光コラボレーション代理店

「my GAMECITY光 – 株式会社コーエーテクモゲームス」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%9e%e3%82%a4%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0%e3%82%b7%e3%83%86%e3%82%a3%e5%85%89

【 マイゲームシティ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < マイゲームシティ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ(東日本エリア)

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 6,500 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 5,150 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,550 円
 [ マンション・タイプ (2)] 4,150 円

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 6,250 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 4,950 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,400 円
 [ マンション・タイプ (2)] 4,000 円

 

 < マイゲームシティ光 > にねん&3ねん割プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,580 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 4,830 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,230 円
 [ マンション・タイプ (2)] 3,830 円

 < マイゲームシティ光 > にねん&3ねん割プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,330 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 4,630 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,080 円
 [ マンション・タイプ (2)] 3,680 円

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ(西日本エリア)

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 6,250 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 4,950 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,400 円
 [ マンション・タイプ (2)] 4,000 円

 

 < マイゲームシティ光 > にねん&3ねん割プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,330 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 4,630 円
 [ マンション・タイプ (1)] 4,080 円
 [ マンション・タイプ (2)] 3,680 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ(東日本エリア)

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,300 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,950 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,350 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,950 円

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,050 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,750 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,200 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,800 円

 

 < マイゲームシティ光 > にねん割プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 4,600 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,850 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,250 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,850 円

 < マイゲームシティ光 > にねん割プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 4,350 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,650 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,100 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,700 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ(西日本エリア)

 < マイゲームシティ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,050 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,750 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,200 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,800 円

 

 < マイゲームシティ光 > にねん割プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,350 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,650 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,100 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,700 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < マイゲームシティ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 820 円
 [ マンション・タイプ ] 820 円

 

 < マイゲームシティ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,840 円
 [ マンション・タイプ ] 1,840 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < マイゲームシティ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 15,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < マイゲームシティ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 15,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < マイゲームシティ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < マイゲームシティ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 27,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,500 円

 

◆ 提供オプション

 < マイゲームシティ光 >

 Mリモートサポート

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「マイゲームシティ光」が使えます。

 

◆ キャンペーン

 「マイゲームシティ光」では、ゲーム内にて使えるアイテムやコインが貰える独自のキャンペーンを実施しております。

 

 

【 マイゲームシティ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. コーエーテクモが提供するゲーム内にて使えるアイテムやコインが貰えること。
 2. マンションタイプは業界最安値級であること。
 3. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。

 

◆ デメリット

 1. 光回線とプロバイダーの契約期間に1年のずれがあること。
 2. 光電話や光テレビなどの提供がないこと。
 3. コーエーテクモのゲームを利用するお客様向けの光コラボであること。

 
 

◆ 総評

 本サービス「マイゲームシティ光」は、神奈川県横浜市港北区箕輪町に本社を置く「株式会社コーエーテクモゲームス」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「コーエーテクモゲームス」は、家庭用ゲーム機のゲームソフトやオンラインゲームなどを企画開発・提供する企業です。

 主な事業内容は、下記となります。

  ・ パーソナルコンピュータ、家庭用ビデオゲーム機用ソフトウェアの企画/開発/販売
  ・ オンラインゲーム、モバイルコンテンツの企画/開発/運営
  ・ イベントの企画/運営
  ・ CD、グッズの企画/制作/販売
  ・ ゲーム関連書籍の企画/制作/販売

 この「コーエーテクモゲームス」が提供する光コラボ「マイゲームシティ光」とは、どんなサービスなのか紹介して参りましょう。

 まず最初に、本サービスの最大の特徴でもあるポイントをお伝えします。

 それは「マイゲームシティ光」が、Marubeni光のpowered byサービスであるという点です。

 「Marubeni光」とは、丸紅テレコム株式会社が提供している光コラボレーションサービスであり「丸紅テレコム」では、他社と提携をして再卸モデルによる提供に力を入れています。

