【 フレックス光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < フレックス光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < フレックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,980 円
 [ マンション・タイプ ] 3,910 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < フレックス光 >

 現在、アンバンドルタイプ(光回線のみ)の提供はありません。

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < フレックス光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < フレックス光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < フレックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 24,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < フレックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < フレックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < フレックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円

 

◆ 提供オプション

 < フレックス光 >

 フレックスひかり電話
 フレックス光テレビ
 リモートサポート
 ウイルスセキュリティ
 バックアップPC
 データ復旧

 

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「フレックス光」が使えます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「フレックス光」では独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

【 フレックス光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 2. 最低利用期間や解約事務手数料が無料であること。
 3. 他社の光コラボと比べて割安であること。

 

◆ デメリット

 1. 新設の場合における工事費の価格が他社と比べて割高であること。
 2. 利用料金が今後あがらないか心配であること。
 3. アンバンドルタイプの提供がないこと。

 

 
 

◆ 総評

 本サービス「フレックス光」は、東京都豊島区西池袋に本社を置く「株式会社フレックス」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「フレックス」では、「電話回線コンサルティング業務」・「通信機器販売」・「WEBコンサルティング」・「OA機器や設備販売」・「店舗内装」・「車輌販売」・「各種ファイナンス事業」の事業を行っています。

 基本的には、法人向けのサービスを提供しており「オフィスの通信コスト削減と時代を先駆けるWEB戦略」の提案をしています。

 その「株式会社フレックス」が提供する「フレックス光」のサービス詳細は、どのような内容なのか紹介していきます。

 最初に気になったことがありますので、その点から説明しましょう。

 何が気になったのかというと、契約約款の公開がないので定かではありませんが「フレックス光」は「U-NEXT光」の可能性があるということです。

 「フレックス」では、映像コンテンツ事業を行っているということも関係がありそうですね。

 何より、サービス詳細が「U-NEXT光」と同等の内容になっています。

 そこで、さらに気になるのは「U-NEXT光」のように月額料金をあげることはないのだろうかという点です。

 「U-NEXT」では、光コラボレーションサービスの提供開始から1年半ほど経過した2016年の夏過ぎ月額利用料金を上げるという改定を行っています。

 契約後に突然、料金が上がると契約者としては少し嫌ですよね。「フレックス光」では、そんなことはないと思いますが。

 ただ、そんな「フレックス光」には誰もが喜ぶサービス内容があります。

 それは「最低利用期間」や「解約金」の設定がなく解約時の負担は限りなくゼロというポイントです。

 新設の場合は、新規開通工事が発生するので新設工事費を分割払いすると上記には、該当しませんが転用の場合には工事費が発生しません。

 解約時のハードルが低い(無料)光コラボは、数少ない貴重な光回線です。

 新設の場合でも最初の工事費を一括払いしてしまえば、上記に該当しますので当たり前になっている工事費の分割払いを時と場合によっては考えたほうが良いですね。

 「フレックス光」の他の特徴としては「ひかり電話」・「光テレビ」・「リモートサポート」・「ウイルスセキュリティ」・「バックアップPC」・「データ復旧」などのオプションがきちんと備わっているというところです。

 光コラボの中には、純粋に光回線だけを提供する事業者も多いんですが、この場合さほど利用ユーザーに対するメリットがありません。

 「光回線」・「プロバイダー」・「光電話」・「光テレビ」に加えて「付加価値サービス」を揃えていることで大きな効果を発揮します。

 「フレックス光」は、転用契約する場合におすすめです。

 新設の場合には、工事費が他社より10,000円ほど高いケースもあるので要検討・比較すると良いでしょう。

 

 

【 フレックス光を利用した人の口コミ 】

 

◆ フレックス光の口コミ

 「フレックス光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 フレックス光の公式情報 】

◆ FLEX光/重要事項説明

 FLEX光 重要事項説明書

 

◆ FLEX光/株式会社フレックス

FLEX光 公式ページ|FLEX光

株式会社フレックス 会社概要|株式会社フレックス

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】