光コラボレーション代理店

「アイティーシーエー光 – 宮川電気通信工業 株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%bc%e5%85%89%ef%bc%88%e5%ae%ae%e5%b7%9d%e9%9b%bb%e6%a9%9f%ef%bc%89

【 アイティーシーエー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < アイティーシーエー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < アイティーシーエー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < アイティーシーエー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < アイティーシーエー光 >

 ビーひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「アイティーシーエー光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「アイティーシーエー光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 アイティーシーエー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「アイティーシーエー光」は、千葉県千葉市中央区院内に本社を置く「宮川電気通信工業 株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「アイティーシーエー光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「アイティーシーエー光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「アイティーシーエー光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「アイティーシーエー光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 アイティーシーエー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ アイティーシーエー光の口コミ

 「アイティーシーエー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 アイティーシーエー光の公式情報 】

◆ ITCA光/重要事項説明

 ITCA光 重要事項説明

 

◆ ITCA光/宮川電気通信工業 株式会社 with 株式会社ティーガイア

ITCA光 公式ページ|ITCA光

宮川電気通信工業 株式会社 会社概要|宮川電気通信工業 株式会社

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「アイティーシーエー光 – 大和通信機 株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%83%86%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%bc%e5%85%89

【 アイティーシーエー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < アイティーシーエー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < アイティーシーエー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < アイティーシーエー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < アイティーシーエー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < アイティーシーエー光 >

 ビーひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「アイティーシーエー光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「アイティーシーエー光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 アイティーシーエー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「アイティーシーエー光」は、東京都国分寺市東戸倉に本社を置く「大和通信機 株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「アイティーシーエー光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「アイティーシーエー光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「アイティーシーエー光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「アイティーシーエー光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 アイティーシーエー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ アイティーシーエー光の口コミ

 「アイティーシーエー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 アイティーシーエー光の公式情報 】

◆ ITCA光/重要事項説明

 ITCA光 重要事項説明

 

◆ ITCA光/大和通信機 株式会社 with 株式会社ティーガイア

ITCA光 公式ページ|ITCA光

大和通信機 株式会社 会社概要|大和通信機 株式会社

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「マグ光 – マグマックス株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%9e%e3%82%b0%e5%85%89

【 マグ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < マグ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < マグ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < マグ光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < マグ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < マグ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < マグ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < マグ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < マグ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < マグ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < マグ光 >

 ビーひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「マグ光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「マグ光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 マグ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「マグ光」は、東京都千代田区九段南に本社を置く「マグマックス株式会社」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「マグ光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「マグ光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「マグ光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「マグ光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 マグ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ マグ光の口コミ

 「マグ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 マグ光の公式情報 】

◆ M@G光/重要事項説明

 M@G光 重要事項説明

 

◆ M@G光/マグマックス株式会社 with 株式会社ティーガイア

M@G光 公式ページ|M@G光

マグマックス株式会社 会社概要|マグマックス株式会社

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「ビー光 – 株式会社フリテラス」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%93%e3%83%bc%e5%85%89

【 ビー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ビー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ビー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ビー光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ビー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ビー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ビー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ビー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ビー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ビー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ビー光 >

 ビーひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ビー光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「ビー光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 ビー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ビー光」は、大阪府大阪市西区新町に本社を置く「株式会社フリテラス」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「ビー光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「ビー光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「ビー光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「ビー光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 ビー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ビー光の口コミ

 「ビー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ビー光の公式情報 】

◆ B光/重要事項説明

 B光 重要事項説明

 

◆ B光/株式会社フリテラス with 株式会社ティーガイア

B光 公式ページ|B光

株式会社フリテラス 会社概要|株式会社フリテラス

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「ディーエヌジー光 – 株式会社ディーエヌジー」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%bc%e3%82%a8%e3%83%8c%e3%82%b8%e3%83%bc%e5%85%89

【 ディーエヌジー光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ディーエヌジー光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ディーエヌジー光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ディーエヌジー光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ディーエヌジー光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ディーエヌジー光 >

