ドコモ光

「ドコモ光 – 株式会社NTTドコモ」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

ドコモ光トップ

 「docomo光(ドコモ光)」は、言わずと知れた日本電信電話株式会社(NTT)の子会社である「株式会社NTTドコモ(エヌティティドコモ)」が提供する光回線(コラボ光)サービスです。

 この「ドコモ光」は、携帯電話やスマートフォンとのセット割により人気の光コラボレーションサービスとなっており、携帯電話の市場シェアに比例して光コラボレーション業界においても最大の加入者を誇ります。

 しかし、その料金プランは「光コラボレーションサービス」の中でも最も複雑であり「わかりづらい」という声も多く、加入者が多すぎるあまり工事に遅れが発生したり、よく理解せずに契約をして解約する方も少なくないようです。

 ただし、そのサービス内容を理解しドコモのスマホや携帯を持っていれば、おすすめ度が高いことは間違いないと言えます。

 その「ドコモ光」には、「Aプラン」・「Bプラン」・「Cプラン」・「単独プラン」と多くの契約タイプが存在していて提携のプロバイダーも限定されているというのが、全体的な一つの特徴でもあります。

 上記のプランは、利用するプロバイダーによって変わり料金も異なりますので慎重に選びたいですね。

 では下記からは今、最も利用者が多い「ドコモ光」の詳細を解説していきましょう。

 

「ドコモ光」の料金について

「ドコモ光」マンションタイプ
ドコモ光マンション

「ドコモ光」ファミリータイプ
ドコモ光ファミリー

 「docomo光」には、「Aプラン」・「Bプラン」・「Cプラン」・「単独プラン」と4種類の契約タイプがあり、それぞれのタイプで料金が異なります。

 また、おトクな「ドコモ光セット割」と「ずっとドコモ割」という割引サービスプランもあるため「ドコモ」の携帯電話やスマートフォンをお持ちの方に、おすすめと言えます。

「ドコモ光」戸建住宅タイプの月額料金:5,000 円 ~

「ドコモ光」集合住宅タイプの月額料金:3,800 円 ~

docomo光(ファミリー・タイプ)
戸建住宅タイプ Aプラン 5,200 円
戸建住宅タイプ Bプラン 5,400 円
戸建住宅タイプ Cプラン 提携のCATV事業者により異なる
戸建住宅タイプ 単独プラン 5,000 円
docomo光(マンション・タイプ)
集合住宅タイプ Aプラン 4,000 円
集合住宅タイプ Bプラン 4,200 円
集合住宅タイプ Cプラン 提携のCATV事業者により異なる
集合住宅タイプ 単独プラン 3,800 円

 

「ドコモ光セット割」&「ずっとドコモ割」

 「ドコモ光セット割」&「ずっとドコモ割」を利用する場合には、下記の条件が必要です。

条件1:「ドコモ光」と「カケホーダイプラン(スマホ/タブレット)」、「カケホーダイプラン(ケータイ)」、「カケホーダライトプラン/データプラン(スマホ/タブレット)」、「データプラン(モバイルWi-Fiルーター)」をご契約のお客様。

条件2:「カケホーダイプラン(スマホ/タブレット)」、「カケホーダイプラン(ケータイ)」、「カケホーダライトプラン/データプラン(スマホ/タブレット)」、「データプラン(モバイルWi-Fiルーター)」をご契約のお客様。

  ※ 条件1は「ドコモ光セット割」&「ずっとドコモ割」を同時に適用させるための条件です。
  ※ 条件2は「ずっとドコモ割」を適用させるための条件です。

 以上の条件を満たせば、利用している携帯電話・スマートフォン・タブレットの月額料金から、

対象サービス1契約あたり「最大 5,700 円/月」+「2年間 5,700 円 ~ 800 円/月」最大 5,700 円 ~ 800 円×台数

 の割引が受けられます。この「ドコモ光」に関する割引サービスは、下記の項目が影響してきます。

 ・携帯電話やスマートフォンの契約パケットパック

 ・携帯電話やスマートフォンの累計契約期間

 ・携帯電話やスマートフォンの契約台数

おトクなドコモ光セット割+ずっとドコモ割

家族向けのパケットパック(シェアパック)
ウルトラシェアパック100(100GB) 25,000 円
ウルトラシェアパック50(50GB) 16,000 円
シェアパック15(15GB) 12,500 円
シェアパック10(10GB) 9,500 円
シェアパック5(5GB) 6,500 円
ひとり向けのパケットパック(データパック)
ウルトラデータLLパック(30GB) 8,000 円
ウルトラデータLパック(20GB) 6,000 円
データMパック(5GB) 5,000 円
データSパック(2GB) 3,500 円
らくらくスマートフォン向けのパケットパック(らくらくパック)
らくらくパック(200MB) 2,000 円
ドコモ ケータイ向けのパケットパック(ケータイパック)
ケータイパック(2GB) 300 円 ~ 4,200 円