 再卸モデルというのは、下記のような仕組みです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)
  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)
  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)
  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)
  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記の特徴により、基本的な部分においては「Marubeni光」と一緒になります。

 違いがあるとすれば「マイゲームシティ光」を利用することによる独自の特典が付与されるというところです。

 その特典とは、「コーエーテクモゲームス」が提供している「大航海時代Ⅴ」、「信長の野望 201X」、「大航海時代 Online」、「真・三國無双 Online Z」というゲーム内で使えるアイテムとセットで最大10,000円相当のGCコインが貰える特典です。

 その他は「Marubeni光」と同様ですが「Marubeni光のpowered byサービス」には、きちんと確認したうえで契約する必要があるポイントがあります。

 その確認すべき点は、契約期間です。

 光回線のみ(アンバンドルタイプ)の契約をする場合は、特に気にする必要はありません。

 ただし、光回線とプロバイダーのセット(バンドルタイプ)契約をする場合には、下記を認識したうえで契約しなければ管理が大変です。

  ・ 光回線サービス「Marubeni光」の契約期間:2年(24ヶ月)

  ・ プロバイダーサービス「MarubeniBB」の契約期間:3年(36ヶ月)

 この点を理解して契約しないと実質6年間の縛りを受けることになります。

 「マイゲームシティ光」は、「コーエーテクモゲームス」の主要タイトルである下記のゲームをする方におすすめでしょう。

  ・ 「アトリエ」
  ・ 「アルゴスの戦士」
  ・ 「ウイニングポスト」
  ・ 「ギャロップレーサー」
  ・ 「三國志」
  ・ 「ジルオール」
  ・ 「ジーワンジョッキー」
  ・ 「太閤立志伝」
  ・ 「デッド オア アライブ」
  ・ 「忍者龍剣伝(NINJA GAIDEN)」
  ・ 「ネオロマンス」
  ・ 「信長の野望」
  ・ 「無双(真・三國無双)」
  ・ 「戦国無双」
  ・ 「無双(OROCHI)」
  ・ 「モンスターファーム」
  ・ 「零」

 また、マンションタイプは特におすすめです。

 

 

【 マイゲームシティ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ マイゲームシティ光の口コミ

 「マイゲームシティ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 マイゲームシティ光の公式情報 】

◆ my GAMECITY光/重要事項説明

 my GAMECITY光 重要事項説明(東日本)

 my GAMECITY光 重要事項説明(西日本)

 

◆ my GAMECITY光/株式会社コーエーテクモゲームス with 丸紅テレコム株式会社

my GAMECITY光 公式ページ|my GAMECITY光

株式会社コーエーテクモゲームス 会社概要|株式会社コーエーテクモゲームス

丸紅テレコム株式会社 会社概要|丸紅テレコム株式会社

 

「ハロー光 – 北海道エア・ウォーター株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%8f%e3%83%ad%e3%83%bc%e5%85%89

【 ハロー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ハロー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 5,180 円
 [ マンション・タイプ ] 4,180 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,480 円
 [ マンション・タイプ ] 3,480 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ハロー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ハロー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 15,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 15,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ハロー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ハロー光 >

 リモートサポート

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「ハロー光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 「ハロー光」では、同社が提供するLPガスとセット契約することで電子マネーWAON(ワオン)が付与される独自のキャンペーンを実施しております。

 

 

【 ハロー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. LPガスとのセット契約によりお得に利用できること。
 2. サービス内容がシンプルになっていること。
 3. キャンペーンを利用することで初期費用が無料になること。

 

◆ デメリット

 1. LPガスとのセット契約をしない場合は他社の光コラボと比較して割高であること。
 2. 最低利用期間や解約時の費用に関する定めが明確ではないこと。
 3. NTT西日本エリアでは利用できないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ハロー光」は、北海道札幌市中央区北に本社を置く「北海道エア・ウォーター株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 現在、NTT東日本エリアでの光コラボレーション事業者は600社ほど存在していますが、その中でも「北海道エア・ウォーター」が提供する「HELLO光」は独特な特徴を持っています。

