%e3%83%96%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89%e5%85%89

【 ブロード光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ブロード光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ブロード光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 5,180 円
 [ マンション・タイプ ] 4,080 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ブロード光 >

 現在、アンバンドルタイプ(光回線のみ)の提供はありません。

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ブロード光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ブロード光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ブロード光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 24,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ブロード光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ブロード光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 10,000 円
 [ マンション・タイプ ] 10,000 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ブロード光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 34,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 34,000 円

 

◆ 提供オプション

 < ブロード光 >

 broad光でんわ
 broad光テレビ
 ウィルスクリア(Webroot)
 broad光サポート
 データバックアップ
 Broad Wi-Fi by エコネクト
 wi2 300 Wi-Fiスポットサービス
 KINGSOFT® Office 2012
 KINGSOFT® Internet Security 2014
 KINGSOFT® Office for Android
 KINGSOFT® Mobile Security

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「ブロード光」が申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「ブロード光」では独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 ブロード光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. インターネット関連の専門会社であるため多種多様なサポートを受けられること。
 2. 月額利用料金は大手プロバイダーが提供する光コラボと同等になっていること。
 3. 電話やテレビサービスの他にセキュリティーなどの様々なオプションがあること。

 

◆ デメリット

 1. NTT西日本エリアでは利用できないこと。
 2. 新設の場合は工事費用が他社と比較して高いこと。
 3. アンバンドルタイプの提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ブロード光」は、東京都品川区東五反田に本社を置く「株式会社リンクライフ」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 同社が行う事業は、下記になります。

  ・ インターネット接続サービス
  ・ インターネット会員サービス
  ・ その他インターネット関連事業
  ・ ウォーターサーバー販売事業

 上記のように「リンクライフ」は、インターネット関連のサービス提供を行う専門会社です。近年では、ウォーターサーバーの取り扱いも始めています。

 その代表的なサービスには「Broad WiMAX」と「Broad LTE」があります。

 いずれのサービスも「MVNO(Mobile Virtual Network Operator:仮想移動体通信事業者)」の仕組み‎を活用したものになっています。

 「MVNO」を少し解説すると、下記のような仕組みです。

 「Broad WiMAX」は、KDDIグループの「UQコミュニケーションズ株式会社」が提供する「UQ WiMAX」を活用して再提供する「リンクライフ」の自社ブランドサービス。

 「Broad LTE」は、Softbankグループの「ワイモバイル株式会社(現:ソフトバンク株式会社)」が提供する「Y!mobile」を活用して再提供する「リンクライフ」の自社ブランドサービス。

 これと光コラボレーションの仕組みも同様です。

 「Broad光」は、KDDIグループの「NTT東日本・NTT西日本」が提供する「フレッツ光」を活用して再提供する「リンクライフ」の自社ブランドサービス。

 「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と光コラボレーションモデルの仕組みを再度、ご理解いただけましたでしょうか。

 その「ブロード光」の特徴などを紹介して参りましょう。

 まず、一番の比較対象になる月額利用料金は、大手のプロバイダーが提供している光コラボと同等の価格設定になっています。

 料金部分において、少しだけ他社の光コラボより高額設定なのは新設の場合に発生する「工事費」です。平均的にみると「ファミリータイプ(18,000円)」・「マンション(15,000円)」となります。

 その他に関しては、大きな特徴はないものの今後に期待したいのは「Broad光」と「Broad WiMAX」や「Broad LTE」のセット割プランがあると良いかもしれませんね。

 業界を驚かせるほどサービスプランを提供してほしいものです。

 現在は、タブレットやスマートフォン、ノートPCなどの普及により「光回線(Broad光)」と「モバイルインターネットサービス」の両方を契約する方も多いです。

 ただし、通常の契約において2つのサービスを使うとどうしても10,000円前後になってしまいます。

 「リンクライフ」なら、新しい革新的なプランを提供してくれることでしょう。期待の光コラボとしてナンバーワンです。

 

 

【 ブロード光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ブロード光の口コミ

 「ブロード光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ブロード光の公式情報 】

◆ Broad光/重要事項説明

 Broad光 重要事項説明書

 

◆ Broad光/株式会社リンクライフ

Broad光 公式ページ|Broad光

株式会社Link Life 会社概要|株式会社Link Life