 ディーエヌジー光ひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ディーエヌジー光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「ディーエヌジー光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 ディーエヌジー光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ディーエヌジー光」は、神奈川県横浜市西区みなとみらいと福岡県福岡市中央区天神に本社を置く「株式会社ソリューション」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「ディーエヌジー光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「ディーエヌジー光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「ディーエヌジー光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「ディーエヌジー光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 ディーエヌジー光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ディーエヌジー光の口コミ

 「ディーエヌジー光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ディーエヌジー光の公式情報 】

◆ DNG光/重要事項説明

 DNG光 重要事項説明

 

◆ DNG光/株式会社ディーエヌジー with 株式会社ティーガイア

DNG光 公式ページ|DNG光

株式会社ディーエヌジー 会社概要|株式会社ディーエヌジー

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「ソリューション光 – 株式会社ソリューション」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%bd%e3%83%aa%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%b3%e5%85%89

【 ソリューション光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ソリューション光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ソリューション光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ソリューション光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ソリューション光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ソリューション光 >

 ソリューション光ひかり電話
 リモートサポート
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルータ機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置
 無線LAN対応型ルータ機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ソリューション光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「ソリューション光」では、独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

 

【 ソリューション光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ソリューション光」は、神奈川県横浜市西区みなとみらいと福岡県福岡市中央区天神に本社を置く「株式会社ソリューション」が提供する光回線(光コラボ)サービスです。

 「ソリューション光」は、「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「ソリューション光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「ソリューション光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「ソリューション光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 ソリューション光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ソリューション光の口コミ

 「ソリューション光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ソリューション光の公式情報 】

◆ Solution光/重要事項説明

 Solution光 重要事項説明

 

◆ Solution光/株式会社ソリューション with 株式会社ティーガイア

Solution光 公式ページ|Solution光

株式会社ソリューション 会社概要|株式会社ソリューション

株式会社T-GAIA 会社概要|株式会社T-GAIA

 

「ガルフ光 – 株式会社ガルフネット」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%ac%e3%83%ab%e3%83%95%e5%85%89

【 ガルフ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ガルフ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ガルフ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ(東日本エリア)

 < ガルフ光 > 通常プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,300 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,950 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,350 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,950 円

 < ガルフ光 > 通常プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 5,050 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,750 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,200 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,800 円

 

 < ガルフ光 > にねん割プラン(ギガタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 4,600 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,850 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,250 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,850 円

 < ガルフ光 > にねん割プラン(スタンダードタイプ)

 [ ファミリー・タイプ ] 4,350 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,650 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,100 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,700 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ(西日本エリア)

 < ガルフ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,050 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,750 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,200 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,800 円

 

 < ガルフ光 > にねん割プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,350 円

 [ マンション・タイプ (ミニ)] 3,650 円
 [ マンション・タイプ (1)] 3,100 円
 [ マンション・タイプ (2)] 2,700 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ガルフ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 820 円
 [ マンション・タイプ ] 820 円

 

 < ガルフ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,840 円
 [ マンション・タイプ ] 1,840 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ガルフ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 19,000 円
 [ マンション・タイプ ] 19,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ガルフ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 19,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 19,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ガルフ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ガルフ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ガルフ光 >

 ガルフひかり電話
 ネットワークサービス
  ・ VPN Mountain Pro
  ・ VPN Mountain Eco
  ・ Mountain Vpn Cloud
  ・ Mountain EVO
  ・ Mountain Mobile
  ・ Mountain ISP
  ・ Mountain Private Ether

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ガルフ光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 「ガルフ光」では、同社が提供する「ネットワークサービス」とセットで使うことによるお得度が増すキャンペーンを実施しております。

 

 

【 ガルフ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 多店舗/多拠点企業向けの光コラボとして大きな経費削減が期待できること。
 2. 請求書/支払い処理の一元化ができて管理などを楽にすることができること。
 3. 同社では多店舗/多拠点企業向けにフレッツ光の導入実績があるのでサポートも任せられること。

 

