  ◇ レンタルサーバー提供

  ◇ インターネットサービスプロバイダーの提供

「クラウドサービスの企画、販売ASPサービスの運営」

 業務に必要な各種サービスを低額にて提供できるよう色々なクラウドサービスを提供。1アカウントから契約可能な商材も用意しており、お客様のコスト削減にご協力。

 

「COMRADE(コムレイド)光」の月額利用料金について

 「COMRADE(コムレイド)光」は、下記の料金から利用できるようになっております。

「COMRADE光」料金

 ◇ 一戸建て(ファミリー)プラン:4,350 円 ~

 ◇ 集合住宅(マンション)プラン:3,350 円 ~

 

「COMRADE(コムレイド)光」の契約時や解約時にかかる費用について

 上記までは「COMRADE(コムレイド)光」の月額利用料金や割引プランの詳細などを解説しました。

 ここからは「初期費用」や「工事費」などの契約時にかかる費用と「各種違約金」や「工事費残債」などの解約時にかかる費用を解説していきます。

 

「COMRADE(コムレイド)光」の初期費用(1)

契約事務手数料
新規契約の場合(フレッツ光を利用していない方) お問い合わせ
転用契約の場合(フレッツ光を利用している方) お問い合わせ

「COMRADE(コムレイド)光」の初期費用(2)

新規開通工事費
ファミリー・タイプ(一戸建て) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

〔 留意事項 〕

 ※(1)は、新規契約や転用契約のいずれにおいても発生する初期費用で、業界水準としては「1,000 円 ~ 2,000 円」です。

 ※(2)は、新規契約の場合のみにおいて発生するものです。

 ※ 「新規開通工事費」を分割払いしている場合は、解約時に残債があると解約費用として支払いをすることになります。

 

「COMRADE(コムレイド)光」の解約費用

最低利用期間
ファミリー・タイプ(一戸建て) お問い合わせ
マンション・タイプ(集合住宅) お問い合わせ

 

「COMRADE(コムレイド)光」で使えるオプションサービス

 上記まで「COMRADE(コムレイド)光」の基本的な部分の料金などを解説してきましたが、本サービスではどんなオプションサービスが利用できるのでしょうか。

 ここでは「COMRADE(コムレイド)光」を便利に使うためのオプションサービスを紹介します。

オプションサービスの一覧と料金
「COMRADE光電話」基本プラン(オフィスタイプ) 1,200 円
「COMRADE光電話」エースプラン(オフィスタイプ) 1,000 円
「COMRADE光電話」基本プラン(個人タイプ) 500 円
「COMRADE光電話」エースプラン(個人タイプ) 1,400 円

 本サービスでは、上記のオプションサービスが使えます。

 ただし「フレッツ光」で使える「リモートサポート」や「フレッツ・テレビ」と同様のオプションサービスは提供していないという点は、ひとつの比較ポイントになるでしょう。

 光回線(コラボ光)を比較検討するうえでの比較ポイントを下記で、わかりやすく紹介していますので上記までの解説を参考したうえでお役立てください。

 

転用契約と新規契約の違いって何?

 インターネット回線を利用している方、もしくは比較検討している方のために再度おさらいの意味も含めて、基本的な用語なども説明します。

 「コラボ光」のサービスを見ていると「転用」と「新規」という言葉が出てきますよね。これは何を意味するのでしょうか?

 「NTT東日本」や「NTT西日本」の光コラボレーションモデルを活用した光回線サービスである「コラボ光」を契約する場合には、転用と新規という2種類の契約方法があります。

 この用語は「光コラボレーションモデル」が開始されるまでは存在しなかったため「転用」という言葉を初めて聞く方も多いと思います。

 そこで、皆様に適切な理解を得られるように改めて解説します。

 ■ 「転用契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 ■ 「新規契約」とは

 現在「フレッツ光」を利用(契約)していない方、もしくは「フレッツ光」以外の光回線をご利用している方が、本サービスのような「コラボ光」に乗り換え契約することを言います。

 

「COMRADE(コムレイド)光」のデメリットやメリットなど特徴のまとめ

「COMRADE光」メリット

 本サービスは、同社の事業内容に関係して「法人向けのコラボ光」となっています。一般個人の方でも利用ができるようなサービス設計になっていますので、一般個人の方へもオススメです。

 下記でデメリットやメリットを解説していきますが「COMRADE(コムレイド)光」は、他社の「コラボ光」と比較して業界最安値である可能性が高いサービスとなっております。

 

「COMRADE(コムレイド)光」のデメリット

 本サービスのデメリットは、基本的に無いように見受けられます。ただし、利用者や契約者に必要な重要事項などが公式ページに無い分、不透明な点があることは否めない状況になっています。

 インターネット回線を利用する顧客のために必要な情報は、順次確認をして更新しております。お急ぎの方は、お問い合わせのうえ確認することをオススメします。

 

「COMRADE(コムレイド)光」のメリット

 本サービスは、メリットのほうが目立っています。その理由は、上記までに解説している月額利用料金です。

 もし、この月額利用料金がプロバイダーを含んだものであれば業界最安値の「コラボ光」として間違いなくオススメです。驚愕の安さと言っても良いでしょう。

 初期費用や解約費用などの重要事項が公式ページに無いことによる懸念はあると思いますが「コスト削減を希望する企業(法人)」または「光回線の乗り換え検討をしている個人顧客」には、見逃せない商品です。

