%e3%83%95%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%83%81%e3%83%a3%e3%83%bc%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%85%89

【 フューチャーイン光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < フューチャーイン光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < フューチャーイン光 >

 現在、バンドルタイプ(光回線とプロバイダーのパックプラン)の提供はありません。

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < フューチャーイン光 >

 [ ファミリー・タイプ(スーパーハイスピード1G) ] 4,250 円
 [ ファミリー・タイプ(ハイスピード200M) ] 4,250 円
 [ ファミリー・タイプ(スタンダード100M) ] 4,250 円

 

 [ マンション・タイプ(スーパーハイスピード1G ミニ) ] 3,850 円
 [ マンション・タイプ(スーパーハイスピード1G プラン1) ] 3,150 円
 [ マンション・タイプ(スーパーハイスピード1G プラン2) ] 2,750 円
 [ マンション・タイプ(ハイスピード ミニ) ] 3,850 円
 [ マンション・タイプ(ハイスピード プラン1) ] 3,150 円
 [ マンション・タイプ(ハイスピード プラン2) ] 2,750 円
 [ マンション・タイプ(スタンダード ミニ) ] 3,850 円
 [ マンション・タイプ(スタンダード プラン1) ] 3,150 円
 [ マンション・タイプ(スタンダード プラン2) ] 2,750 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < フューチャーイン光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < フューチャーイン光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < フューチャーイン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < フューチャーイン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < フューチャーイン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < フューチャーイン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < フューチャーイン光 >

 フューチャーインひかり電話

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「フューチャーイン光」が使えます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「フューチャーイン光」では独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 フューチャーイン光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 2. 光電話の通話料と基本料が通常より安いこと。
 3. 個人のお客様も法人のお客様もコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. アンバンドルタイプの提供のみであること。
 2. 解約時の料金に関する規約が不明であること。
 3. オプションサービスの提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「フューチャーイン光」は、愛知県名古屋市千種区内山に本社を置く「株式会社フューチャーイン」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「フューチャーイン」の主な事業については、コンピュータおよびコンピュータ関連機器の販売並び各種システムやサービスの提供になっています。

 同社のグループ会社には「シーキューブ株式会社」が存在しており、その役員以上の経歴には驚かされてます。

 ほとんどの人員が、NTT西日本やメガバンクの管理職以上の人間が役員に名を連ねています。NTT東西との連携が取れやすいという強みがありますね。

 さて、その「フューチャーイン光」の特徴を紹介します。

 この光コラボサービスは基本的に、法人向けの光コラボと言ってよいでしょう。

 もちろん、一般個人のお客様も利用できるようなサービス設計にはなっています。

 「フューチャーイン光」の最も特徴的なポイントは、光電話の通話料金・基本料金が「フレッツ光」で提供する光電話の通話料金・基本料金より安価な設定になっているところです。

 通話料に関しては、1円/分ほど安い形で利用でき、基本料金に関しては数百円も安いです。

 その他、月額利用料金については通常の「フレッツ光」と同様にファミリータイプとマンションタイプに分かれていることに加えて、マンションタイプも「プランミニ・プラン1・プラン2」と料金が分かれています。

 これにより、光回線部分のコスト削減と光電話のコスト削減が同時に図れるような光コラボとなっているため、徐々に利用者は拡大してきそうです。

 ただし、それ以外の部分におけるリモートサポートや各種オプションサービスの提供は、同社からはないため利用できなくなるサービスや継続するためには、引き続きNTT東西との契約を続行する必要があるため、請求がバラバラになる可能性もあります。

 それでも、通話料部分において経費削減が期待できるのは嬉しいですね。

 今は、一般家庭における固定電話の使用率が低くなったため一般家庭にとっては大きな効果は見込めませんが、企業や法人の場合は違います。

 規模にもよりますが、法人や企業においての通話料金は一ヶ月に数十万から数百万円ほどかかることも多いです。

 その部分に手を打てるというのも、また光コラボサービス全体の特徴でもあります。

 ぜひ、経費削減を検討しているお客様は「光コラボ」への転用を比較検討してみてください。

 「フューチャーイン光」の月額料金以外の部分はお問い合わせという形になっていますので、気軽に問い合わせしてみましょう。

 

 

【 フューチャーイン光を利用した人の口コミ 】

 

◆ フューチャーイン光の口コミ

 「フューチャーイン光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 フューチャーイン光の公式情報 】

◆ Futureinn光/重要事項説明

 Futureinn光 重要事項説明書

 

◆ Futureinn光/株式会社フューチャーイン

Futureinn光 公式ページ|Futureinn光

株式会社フューチャーイン 会社概要|株式会社フューチャーイン