 提供会社である「北海道エア・ウォーター」とは、どんな会社なのかという部分から紹介をしていきます。

 同社では、産業・医療・エネルギー・分析と各カテゴリーに関連した事業を展開しており、産業ガス関連事業(産業ガス・ガス発生装置・ガスアプリケーション機器)が主体になっています。

 その事業内容は、親会社である「エア・ウォーター株式会社」と同様です。

 ここからは「エア・ウォーター」が提供する「ハロー光」のサービス詳細を解説しましょう。

 この「ハロー光」の最大の特徴は、キャンペーンの充実とWAONが付与されるというところです。

 光コラボレーションサービスを利用してWAON(ワオン)が付与されるという特徴を持っている光コラボは「ハロー光(HELLO光)」が業界初です。

 ただし、WAON(ワオン)ポイントの付与には条件があり「ハロー光」と「ハローガス」をセットで契約している方のみとなります。

 セット契約が可能な方は、セット契約が断然おすすめです。なぜなら、毎月300円以上が継続的にお得になるからです。同社が提供している「灯油」もセットで利用すると、さらにお得になるので見逃せません。

 本サービスは、北海道内にお住まいの方に最もおすすめの光コラボレーションサービスと言っても良いでしょう。

 ここで、なぜ北海道内なのかという部分については理由があります。同社の事業活動範囲は北海道内で、その他の地域では活動していません。

 「ハロー光(HELLO光)」のおすすめポイントは「WAON付与」で、その条件はガスとのセット契約です。これにより他社が提供する光コラボよりお得に利用できますが、肝心のガスは北海道内でしか提供していません。

 2017年の春に開始される「ガスの自由化」により、徐々に状況が変化する可能性もありますが「ハロー光」はガスとのセット契約ができない場合、他社の光コラボレーションサービスと比較して割高になることもあります。

 上記の理由により、北海道内にお住まいの方におすすめとなっています。

 また、本サービスにおいてはキャンペーンの充実度が高いです。

 キャンペーンを利用して契約することで、転用&新規どちらの場合でも初期費用が無料となります。

 キャンペーンの実施期間は「2017年3月」までとなっておりますので光回線の比較をしている方は、下記よりお問い合わせをしてみましょう。

 

 

【 ハロー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ハロー光の口コミ

 「ハロー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ハロー光の公式情報 】

◆ HELLO光/重要事項説明

 HELLO光 重要事項説明

 

◆ HELLO光/北海道エア・ウォーター株式会社

HELLO光 公式ページ|HELLO光

北海道エア・ウォーター株式会社 会社概要|北海道エア・ウォーター株式会社

 

「マス得ひかり – 株式会社マスタード」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%9e%e3%82%b9%e3%83%88%e3%82%af%e5%85%89

【 マストク光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < マストク光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < マストク光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < マストク光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < マストク光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < マストク光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < マストク光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < マストク光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < マストク光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < マストク光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < マストク光 >

 マストクひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「マストク光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「マストク光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 マストク光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「マストク光」は、大阪府大阪市中央区南久宝寺町に本社を置く「株式会社Master’d(マスタード)」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「マストク光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「マストク光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「マストク光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「マストク光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 マストク光を利用した人の口コミ 】

 

◆ マストク光の口コミ

 「マストク光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 マストク光の公式情報 】

◆ マス得ひかり/重要事項説明

 マス得ひかり 重要事項説明

 

◆ マス得ひかり/株式会社マスタード with 株式会社ティーガイア

マス得ひかり 公式ページ|マス得ひかり

株式会社Master’d 会社概要|株式会社Master’d

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「dcoms光 – 株式会社デジタル・コミュニケーションズ」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b3%e3%83%a0%e3%82%ba%e5%85%89

