%e3%82%a4%e3%83%bc%e5%85%89

【 イー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < イー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < イー光 >

 現在、バンドルタイプ(光回線とプロバイダーのパックプラン)の提供ありません。

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < イー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,250 円
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < イー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < イー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < イー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < イー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < イー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < イー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < イー光 >

 eひかり電話
  ・ eひかり電話 オフィス

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「イー光」が使えます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「イー光」では独自のキャンペーンを実施しておりません。

 

 

【 イー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 2. NTT東西の光回線と光電話よりも安価な料金設定によりコスト削減が期待できること。
 3. 解約時の違約金がないこと。

 

◆ デメリット

 1. 法人向けの光コラボとして一般個人のお客様は利用ができないこと。
 2. アンバンドルタイプのみの提供であること。
 3. 月額料金以外のサービス概要が問い合わせ対応であること。

 
 

◆ 総評

 本サービス「イー光」は、埼玉県さいたま市南区神明に本社を置く「株式会社 日本通信建設工業」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「日本通信建設工業」では、「通信」・「印刷」・「事務用品」・「電気」・「水道」・「セキュリティ」などに関連した各種コンサルティングを行っており、「システム開発」や「スマートフォン開発」などのソフトウェアを提供しています。

 「イー光(e光)」という商品名の由来は、日本通信建設工業のグループ会社として存在する「株式会社データリンク」が提供している「イー・サプライ(e-SUPPLY)」と関連しています。

 この「データリンク」では、「オフィス用品全般」・「化粧品、健康関連商品」の通信販売をwebサイトを通じて行っています。

 現在、この通信販売と光回線の組み合わせによるサービス提供や特典などはありませんが、利用者としては今後は何か期待したくなりますね。

 さて、「イー光(e光)」の特徴などを紹介していきましょう。

 「イー光」は、一般個人のお客様が完全に利用できないわけではないが、基本的に法人向けの光コラボとして提供されています。

 最大の特徴は、法人・企業様にとって本サービスを利用することによりコスト削減が期待できることです。

 「フレッツ光」は、日本で圧倒的にシェアを獲得している光回線サービスですが、最大値引き後の料金より「イー光(e光)」のほうが安価な設定になっているのです。

 また、光電話サービスに関しても同様です。通話料が0.2円/分から1円/分もNTT東西の光電話より安価な設定になっています。

 これらの特徴によって、経費削減が期待できる法人向けの光コラボとなっています。

 今後、最も期待をしたいのはどこかの企業が行っているスーパーセールみたいな形で、グループのデータリンクが提供する「イー・サプライ」との組み合わせサービスができると良いですね。

 簡単な仕組みとしては「イー光」を契約しているお客様が「イー・サプライ」で商品購入をする場合、全ての商品が10%割引になるとか。

 そうした場合、相乗効果が期待できそうです。

 法人向けの光コラボは「イー光」の他にもたくさんのサービスがありますので、ぜひ比較をして自社にあった光コラボで経費削減をしてみてください。

 本サービスには、もうひとつ利用者にとって嬉しい特徴がありましたので最後に紹介しますが、本サービスは解約時の違約金がありません。

 

 

【 イー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ イー光の口コミ

 「イー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 イー光の公式情報 】

◆ e光/重要事項説明

 e光 重要事項説明書

 

◆ e光/株式会社 日本通信建設工業

e光 公式ページ|e光

株式会社 日本通信建設工業 会社概要|株式会社 日本通信建設工業