◆ デメリット

 1. 解約時の費用などが明確にされていないこと。
 2. 多店舗/多拠点企業向けの光コラボになるので個人の方は利用できないこと。
 3. 多店舗/多拠点企業向けのため手続き完了まではある一定の時間を要すること。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ガルフ光」は、東京都江東区亀戸に本社を置く「株式会社ガルフネット」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「ガルフネット」は、多店舗展開企業の経営戦略を支える「変化対応型経営支援ICTプラットフォーム」の一括提供を主な事業として行っている企業です。

 上記の事業特徴により「ガルフネット」の取引先は、チェーンストア企業(外食チェーン/アパレルチェーン/物販チェーンなど)となっています。

 「ガルフ光」は、ある一定の顧客向けの光コラボだということです。

 そのサービス特徴を下記で紹介していきます。

 「ガルフ光」は、サービス詳細を見ていると丸紅テレコムが提供している「Marubeni光」と内容が似すぎているため、丸紅のpowered byサービスかもしれません。

 powered byサービスとは、下記のような「光コラボレーション2」の仕組みです。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 この光コラボの注目ポイントは、多店舗展開企業(チェーンストア)が主な取引先のため「フレッツ光」の導入企業や店舗であれば、大きな額のコストダウンを期待できることです。

 また、今まで上記の企業に対して創業時から一貫して「フレッツ光」の導入も行ってきたためサポート体制もしっかりとしています。

 すでに「ガルフネット」とお付き合いをしているチェーンストア企業様で、フレッツ光をまだ利用している場合は「ガルフ光」に転用したほうが良いです。

 おそらく転用手続きをするだけで数十万~数百万のコスト削減が期待できると思います。

 

 

【 ガルフ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ガルフ光の口コミ

 「ガルフ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ガルフ光の公式情報 】

◆ Gulf光/重要事項説明

 Gulf光 重要事項説明(東日本エリア)

 Gulf光 重要事項説明(西日本エリア)

 

◆ Gulf光/株式会社ガルフネット

Gulf光 公式ページ|Gulf光

株式会社ガルフネット 会社概要|株式会社ガルフネット

 

「ゼントウシン光 – 株式会社 全東信」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%bc%e3%83%b3%e3%83%88%e3%82%a6%e3%82%b7%e3%83%b3%e5%85%89

【 ゼントウシン光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ゼントウシン光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ゼントウシン光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < ゼントウシン光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 24,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,975 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 9,975 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ゼントウシン光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 33,975 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 33,975 円

 

◆ 提供オプション

 < ゼントウシン光 >

 本サービスのオプションサービスに関する情報はありませんが「CLOUD LINE(クラウドライン)」が提供するオプションサービスは、ご利用いただけます。

 Skyてれび
  ・ Skyでんわスタンダード
  ・ Skyでんわプラス
  ・ Skyでんわオフィス
  ・ Skyでんわオフィスプラス
 Skyでんわ
 Skyサポート
 ひかり安心パック(N)
 サポートレスキューネクスト
 くらしあんしん24
 サポートレスキューリモート(N)
 らくらくバックアップ For PC(AOSBOX Cool)
 迷惑電話防止サービス by トビラフォン
 オフィスかけつけ訪問サービス
 CLOUD WiFiルーター

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ゼントウシン光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「ゼントウシン光」では独自のキャンペーンを実施しておりません。

 

 

【 ゼントウシン光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 現在、確認中ですが基本的なサービス設計は「CLOUD LINE」と同様です。
 2. 。
 3. 。

 

◆ デメリット

 1. 現在、確認中ですが基本的なサービス設計は「CLOUD LINE」と同様です。
 2. 。
 3. 。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ゼントウシン光」は、大阪府大阪市中央区島之内に本社を置く「株式会社 全東信」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「ゼントウシン光」のサービス詳細に関する情報はありませんが、基本的には下記のパワードバイサービスと同様になっていると思われます。

