光コラボレーション代理店

「スマモバ光」-「スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社」 契約約款

 

>> TOPページへ

 

添付のデータは、スマートモバイルコミュニケーションズ株式会社が提供するコラボ光の契約約款(重要事項説明書)です。

 

前回記事で、「新昭和ひかり」の重要事項説明書を添付しておりますが、このような契約書などが苦手という方にはどちらがわかりやすいでしょうか?光コラボレーション事業者は、400社を超える企業がありますがサービスもさることながら契約約款や重要事項説明書も企業によって様々な特徴を持っています。消費者目線に立ち、重要事項説明書を提出するところもあれば、固く硬く記載したものまで様々です。中には、まだ一般的に誰でも見られるように公開していない光コラボ事業者もあります。加入する際は、このようなところを見ることが一番望ましいでしょう。

 

スポンサーリンク





 

光コラボレーションサービスの光回線自体は、NTTのフレッツ光と同様です。一部の論評で、速度が遅いなどの意見もあるようですが速度面で一番早い解決策としては、V6サービスになっているか?プロバイダーの利用者数は?というところに加えて、使用する環境(パソコン性能、無線?有線?)や住宅区分です。こうゆうことよりも、まず重要事項説明書を見比べてみてください。

 

pdf kiyaku_smamobahikari.pdf (0.56MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「@T-COM光」-「株式会社TOKAIコミュニケーションズ」 重要事項説明書

>> TOPページへ

 

TOKAIグループのコラボ光に関する重要事項説明書です。しっかりと内容を確認して、ご同意のうえ申し込みするようにしてください。光コラボレーションモデルの市場では、TOKAIグループのコラボ光が人気です。ドコモ光やソフトバンク光に次いで、勢いがあります。加入する特典や将来的なメリットもたくさんあります。そんな数あるコラボ光のひとつとして、最もフレッツ光の利用者へおすすめしたいと思えるのが「@TCOM光」です。

 

その理由は、TOKAIグループの事業内容にあります。TOKAIグループは、今までエネルギー事業や情報通信事業などをを行う子会社を持ち生活インフラで「ガス」や「ウォーターサーバー」、「インターネット回線 (光回線サービス)」や「プロバイダー」の提供を行っています。そのような経験やノウハウなどを自社内で共有して、今後は電力自由化にも参入します。このようなことから、TOKAIグループという会社で「電気」、「ガス」、「水道」、「ネット」、「電話」の全てがまとまると言ってもいいと思います。生活に関連するサービスは、意外と面倒です。何社と契約するよりも1社と契約したほうが便利で楽です。よくよく、考えてみてください。契約先が4社あったら、4社分の引き落とし手数料や何かしらの料金徴収に関するものが、自分の財布から出ていきます。引き落とし手数料の平均は、300円程度でしょう。ただの手数料だけでいったいいくら払えばいいのでしょうか?

 

完全に無駄なお金のように思えます。その問題を解決してくれそうなのが、TOKAIグループのコラボ光です。「@TCOM光 (アットティーコムヒカリ)」以外にも、いくつかのコラボ光がグループから提供されていますので、参考にしてください。無駄な支払いをなくしたいという方におすすめのコラボ光です。ドコモ光のTCOMプランも人気ですが、ガスなどとは別になります。もうすぐ、電力の自由化が開始されますね。来年は、ガスの自由化です。消費者の方は、電気代が安くなったと安心しないでください。安心するのは、来年の夏でしょう。

 

 

スポンサーリンク




 

本サービスは、株式会社TOKAIコミュニケーションズの定める「@TCOM (アットティーコム) ヒカリ契約約款」等および「@TCOM (アットティーコム) ヒカリ利用規約」等に基づいて提供。

[ 責任の制限および免責について ]

[ 利用中止および利用停止について ]

[ 電話によるテクニカルサポート内容について ]

[ 電子メール等でのご案内について ]

[ 解約について ]

[ お申し込みについて ]

[ 利用料金について ]