 上記のようにドコモの携帯電話やスマートフォンを契約する際には、様々なニーズに対応した「基本プラン」とは別に「パケットパック」というものがあります。

 「ドコモ光セット割」&「ずっとドコモ割」を利用するうえでの重要なポイントは、この「パケットパック」で「パケットパック」と「利用期間」に応じた割引が適用されます。

 ドコモ光を契約・利用する前には、まず契約している携帯電話やスマートフォンの「パケットパック」と「利用期間」を確認しましょう。

 そのあとに、いよいよドコモ光の「Aプラン」・「Bプラン」・「Cプラン」・「単独プラン」という光回線のプランを決めることがベストです。

 家族で、ドコモの携帯電話やスマートフォンがあれば「ドコモ光」の利用がおすすめですが、利用者が最も多い光コラボレーションサービスですので開通(利用開始)まで時間がかかるという点だけ我慢が必要だと思います。

ドコモ光の申し込みはコチラから

 

「ドコモ光」の回線速度

speedtest

 現在、光コラボレーションサービスの利用者数においては「ドコモ光」が圧倒的なシェアを誇っています。

 その速度に関しては、利用者の環境によっても違いが出ますが、あまり悪い評判はないように思えます。

 ドコモの携帯ユーザーにとっては、フレッツ光をそのまま利用しているよりは断然お得になるので「フレッツ光」ユーザーは「ドコモ光」への転用契約をおすすめします。

 

「ドコモ光」の回線速度に関する口コミや評判

 

 現在、評判に関しては特別悪いということはないようです。

 ただし、新規契約の場合における工事の遅延や他社の光コラボレーションサービスと比べてプロバイダーの選択肢があるため悩まれる方も多いようです。

 光回線の速度に関しては、ベストエフォート型サービスとして提供されていますので利用者の様々な環境によって通信スピードが大きく違ってくることはよくあることです。

 よくある原因としては、ドコモ光の上記にある評判でも該当しておりますが「接続機器の種類・設定」「パソコンの性能」に加えて「ウイルスや常駐ソフトなど」が考えられます。

 また、回線速度が遅いと感じた場合には光回線設備ではなくプロバイダーが原因であることが多いです。ドコモ光では下記のプロバイダーを選択できるので、評判が良いプロバイダーを選択することもひとつの工夫でしょう。

 最善の策として、速度が遅くなって困ったら利用者が少ない光回線や光コラボを利用することがおすすめです。

 

「ドコモ光」は通信速度が速いのか!?

ドコモ光プロバイダー

 「ドコモ光」のプランA&プランBでは、プロバイダーを選ぶことができドコモ光が遅いとか速いとかではなく選ぶプロバイダーや利用する無線ルーター、そしてパソコン機器などの内部状況によって変わります。

 当サイトを利用しているお客様などの声を聞くと地域や場所によって差が出る可能性はありますが基本的に他の光回線と同じくらいの速度のようです。

 その理由は「ドコモ光」の回線設備は、フレッツ光と同じだからです。

net_speed

 また、数多く存在している光コラボレーションサービスの中で「ドコモ光」が最も加入者が多く人気だと言えます。

ドコモ光の申し込みはコチラから

 

気になるキャンペーン情報

ドコモ光キャンペーン

 お申し込みいただいた方への特典は下記になります。当窓口だけの独自キャンペーンも多くあり大好評です。

「ドコモ光」dポイント/dTVターミナルプレゼントキャンペーン

 ドコモ光の新規・転用をお申込みいただいた方に、dポイント5,000ptまたはdTVターミナルをプレゼント!

「ドコモ光」新規工事料キャンペーン

 期間中ドコモ光の新規をお申込みいただいた方の工事料が無料となります。

光★複数割

 離れて暮らす家族がいる場合にドコモ光をシェアグループとして複数契約すると月額料金が、さらに割引されます。

「ドコモ光」期間限定割引

 データSパックや旧料金プランなどでドコモ光にご加入いただくお客様に対して月額料金の割引が適用されます。

ドコモ光とdカードGOLDのご利用でさらにおトクに!

 ドコモ光とdカードGOLDをご契約で、ドコモのご利用料金1,000円につき100ポイントが貯まります!