  ・ イズミサノ光 powered by CLOUD LINE
  ・ エフシーオオサカ光 powered by CLOUD LINE
  ・ キシワダ光 powered by CLOUD LINE
  ・ サイサン光 powered by CLOUD LINE
  ・ ゼントウシン光 powered by CLOUD LINE
  ・ トーエル光 powered by CLOUD LINE
  ・ ドクターホームネット光 powered by CLOUD LINE
  ・ ニットウ光 powered by CLOUD LINE
  ・ ビスケット光 powered by CLOUD LINE
  ・ ミライフ光 powered by CLOUD LINE
  ・ ユーユー光 powered by CLOUD LINE

 「全東信」について、少しだけ紹介をします。

 同社は、クレジットカード決済及びそれに付帯するサービスの提供を行っている企業です。

 そして、この「ゼントウシン光」は「全東信」と「光通信グループ」のコラボによって提供される光回線になり、全東信の顧客向けに提供するものとなります。

 正確にお伝えすると「全東信」は、光コラボレーション事業者ではありませんので「光通信グループ」の「株式会社ホワイトサポート」と利用者が契約を行い「ホワイトサポート」よりサービス提供を受けるイメージになります。

 このような仕組みで、光コラボを提供することを再卸モデルと言います。通常の光コラボレーションモデルとの違いに関しては、下記を参照してください。

  ・ 光コラボレーションとは → フレッツ光の卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 利用者様

  ・ 光コラボレーション2とは → フレッツ光の再卸モデル

   >> NTT東西 → 光コラボ事業者 → 光コラボ事業者の提携事業者 → 利用者様

 上記のような形で、再卸サービスを積極的に提供しているのは下記の企業とサービスです。

  ・ 株式会社U-NEXTが提供する「〇〇〇〇〇光 powered by U-NEXT光」

  ・ 株式会社ティーガイアが提供する「〇〇〇〇〇光 powered by TG光」

  ・ 丸紅テレコム株式会社が提供する「〇〇〇〇〇光 powered by Marubeni光」

 本サービスの月額利用料金に関しては、現在確認しておりますので更新情報をお待ちください。

 

 

【 ゼントウシン光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ゼントウシン光の口コミ

 「ゼントウシン光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ゼントウシン光の公式情報 】

◆ 全東信ヒカリ/重要事項説明

 全東信ヒカリ 重要事項説明

 

◆ 全東信ヒカリ/株式会社 全東信 with 株式会社ホワイトサポート

全東信ヒカリ 公式ページ|全東信ヒカリ

株式会社 全東信 会社概要|株式会社 全東信

株式会社ホワイトサポート 会社概要|株式会社ホワイトサポート

 

「サクラ光 – BBコンサルタント株式会社」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%82%b5%e3%82%af%e3%83%a9%e5%85%89

【 サクラ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < サクラ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < サクラ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,300 円
 [ マンション・タイプ ] 4,200 円

 

 < サクラ光 > キャンペーンプラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,900 円
 [ マンション・タイプ ] 3,900 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < サクラ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,400 円
 [ マンション・タイプ ] 3,400 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < サクラ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < サクラ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < サクラ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 24,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < サクラ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < サクラ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,975 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 9,975 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < サクラ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 33,975 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 33,975 円

 

◆ 提供オプション

 < サクラ光 >

 本サービスのオプションサービスに関する情報はありませんが「CLOUD LINE(クラウドライン)」が提供するオプションサービスは、ご利用いただけます。

 Skyてれび
  ・ Skyでんわスタンダード
  ・ Skyでんわプラス
  ・ Skyでんわオフィス
  ・ Skyでんわオフィスプラス
 Skyでんわ
 Skyサポート
 ひかり安心パック(N)
 サポートレスキューネクスト
 くらしあんしん24
 サポートレスキューリモート(N)
 らくらくバックアップ For PC(AOSBOX Cool)
 迷惑電話防止サービス by トビラフォン
 オフィスかけつけ訪問サービス
 CLOUD WiFiルーター

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「サクラ光」申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「サクラ光」では通常より割安な価格で利用できる独自のキャンペーンプランを用意しております。

 