 同社から請求されるサービスをすでに利用している企業(法人)において、現在「フレッツ光」を利用していれば「COMRADE(コムレイド)光」に転用することでコスト削減も期待できると同時にサービス提供がワンストップになるため管理なども簡単になります。

 本サービスのような商品が「光コラボレーションモデル」の開始により本当に数多く誕生しています。

 その数多いサービスの中でも料金重視でオススメできる「コラボ光」は、これで2つ目となります。もはや、必ずしも大手の光回線が良いとは言い切れない時代へ突入しました。それらの光回線を比較するためには、どのように比較したら良いのか?というポイントが必要になります。

 そんな比較ポイントを下記に、わかりやすく記載していますので乗り換えなどを検討している方は下記の項目を参照してください。

 

ワンポイントアドバイス

 おそらく、本サイトをご覧いただいている方は「光回線」の比較などをされている方が多いでしょう。

 そんな方に「コラボ光」を比較するうえでのワンポイントアドバイスをさせていただきたいと思います。

 自分が使うサービスを選ぶ際には、ネットでの評判や口コミだけを重視するのではなく各サービス内容をきちんと比較して契約しましょう。

 決して、評判だけに流されないことも重要です。そして、比較項目の参考は下記になりますので参考にしてください。

 

月額料金

 この月額料金を比較する際には、下記の点について確認しましょう。

 □ 「プロバイダー」込み? or 抜き?

 □ 「キャンペーン」込み? or 抜き?

 □ 「工事費の分割払い」あり? or なし?

 

初期費用

 ■ 「契約事務手数料」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費」安い? or 高い?

 ■ 「新規開通工事費の分割払い」可能? or 不可能?

 

解約費用

 □ 「最低利用期間は何ヶ月間」ある? or ない?

 □ 「最低利用期間の違約金」安い? or 高い?

 □ 「新規開通工事費の分割払い」する? or しない?

 □ 「特別な解約費用」ある? or ない?

 

その他

 ■ 「魅力的なキャンペーン」ある? or ない?

 ■ 「利用可能な提供エリアに制限」ある? or ない?

 

 上記のことを踏まえたうえで、光回線(インターネット)を利用するために必要な下記の基本的サービスが使えるのかを確認すると自分に合った良いサービスが選べると思います。

 下記は、NTT東日本やNTT西日本が「光コラボレーション事業者」へ卸提供を可能としているものですが「光コラボ事業者」の判断で提供をしないこともあります。その場合には、利用できないということはありませんが別途「NTT東西」との契約が必要になります。

 

光コラボレーションモデルの対象サービス等

光アクセス(基本)サービス
フレッツ光ネクスト ファミリータイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト ファミリーギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト ファミリースーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションハイスピードタイプ NTT東日本/NTT西日本
フレッツ光ネクスト マンションギガラインタイプ NTT東日本
フレッツ光ネクスト マンションスーパーハイスピードタイプ隼 NTT西日本
フレッツ光ライト プラスタイプ NTT東日本
オプション(付加)サービス
ひかり電話 基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 エースプラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィス基本プラン NTT東日本/NTT西日本
ひかり電話 オフィスエースプラン NTT東日本/NTT西日本
リモートサポートサービス NTT東日本/NTT西日本
フレッツ・テレビ伝送サービス NTT東日本/NTT西日本
24時間出張修理サービス NTT西日本
ホームゲートウェイ無線LANカード NTT西日本

 

「光回線コンシェルジュ」による総合評価

02l

 この総合評価については、「光コンシェルジュ」が全ての「光コラボレーションサービス」や「その他の光回線」などと独自の比較を行った総合評価です。

 上記の比較アドバイスの内容など総合的なものごとを踏まえ評価されています。

「COMRADE(コムレイド)光」の総合評価表
月額利用料金は?
初期費用・事務手数料は?
最低利用期間や解約費用は?
オプションサービス整備は?
独自特徴やキャンペーンは?
総合的なおすすめ度は?

 

 ※ 表の解説

 「◎」とても良い、「〇」良い、「△」普通、「▲」良くない、「×」とても良くない

 おすすめ度については「A」とてもおすすめ、「B」おすすめ、「C」普通、「D」要検討、「E」契約者が十分納得してから

 上記は、総合的で客観的な判断による評価に加えて業界に精通したものの見識を踏まえての評価となります。契約・利用されるお客様の状況や環境などによっては変わることがありますので参考までとしてください。

 

光コラボレーションサービスの全商品一覧比較は下記の画像をクリック!

「コラボ光」徹底比較2

 

人気の光回線はこちら

 

「auひかり」はこんな人にオススメ

・速度で悩みたくない人
・au携帯をお使いの人
・キャッシュバックで得をしたい人

「auひかり」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名

 

「U-NEXT光01」はこんな人にオススメ

・簡単にインターネットを利用したい人
・多くのキャンペーンで選びたい人
・安心なサポート体制を選びたい人

「U-NEXT光01」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫

 

「SPEEDIA光」はこんな人にオススメ

・インターネットを最安値で利用したい人
・高速インターネットをご利用したい人
・サポート体制に満足したい人

「SPEEDIA光」の申し込みはコチラから
≪ キャンペーン実施中 ≫