【 ディーコムズ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ディーコムズ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ディーコムズ光 > スタンダードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 < ディーコムズ光 > ハイスピードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 < ディーコムズ光 > ギガプラン

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ディーコムズ光 > スタンダードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,500 円
 [ マンション・タイプ ] 4,300 円

 < ディーコムズ光 > ハイスピードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,500 円
 [ マンション・タイプ ] 4,300 円

 < ディーコムズ光 > ギガプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,700 円
 [ マンション・タイプ ] 4,400 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ディーコムズ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,000 円
 [ マンション・タイプ ] 1,000 円

 

 < ディーコムズ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 2,000 円
 [ マンション・タイプ ] 2,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ディーコムズ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 20,000 円
 [ マンション・タイプ ] 17,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ディーコムズ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ディーコムズ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ディーコムズ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ディーコムズ光 >

 dcomsひかり電話
 dcomsひかり電話オフィス
 dcoms光テレビ
 1ギガ対応無線LANルーター
 無線LANカード

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ディーコムズ光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「ディーコムズ光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 ディーコムズ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. 法人向けのため個人のお客様は利用ができないこと。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてテレビサービスと基本的なオプションが備わっていること。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ディーコムズ光」は、中央区日本橋蛎殻町に本社を置く「株式会社デジタル・コミュニケーションズ」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「ディーコムズ光」は、法人向けの光コラボレーションサービスとなっています。

 光回線・電話・テレビと基本的なサービスが備わっているため、フレッツ光と同様に利用できます。

 プロバイダーは、現在使用しているサービスをそのまま使っても良いので転用の際も簡単に契約できます。

 

 

【 ディーコムズ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ディーコムズ光の口コミ

 「ディーコムズ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ディーコムズ光の公式情報 】

◆ dcoms光/重要事項説明

 dcoms光 重要事項説明

 

◆ dcoms光/株式会社デジタル・コミュニケーションズ

dcoms光 公式ページ|dcoms光

株式会社デジタル・コミュニケーションズ 会社概要|株式会社デジタル・コミュニケーションズ

 

「CS光 – 株式会社コムネットシステム」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%b9%e5%85%89

【 シーエス光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < シーエス光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < シーエス光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < シーエス光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < シーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < シーエス光 >

 シーエスひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「シーエス光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「シーエス光」では、転用契約をすることにより通常価格より300円割引される独自のキャンペーンなどを実施しております。

 

 

【 シーエス光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「シーエス光」は、東京都目黒区上目黒に本社を置く「株式会社コムネットシステム」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「シーエス光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「シーエス光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「シーエス光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「シーエス光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 シーエス光を利用した人の口コミ 】

 

◆ シーエス光の口コミ

 「シーエス光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 シーエス光の公式情報 】

◆ CS光/重要事項説明

 CS光 重要事項説明

 

◆ CS光/株式会社コムネットシステム with 株式会社ティーガイア

CS光 公式ページ|CS光

株式会社コムネットシステム 会社概要|株式会社コムネットシステム

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「クルー光 – 株式会社クルー」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%af%e3%83%ab%e3%83%bc%e5%85%89

【 クルー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < クルー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < クルー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < クルー光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < クルー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < クルー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < クルー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < クルー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < クルー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < クルー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < クルー光 >

 クルーひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「クルー光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「クルー光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 クルー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「クルー光」は、東京都中央区東日本橋に本社を置く「株式会社クルー」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「クルー光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「クルー光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「クルー光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「クルー光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 クルー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ クルー光の口コミ

 「クルー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 クルー光の公式情報 】

◆ CREW光/重要事項説明

 CREW光 重要事項説明

 

◆ CREW光/株式会社クルー with 株式会社ティーガイア

CREW光 公式ページ|CREW光

株式会社CREW 会社概要|株式会社CREW

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「KDS光 – 甲斐電波サービス株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%b1%e3%82%a4%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%82%b9%e5%85%89