[ 料金のお支払いについて ]

 

pdf important_description.pdf (0.33MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ




 

ライター:戸澤順一

「新昭和ひかり」-「株式会社新昭和」 重要事項説明書

 

>> TOPページへ

 

添付のデータは、株式会社新昭和が提供するコラボ光サービスの重要事項説明書です。

 

株式会社新昭和は、ハウスメーカーであり通信事業へは異業種からの参入です。そんな異業種からの参入で心配される方もいらっしゃるかもしれませんが、この「重要事項説明書」は他社に比べて、とても読みやすくなっています。初めての方でもご利用していただきやすいと思います。光コラボレーション事業者は、開始当初よりも異業種からの参入、特に「電力の自由化」や「ガスの自由化」に関わる企業が多くなってきています。異業種でも安心してください。使う光回線は、名前が違うだけで中身はNTTの光回線です。そして、この重要事項説明書を読んでみて感じましたが、今までのようなプロバイダーから提供される光回線の重要事項説明書や契約約款とは違い、読み手に伝わりやすいように工夫されているようにも思えます。今後は、このような点も見ていったほうがいいですね。

 

スポンサーリンク





 

おすすめは、やっぱり生活に関連する「電気」、「ガス」、「光回線」、「携帯」のバラエティライフ割の恩恵を受けられるところですね。今、「バラエティライフ割」が人気で注目を集めています。光コラボレーション事業者も4月には500社ほどになりそうです。当サイトでは、全事業者が掲載されていますので「全商品一覧比較」からご覧になってください。左記のリンクからご覧いただけます。詳細ページから最下部にある「次へ」というページを押していくと便利です。

 

pdf importance.pdf (0.43MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「サンワ光」-「株式会社サンワ」 重要事項説明書

 

>> TOPページへ

 

本サービスは、株式会社サンワ(光コラボレーション事業者)が東日本電信電話株式会社「NTT東日本」によるNTT光コラボレーションモデルを活用して提供する光回線サービス(コラボ光)です。

商品名は「サンワ光」となり、下記に添付のデータにて重要事項説明をしております。このコラボ光には、他社にはない少し特徴があります。それは、マンションタイプがありません。ただし、マンションタイプが提供できないわけではなく戦略的にしないということだと思います。それは、株式会社サンワの事業内容から理解することができます。株式会社サンワの事業内容を一覧で、下記に記します。

 

[ 石油関連事業 ]

燃料油・石油製品の小売ならびに卸売、ガソリンスタンド(パラーダSS)の運営、自動車関連用品の販売

[ LPガス関連事業 ]

プロパンガス/ブタンガスの小売ならびに卸売、ガス器具の販売、ガス設備工事、コージェネレーションシステムの提案・販売、住宅関連設備機器の販売、家庭用燃料電池コージェネレーションシステムの提案・販売

[ 産業エネルギー事業 ]

産業用燃料/潤滑油の販売、工業用ガス/省エネ関連機器の販売

[ 自然エネルギー事業 ]

太陽光発電システムの提案・販売

[ 物流関連事業 ]

燃料油・LPガスの配送、業務用・工業用LPガス新バルク供給、燃料タンククリーニング

[ LED事業 ]

LED照明の販売

[ カーライフ事業 ]

車検設備、軽鈑金工事、カーリース、自動車販売、レンタカー、自動車保険/損保保険

[ OA・情報機器販売事業 ]

情報ネットワークサービス、オフィス空間提案事業、事務文具の販売

[ 設備工事・リフォーム事業 ]

住宅関連設備工事、冷暖房空調設備工事/給排水衛生設備工事、リフォーム工事

[ フード関連事業 ]

フード・フランチャイズショップの運営、スイーツファクトリーの運営

[ ガーデニング事業 ]

ガーデニングショップ、インテリア・生活雑貨・食品の輸入販売

[ e-ビジネス事業 ]

ウェブ・eメールサービス、インターネットショッピング

[ 電気通信事業 ]