おトクなドコモ光セット割

 ドコモ光とドコモの携帯電話やスマートフォンをセットで契約することにより受けられる割引サービスです。

おトクなずっとドコモ割

 ドコモの携帯電話やスマートフォンを長期間利用することにより割引が適用されるものです。

 

キャンペーン名 還元金額 還元条件
「ドコモ光」dポイント/dTVターミナルプレゼントキャンペーン dポイント5,000ptまたはdTVターミナルをプレゼント! ドコモ光の新規・転用をお申込みいただいた方
「ドコモ光」新規工事料キャンペーン ドコモ光の工事料が無料(最大18,000円) ドコモ光の新規申し込みをいただいた方
光★複数割 複数契約すると月額料金が500円割引 ドコモ光をシェアグループとして複数契約すること
ドコモ光セット割 ご請求料金から最大3,200円割引 ドコモ光とドコモの携帯電話やスマートフォンをセットで契約している方
ずっとドコモ割 ご請求料金から最大2,500円割引 ドコモの携帯電話やスマートフォンを割引が適用される期間利用している方

*表は横にスライドします

 現在、数多く提供されている光回線(光コラボ)の中でも圧倒的な利用者数を誇るドコモ光ですが、ドコモの携帯電話やスマートフォンを利用している方には必見の光回線サービスとなっています。

 キャッシュバックなどの直接、現金が貰える特典は少ないものの還元されるポイントや割引などは喜ばれているようです。

 キャンペーンは、期間限定のものが多いので割引がされるうちに契約することをオススメします。

 

「ドコモ光」の「回線速度や評判」のまとめ

 1.「ドコモ光」は、ドコモの携帯電話やスマートフォンを利用している方に特におすすめ!

 2.困った際には、日本全国どこにでもあるドコモショップにてサポートがいつでも受けられる!

 3.プロバイダーの選択肢が多く好きなインターネット環境を自分で決められる!

 総合的な評価は、上記のとおりになります。

 他の光回線(光コラボ)と比較しても、CMなどによる認知度や評判の良さは抜群のようです。

 高額キャッシュバックも利用者にとっては、嬉しい内容になっており光回線サービスの乗り換えなどで迷われている人は「ドコモ光」が安心して長くお得に利用できるでしょう。

ドコモ光の申し込みはコチラから

 

 

「ドコモ光」-「株式会社NTTドコモ」 重要事項説明書

 

>> TOPページへ

 

株式会社NTTドコモが提供するドコモ光の重要事項説明書です。とにかく、一番ややこしいので特に確認をしてください。

 

「ドコモ光」は、NTT東日本・NTT西日本が提供するフレッツ光などの卸提供を受け、当社がお客さまに提供する光ブロードバンドサービス。「ドコモ光」は、NTT東西のフレッツ光が提供されるエリアでご利用いただけます。また、お客さまが現在ご契約中のNTT東西のフレッツ光から「ドコモ光」へ切り替えることができます。なお、設置場所の変更を伴う、移転はできません。転用時の名義は原則、 NTT東西のフレッツ光と同一名義とさせていただきます。

 

「ドコモ光」契約後、NTT東西のフレッツ光などを再度契約する場合、または他事業者の光ブロードバンドサービスをご契約する場合、「ドコモ光」の解約および他事業者サービスの新規開通工事・機器変更が必要となります。その場合、「ドコモ光」の解約に伴い、「ドコモ光」契約時のご契約ID(お客さまID)は使用できなくなります。また、NTT東西のひかり電話をご利用の場合、ご利用中の電話番号が変更となる場合があります。

 

「ドコモ光」と対となる携帯電話回線を設定する場合、「ドコモ光」1契約につき、当社の携帯電話回線1契約の設定が可能です。なお、ペア回線として指定する回線の料金プランは「ドコモ光」対象料金プランに限ります(「ドコモ光」対象料金プランについては、ドコモ光ホームページでご確認いただけます)。ペア回線を設定する場合、「ドコモ光」と携帯電話回線のご契約名義は同一名義にしていただく必要があります。ペア回線の変更に伴って名義が変わる場合およびペア回線の名義変更を行う場合は、原則「ドコモ光」の名義も同一のものに変更していただきます。

 

お客さまへは、後日主なご契約内容をご確認いただけるようご利用開始日(工事日)までに「開通のご案内」を「ドコモ光」設置場所住所へ、ご利用開始日(工事日)以降に「ドコモ光 契約申込書(控え)」を「ドコモ光」契約者住所へお送りします。なお、フレッツ光から転用されるお客さまで、ドコモ光の設置場所利用者名と転用前のフレッツ光契約者名が異なる場合、「開通のご案内」は転用前のフレッツ光契約者名宛てに送付されます。ドコモ光のお申込内容に確認が必要で、お客さまとご連絡が取れずサービスの提供開始ができない場合、一定期間をもってお申込をキャンセルとさせていただく場合があります