【 ケイディーエス光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ケイディーエス光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ケイディーエス光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < ケイディーエス光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ケイディーエス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ケイディーエス光 >

 オプションサービスの提供情報はありません。

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「ケイディーエス光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 「ケイディーエス光」では、独自のキャンペーンを実施しておりません。

 

 

【 ケイディーエス光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 

◆ デメリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ケイディーエス光」は、大分県大分市原新町に本社を置く「甲斐電波サービス株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 現在、サービス詳細などについては確認中です。更新情報をお待ちください。

 

 

【 ケイディーエス光を利用した人の口コミ 】

◆ ケイディーエス光の口コミ

 「ケイディーエス光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ケイディーエス光の公式情報 】

◆ KDS光/重要事項説明

 KDS光 重要事項説明

 

◆ KDS光/甲斐電波サービス株式会社

KDS光 公式ページ|KDS光

甲斐電波サービス株式会社 会社概要|甲斐電波サービス株式会社

 

「VS光 – 株式会社ヴィクトリー・スペック」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%96%e3%82%a4%e3%82%a8%e3%82%b9%e5%85%89

【 VS光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < VS光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < VS光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < VS光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < VS光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < VS光 >

 オプションサービスの提供情報はありません。

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「VS光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 「VS光」では、独自のキャンペーンを実施しておりません。

 

 

【 VS光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 

◆ デメリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 
 

◆ 総評

 本サービス「VS光」は、兵庫県県神戸市中央区磯辺通に本社を置く「株式会社ヴィクトリー・スペック」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 現在、サービス詳細などについては確認中です。更新情報をお待ちください。

 

 

【 VS光を利用した人の口コミ 】

◆ VS光の口コミ

 「VS光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 VS光の公式情報 】

◆ VS光/重要事項説明

 VS光 重要事項説明

 

◆ VS光/株式会社ヴィクトリー・スペック

VS光 公式ページ|VS光

株式会社ヴィクトリー・スペック 会社概要|株式会社ヴィクトリー・スペック

 

「LEXEL光 – 株式会社LEXEL」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%ac%e3%82%af%e3%82%bb%e3%83%ab%e5%85%89

【 レクセル光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < レクセル光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < レクセル光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < レクセル光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < レクセル光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < レクセル光 >

 オプションサービスの提供情報はありません。

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「レクセル光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 「レクセル光」では、独自のキャンペーンを実施しておりません。

 

 

【 レクセル光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 

◆ デメリット

 1. 現在、確認中です。
 2. 。
 3. 。

 
 

◆ 総評

 本サービス「レクセル光」は、神奈川県相模原市中央区星が丘に本社を置く「株式会社LEXEL」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 現在、サービス詳細などについては確認中です。更新情報をお待ちください。

 

 

【 レクセル光を利用した人の口コミ 】

◆ レクセル光の口コミ

 「レクセル光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 レクセル光の公式情報 】

◆ LEXEL光/重要事項説明

 LEXEL光 重要事項説明

 

◆ LEXEL光/株式会社レクセル

LEXEL光 公式ページ|LEXEL光

株式会社LEXEL 会社概要|株式会社LEXEL

 

「エネックス光 – エネックス株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%a8%e3%83%8d%e3%83%83%e3%82%af%e3%82%b9%e5%85%89

【 エネックス光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < エネックス光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < エネックス光 > ギガプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,500 円
 [ マンション・タイプ ] 4,000 円

 < エネックス光 > ギガライトプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,200 円
 [ マンション・タイプ ] 3,700 円

 < エネックス光 > ハイスピードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,800 円
 [ マンション・タイプ ] 3,500 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < エネックス光 > ギガプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,500 円

 < エネックス光 > ギガライトプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,700 円
 [ マンション・タイプ ] 3,200 円