電気通信事業に関する商品の販売

 

スポンサーリンク





 


n・k震柔韓j砧鱈cfD~YSnカチK迦�キ銛ソ、ラnミ孃[Zユ。゚・dng「k�Wfオ・ケミ娶fDOShLルDgohDFShgYSn・kウ鰤Ik「Wfo400.^・nラ鴣Lミ婉掲J・]nウ鰤Ik・fyエцサK焔・ケjiLB樫Y_`ラ��、タ・メkjcf碓j吃DF讐goB樫[・]経ラ��、タ・Lミ婪規云Fj義QnqgY_HfIウ鰤・キ銛簓・Uょ瓜緘MZkU$椿X胸LJ樫YLB~覚OjD・kH~YWcK撹 Iウ鰤・キ銛簓・hDFO・綺吃,オ・ケn・jyエ窒c_オ・ケLU偽結ShLjDDbgYハ~gkojD)(蹊カ・nリ_。$n�B~_oーオ・ケn吸k・��]niu潰Q区・・]健)(Y区・・koMa塗W_ナ1眺翕チY鬼h谷YY仝~YIウ鰤・キ銛oクW�W・�ソ・oB樫[・x�gYKdナZWべ��、タ・ムテッkj居QgoB樫[・I゙レnnミ嬋ラ��、タ・テッnラ鴣hヤo ヲgY

 

まだまだ、これからが本格的な時期、特に2016年が一番活発になるでしょう。特徴あるサービスが、どんどん出てきてほしいですね。それによって人気のプランや商品ごとのおすすめなども変わってくることでしょう。サンワ光の最大の特徴は、生活インフラ(電気・ガス)の事業が自社内で整備されているところですね。それによるセット割も受けられます。

 

本サイトでは、光コラボレーション全事業者から提供されている全ての商品を一覧で閲覧できるようにしております。TOPページの左列をみていただけたら、全部を確認することができるのでお役に立てればと思います。ランキング形式としても発表しております。

 

【新規】

【転用】

【品目変更】

【移転】

【解約について】

【解約金をお支払いいただく場合の考え方】

【ご利用上の注意について】

【コラボレーション事業者サービス対象外付加サービスについて】

【開通のご案内について】

【工事について】

【保守について】

【個人情報の取扱いについて】

【各種お申込みについて】

【オプションサービス解約について】

【その他注意事項について】

 

pdf manual.pdf (0.65MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「報道資料」-「NTTドコモ」 コラボ光に関連する固定電話事業参入とテレビサービスの開始

 

>> TOPページへ 

 

本日は、ドコモ光に関連するお知らせです。しかし、このニュースを見てビックリしました。今まで、十年ほど通信事業へ関わってきたためか(ドコモが固定電話サービスを始めても)驚くことはなかったのだが「NTTドコモ」が「固定電話事業」へ参入という報道を見て、ニュースにするほどのことなのか?という疑問を抱いてしまいました。でも、よく考えたら携帯電話会社専門の法人です。理解するまで時間がかかりましたが、ニュースにする意味が少しわかりました。そのニュースとは、下記になります。

 

2016年4月13日にNTTドコモは「ドコモ光電話」および「ドコモ光テレビオプション」を提供開始すると発表しました。株式会社NTTドコモは、コラボ光ブロードバンドサービス「ドコモ光」を用いた固定電話サービス「ドコモ光電話」およびテレビ視聴サービス「ドコモ光テレビオプション」を、2016年4月20日から提供開始するようです。「ドコモ光電話」は、「03」等から始まる電話番号をご利用いただける固定電話サービスで、基本使用料が安くシンプルな「ドコモ光電話(月額500円)」と、基本使用料に無料通話分と6つの付加サービス(通話中着信、転送でんわ、発信者番号表示、ナンバー・リクエスト、迷惑電話ストップサービス、着信お知らせメール)を含む「ドコモ光電話バリュー(月額1,500円)」の2つからお選びいただけます。NTT東日本・NTT西日本の加入電話や「ひかり電話」等への通話料が、距離に関わらず全国一律3分8円でご利用可能です。