 

pdf ocn.pdf (0.49MB)

pdf docomohikari_notice.pdf (1.89MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

 

スポンサーリンク




 

ライター:戸澤順一

「報道資料」-「NTTドコモ」 コラボ光に関連する固定電話事業参入とテレビサービスの開始

 

>> TOPページへ 

 

本日は、ドコモ光に関連するお知らせです。しかし、このニュースを見てビックリしました。今まで、十年ほど通信事業へ関わってきたためか(ドコモが固定電話サービスを始めても)驚くことはなかったのだが「NTTドコモ」が「固定電話事業」へ参入という報道を見て、ニュースにするほどのことなのか?という疑問を抱いてしまいました。でも、よく考えたら携帯電話会社専門の法人です。理解するまで時間がかかりましたが、ニュースにする意味が少しわかりました。そのニュースとは、下記になります。

 

2016年4月13日にNTTドコモは「ドコモ光電話」および「ドコモ光テレビオプション」を提供開始すると発表しました。株式会社NTTドコモは、コラボ光ブロードバンドサービス「ドコモ光」を用いた固定電話サービス「ドコモ光電話」およびテレビ視聴サービス「ドコモ光テレビオプション」を、2016年4月20日から提供開始するようです。「ドコモ光電話」は、「03」等から始まる電話番号をご利用いただける固定電話サービスで、基本使用料が安くシンプルな「ドコモ光電話(月額500円)」と、基本使用料に無料通話分と6つの付加サービス(通話中着信、転送でんわ、発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメール)を含む「ドコモ光電話バリュー(月額1,500円)」の2つからお選びいただけます。NTT東日本・NTT西日本の加入電話や「ひかり電話」等への通話料が、距離に関わらず全国一律3分8円でご利用可能です。

 

「ドコモ光テレビオプション」は、「ドコモ光」を用いたテレビ視聴サービスで、新たにアンテナ等を設置することなく地上デジタル放送と一部のBSデジタル放送が月額660円でご視聴いただけます。また、ドコモは全国のドコモショップ等で「スカパー!」商品の販売を開始いたします。「ドコモ光テレビオプション」をご契約のお客さまが「スカパー!」の商品を別途ご契約いただくと、「ドコモ光」を通じて「スカパー!」のチャンネルをお楽しみいただけます。アンテナが不要のため受信状況が天候に影響されず、複数台のテレビで同時にご視聴が可能です。加えて、現在NTT東日本・NTT西日本が提供する「ひかり電話」「フレッツ・テレビ伝送サービス」をご利用中のお客さまが「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」にご加入いただく場合、工事不要で電話番号や電話機をそのままご利用いただけます。

 

スポンサーリンク





 

これにより、ドコモは携帯電話・スマートフォンと光ブロードバンドサービスに加え、固定電話サービスやテレビ視聴サービスについてもご提供できるため、お客様はお問い合わせからアフターサポートまでドコモに一本化することが可能です。ドコモは、お客様が「ドコモ光」をおトク、簡単、便利にご利用いただけるよう、今後も様々なサービスを提供していくとしている。

 

これは、光コラボレーションモデルを利用したことによる光回線以外のサービスです。光コラボレーションモデルでは、「光回線」以外の卸売も行っています。すでに、「ドコモ光電話」のように他の光コラボ事業者では「・・・・電話」という形でサービスリリースをしています。ドコモは遠慮をしたのか?実質、他社に比べて遅れをとった形になります。この電話サービスとテレビサービスですが、「フレッツ光」の利用者ならわかると思います。「ひかり電話」と「フレッツテレビ」のことです。NTT東西から卸売を受けたコラボ事業者は、これに自社の名前を付けたり独自の名前を付けて販売することが可能です。ただ、フレッツという名前だけは使えません。これは、NTT東西の登録商標なので。

 

そして、このニュースを見て気が付いていただけたらと思いますが、光コラボレーション事業者は必ずしもフレッツと同様に使えるわけではないのです。「光回線のみ」を卸提供受けて、「ひかり電話」や「テレビサービス」に関しては従来のままNTTより提供される場合もあります。各企業へお確かめのうえお申し込みするようにしてください。

 

ドコモ光への商品ページには、右下の一覧比較からご覧いただけます。

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一