 

【 サクラ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 毎月お得に利用できる独自のキャンペーンプランがあること。
 2. 数多く存在する光回線プラン「powered by CLOUD LINE」との差別化ができていること。
 3. 通信商材の取次を専門としている会社なのでサポート体制に安心できること。

 

◆ デメリット

 1. 転用ではなく新規契約の場合は他社の光コラボと比べて工事費が高いこと。
 2. 同社のお客様向けに提供するサービスと提供先が限定されていること。
 3. 同社は取次の専門会社のため契約以降は提供事業者での対応となること。

 
 

◆ 総評

 本サービス「サクラ光」は、大阪府大阪市北区梅田に本社を置く「BBコンサルタント株式会社」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「BBコンサルタント」は、通信系商材「クラウドライン(光コラボ)/その他の光回線/各種プロバイダ」の取次を専門とする企業です。

 「サクラ光」も協業による提供になっており実際のサービス提供は、東証一部上場企業である「光通信グループ」の「株式会社ホワイトサポート」が行います。

 「株式会社ホワイトサポート」は、NTT東日本やNTT西日本と契約している「光コラボレーション事業者」になり自社サービスとして「CLOUD LINE(クラウドライン)」の展開をしています。

 しかし、現在では積極的な自社サービスの直接提供を行うことはなく「再卸モデル」に力を入れており「サクラ光」と同様のサービスが多数、存在しています。

  ・ イズミサノ光 powered by CLOUD LINE
  ・ エフシーオオサカ光 powered by CLOUD LINE
  ・ キシワダ光 powered by CLOUD LINE
  ・ サイサン光 powered by CLOUD LINE
  ・ ゼントウシン光 powered by CLOUD LINE
  ・ トーエル光 powered by CLOUD LINE
  ・ ドクターホームネット光 powered by CLOUD LINE
  ・ ニットウ光 powered by CLOUD LINE
  ・ ビスケット光 powered by CLOUD LINE
  ・ ミライフ光 powered by CLOUD LINE
  ・ ユーユー光 powered by CLOUD LINE

 このように数多く存在する再卸モデルの光コラボサービスには、共通する特徴があります。

 それは、ほとんどのサービス内容が「CLOUD LINE(クラウドライン)」だということです。

 しかし「さくら光」では、独自性を重視して月額利用料金がお得になる特別なキャンペーンプランを提供していることが本サービスの特徴です。

 「CLOUD LINE(クラウドライン)」の基本サービス設計においては、オプションサービスが豊富で様々なニーズに対応できるようになっている点が他社の光コラボと比べてメリットになっています。

 「BBコンサルタント」のお客様で「フレッツ光」を利用している方がいる場合、本サービスへの転用手続きを行うことにより今までの光回線品質のまま安く利用できることもありますので、おすすめとなります。

 

 

【 サクラ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ サクラ光の口コミ

 「サクラ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 サクラ光の公式情報 】

◆ Sakura光/重要事項説明

 Sakura光 重要事項説明

 

◆ Sakura光/BBコンサルタント株式会社 with 株式会社ホワイトサポート

Sakura光 公式ページ|Sakura光

BBコンサルタント株式会社 会社概要|BBコンサルタント株式会社

株式会社ホワイトサポート 会社概要|株式会社ホワイトサポート

 

「ブンショウドウ光 – 株式会社 文尚堂」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%83%96%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a6%e3%83%89%e3%82%a6%e5%85%89

【 ブンショウドウ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ブンショウドウ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光スタンダード同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ブンショウドウ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 6,400 円
 [ マンション・タイプ ] 6,400 円

 

 < ブンショウドウ光 > 特別プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 4,800 円
 [ マンション・タイプ ] 4,200 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ブンショウドウ光 > 通常プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 5,400 円
 [ マンション・タイプ ] 5,400 円

 

 < ブンショウドウ光 > 特別プラン

 [ ファミリー・タイプ ] 3,890 円
 [ マンション・タイプ ] 3,250 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ブンショウドウ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 < ブンショウドウ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 2,000 円
 [ マンション・タイプ ] 2,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ブンショウドウ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ブンショウドウ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ブンショウドウ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ブンショウドウ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < ブンショウドウ光 >