 

「ドコモ光テレビオプション」は、「ドコモ光」を用いたテレビ視聴サービスで、新たにアンテナ等を設置することなく地上デジタル放送と一部のBSデジタル放送が月額660円でご視聴いただけます。また、ドコモは全国のドコモショップ等で「スカパー!」商品の販売を開始いたします。「ドコモ光テレビオプション」をご契約のお客さまが「スカパー!」の商品を別途ご契約いただくと、「ドコモ光」を通じて「スカパー!」のチャンネルをお楽しみいただけます。アンテナが不要のため受信状況が天候に影響されず、複数台のテレビで同時にご視聴が可能です。加えて、現在NTT東日本・NTT西日本が提供する「ひかり電話」「フレッツ・テレビ伝送サービス」をご利用中のお客さまが「ドコモ光電話」「ドコモ光テレビオプション」にご加入いただく場合、工事不要で電話番号や電話機をそのままご利用いただけます。

 

スポンサーリンク





 

これにより、ドコモは携帯電話・スマートフォンと光ブロードバンドサービスに加え、固定電話サービスやテレビ視聴サービスについてもご提供できるため、お客様はお問い合わせからアフターサポートまでドコモに一本化することが可能です。ドコモは、お客様が「ドコモ光」をおトク、簡単、便利にご利用いただけるよう、今後も様々なサービスを提供していくとしている。

 

これは、光コラボレーションモデルを利用したことによる光回線以外のサービスです。光コラボレーションモデルでは、「光回線」以外の卸売も行っています。すでに、「ドコモ光電話」のように他の光コラボ事業者では「・・・・電話」という形でサービスリリースをしています。ドコモは遠慮をしたのか?実質、他社に比べて遅れをとった形になります。この電話サービスとテレビサービスですが、「フレッツ光」の利用者ならわかると思います。「ひかり電話」と「フレッツテレビ」のことです。NTT東西から卸売を受けたコラボ事業者は、これに自社の名前を付けたり独自の名前を付けて販売することが可能です。ただ、フレッツという名前だけは使えません。これは、NTT東西の登録商標なので。

 

そして、このニュースを見て気が付いていただけたらと思いますが、光コラボレーション事業者は必ずしもフレッツと同様に使えるわけではないのです。「光回線のみ」を卸提供受けて、「ひかり電話」や「テレビサービス」に関しては従来のままNTTより提供される場合もあります。各企業へお確かめのうえお申し込みするようにしてください。

 

ドコモ光への商品ページには、右下の一覧比較からご覧いただけます。

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「BIGLOBE光」-「ビッグローブ株式会社」 重要事項説明書

%e3%80%90%e5%a5%91%e7%b4%84%e7%b4%84%e6%ac%be%e3%82%84%e8%a6%8f%e7%b4%84%e4%b8%80%e8%a6%a7%e3%80%91

【 BIGLOBE光の提供会社について 】

◆ 提供会社

 < ビッグローブ株式会社 >

 BIGLOBE光は、BIGLOBEというインターネットサービスプロバイダーを運営しているビッグローブ株式会社が提供する光コラボレーションサービスです。

 このビッグローブ株式会社は、もともとはNEC(日本電気株式会社)の一事業部で「パソコン通信サービスPC-VAN」や「インターネットサービスプロバイダー(mesh)」を開始したことから現在までの規模までに成長しました。

 NECとしては、後発プロバイダーである「BIGLOBE」というサービスが誕生したのは1996年である。それから10年後の2006年には、BIGLOBE事業本部がNECから分離独立(分社化)され、NECビッグローブ株式会社が誕生。

 長年、NECグループとしてサービス展開をしてきた「BIGLOBE」だが、2014年にNECが所有していたNECビッグローブの全株式を日本産業パートナーズ株式会社へ売却したことによりNECグループを離脱し「ビッグローブ株式会社」に社名変更をして事業展開している。