 < エネックス光 > ハイスピードプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,400 円
 [ マンション・タイプ ] 3,200 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < エネックス光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 800 円
 [ マンション・タイプ ] 800 円

 

 < エネックス光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,800 円
 [ マンション・タイプ ] 1,800 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < エネックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 15,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < エネックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 分割規約なし
 [ マンション・タイプ ] 分割規約なし

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < エネックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < エネックス光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円

 

◆ 提供オプション

 < エネックス光 >

 1G対応無線LANルーター
 無線LANカード

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「エネックス光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 「エネックス光」では、月額利用料金がお得になる独自のキャンペーンを実施しております。

 

 

【 エネックス光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 月額料金がハイスピードプランの場合は業界最安値であること。
 2. 解約時の負担が少ないこと。
 3. ガス、電気、ウォーターサーバー、灯油など生活サービスとのセット契約ができること。

 

◆ デメリット

 1. NTT西日本エリアでは利用できないこと。
 2. 新規契約の場合は工事費の分割払いができないため初期費用の負担が大きいこと。
 3. 光回線とプロバイダー以外のオプションを提供していないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「エネックス光」は、東京都東村山市本町に本社を置く「エネックス株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「エネックス」は、下記の事業を行うエネルギーサービス提供事業者です。

  ・ 家庭用プロパンガスの販売
  ・ 給湯設備、冷暖房設備の設計施工
  ・ 灯油、重油の販売、その他生活関連用品の販売
  ・ 自動車用LPガス(オートガス)の販売
  ・ ボトルドウォーターの宅配や販売

 同社では生活に関わる各種サービス「ガソリン」・「灯油重油」・「電気(電気買取)」・「LPガス」・「ウォーターサーバー(宅配水)」を提供しております。

 今回、NTT東日本の光コラボレーションモデルを活用して新たな生活サービスとして「インターネット(エネックス光)」という商品ラインナップを揃えました。

 ここからは「エネックス光」の特徴を紹介して参りましょう。

 「エネックス光」の一番のメリットは、月額利用料金の安さにあるでしょう。

 ただし、その安いプランは「ハイスピードプラン(200Mbps)」のものに限ります。その他の「ギガライト/ギガ」については、業界水準となっています。

 速度面を気にしない方は、ハイスピードプランで利用することでお得に利用できます。

 また「エネックス」はプロバイダー事業者ではないためプロバイダー事業者と提携をして再提供をしなければなりませんが、この点も安心できます。

 同社では、NTTグループである「株式会社エヌ・ティ・ティ エムイー(NTT-ME)」と提携して「WAKWAK(ワクワク)」の再提供を激安価格でしているためオススメできる光コラボです。

 ただし、光コラボを利用する場合には「転用」と「新規」の契約タイプがありますが「エネックス光」は、転用契約に向いています。

 なぜなら、新規契約の場合にかかる初期工事費の分割払いがないためです。これに関して他社の光コラボでは、2年間の利用を前提に割引があったり分割払いがあります。

 上記に記載している以外の「エネックス光」に関する特徴は、NTT西日本エリアでは利用できなくオプションサービスの提供がないという点です。

 最も、おすすめの契約方法は「生活に関わるサービスを全部、エネックスでまとめる」ことです。

 現在、特にセット割などを実施しておりませんが、契約先を一つにすることで引き落とし手数料などが全てひとつになるため、それだけで家計の節約にはなります。

 特に東京の多摩地域の方におすすめで「電気」・「ガス」・「ネット」・「水」これを全部「エネックス株式会社」に頼むことです。

 

 

【 エネックス光を利用した人の口コミ 】

◆ エネックス光の口コミ

 「エネックス光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 エネックス光の公式情報 】

◆ ENEXS光/重要事項説明

 ENEXS光 重要事項説明

 

◆ ENEXS光/エネックス株式会社

ENEXS光 公式ページ|ENEXS光

エネックス株式会社 会社概要|エネックス株式会社