 現在、オプションサービスに関する提供情報はありません。

 

◆ 提供エリア

 NTT西日本エリアの「フレッツ光」が、利用可能な提供エリアで「ブンショウドウ光」申し込みできます。

 (NTT西日本エリア)富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

 

◆ キャンペーン

 現在、「ブンショウドウ光」では新規契約時にかかる初回工事費の無料キャンペーンを実施しております。(転用契約の際は工事費は発生しません)

 

 

【 ブンショウドウ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 法人向けの光コラボとしてビジネスに関連したサービスもワンストップで提供可能なこと。
 2. ファミリータイプに関しては、他社の法人向け光コラボと比較しても割安なこと。
 3. 月額料金は期間割引ではなく継続的な経費削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. サービス詳細の約款や重要事項などが公開されていないこと。
 2. マンションタイプの場合には他社と比較して割高になることもあること。
 3. NTT東日本エリアでは利用できないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「ブンショウドウ光」は、熊本県熊本市南区出仲間に本社を置く「株式会社 文尚堂」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 なんと、文尚堂は1895年に創業され120年以上の歴史を持つ企業です。

 会社と呼ばれる法人や企業に関しては、日本国内において星の数ほどあります。その中でも100年以上の事業継続がある法人や企業は3万3,000社ほどしかありません。

 「NTT東日本」や「NTT西日本」より長い歴史を持っていることにもなります。

 余談でしたが「文尚堂」とは、どんな事業を行っているのかという部分を少し紹介しましょう。

 同社は、戦前までは印刷業を営んでいたんです。

 戦争の状況が悪化して余儀なく一時休業をしたものの戦後は文具や事務用品などの販売を行ってきました。

 その後は、時代の変化とともに「中古レンタル複合機」・「A3/A4複合機」・「ネットワークセキュリティ」・「ビジネスフォン」・「ファイルサーバー」・「ITサポート」・「クラウド型顧客管理システム」・「LED照明」・「防犯カメラ」などの販売・保守を行ってきたのです。

 上記の業務に関係して「ブンショウドウ光」が誕生しました。

 事業の特徴からも推測できそうですが「ブンショウドウ光」は「法人向けの光コラボレーションサービス」です。

 その「ブンショウドウ光」の特徴も下記で紹介していきます。

 まず、この光回線の印象的なところは、とてもシンプルでわかりやすい内容となっていることですね。

 基本的に、光回線とプロバイダーの提供となっています。

 必要なお客様においては、同社が提供している「固定IP」・「VPN」や「独自ドメイン」などを必要に応じて追加することも可能です。

 または、文尚堂で提供している「複合機」・「ネットワークセキュリティ」・「ビジネスフォン」・「ファイルサーバー」・「サポートサービス」・「クラウド型顧客管理システム」・「LED照明」・「防犯カメラ」などとセットで契約しても良いかもしれません。

 すでに、同社との取引があり何かしらのサービス提供を受け「フレッツ光」を導入している企業や法人様の場合には「ブンショウドウ光」へ転用することにより無駄な経費削減が期待できます。

 これから、新規でお付き合いをするというお客様も一緒に「ブンショウドウ光」に加入することでお得になると思いますので、しっかりとチェックしましょう。

 本サービスは、特に解約時の違約金などの定めもなく「ファミリータイプ」については業界水準より安価な金額設定がされているため「戸建て(ファミリータイプ)」での契約が最もおすすめです。

 

 

【 ブンショウドウ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ブンショウドウ光の口コミ

 「ブンショウドウ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ブンショウドウ光の公式情報 】

◆ BUNSHODO光/重要事項説明

 BUNSHODO光 重要事項説明

 

◆ BUNSHODO光/株式会社 文尚堂

BUNSHODO光 公式ページ|BUNSHODO光

株式会社 文尚堂 会社概要|株式会社 文尚堂