 この日本産業パートナーズ株式会社は、プライベート・エクイティ・ファンド運営会社である。

 BIGLOBEサービスが誕生してから2016年でちょうど、20周年になります。今では、プロバイダー業界にて「OCN」・「NTTぷらら」に次いで3位のシェアを占めています。

 大手プロバイダーといえば、「BIGLOBE」の他にも「OCN」・「ぷらら」・「@nifty」・「So-net」・「Yahoo!BB」などがありますが、ほかの大手プロバイダーと異なる点として、ビッグローブ株式会社にはアプライアンス事業開発という部署がありインターネットと接続する端末の研究開発も行っています。

 現在、同社では光コラボ(BIGLOBE光)の提供の他にauひかりなどに対応したプロバイダーや電力の自由化による「ビッグローブでんき」の提供を行っています。また、大手プロバイダー業者がそれぞれで提供している格安スマホ・格安SIMの提供も行う。

 

◆ 提供会社の関連会社

  ・ ビッグローブカスタマーコミュニケーションズ株式会社
  ・ ジー・プラン株式会社
  ・ FullRoute Pte. Ltd.
  ・ BIGLOBEキャピタル株式会社
  ・ 住友商事(出資会社)
  ・ 大和証券グループ本社(出資会社)
  ・ 三井住友銀行(出資会社)
  ・ 電通(出資会社)
  ・ 博報堂(出資会社)
  ・ 日本産業パートナーズ株式会社(出資会社)
  ・ ビージェイホールディングス株式会社(出資会社)

 

 

【 BIGLOBE光の規約一覧について 】

◆ BIGLOBE光

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光」重要事項説明書

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光」特約

  BIGLOBEサービス「ひかり」コース with ドコモ光 重要事項説明

  BIGLOBEサービス「ひかり」コース with ドコモ光 特約

 

◆ BIGLOBE光 関連オプション

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光電話」重要事項説明

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光電話」特約

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光テレビ」重要事項説明

  BIGLOBEサービス「ビッグローブ光テレビ」特約

  ビッグローブ光×auセット割に関する特約

  ビッグローブ光×東京ガストリプル割に関する特約

  BIGLOBEサービス「プレミアムサービス」特約

  フレッツ・パスポートID利用規約 [NTT東日本]

  フレッツ・パスポートID利用規約 [NTT西日本]

 

【 重要事項説明書や規約一覧について 】

◆ お読みください

 ビッグローブ株式会社が提供する「BIGLOBE光」は、30周年記念キャンペーンで月額料金がおトクになるキャンペーンを実施しており申し込みするなら今がチャンスです。光コラボの比較検討で迷ったら大手プロバイダーが安心でしょう。大手プロバイダーの場合は、なんと言っても解約金のハードルが低いことが良いですね。

 「BIGLOBE光」は、期間を過ぎるとプランを廃止してすることがよくあり旬の時に申し込み利用しないと後悔をしてしまうことも。

 auスマホをお持ちのお客様の場合は、2000円台で光回線が使い放題なので、検討する必要はないでしょう。auスマホとのセット割だけではなく、電気とのセット割や格安SIMとのセット割があることも忘れずに。

 

 

「エアリー光」-「株式会社エアリー 」 重要事項説明書

 

>> TOPページへ

 

「エアリー光」の重要事項説明書ページです。「エアリー光」とは、株式会社エアリーがNTT光コラボレーション事業者としてNTTとの契約を行いフレッツサービスの卸提供を受け、利用者に提供する光回線サービスになります。

株式会社エアリーとは、どんな会社なのか?同社は、平成5年に設立された千葉県千葉市に本社を置く企業です。事業内容としては、「システム企画・設計」、「開発データ復旧サービス」、「Webサイト制作」、「Webショップやサイト運営」、「コンピューター機器導入」、「ソフトウェア販売」、「教育事業」、「緑化事業」と多種多様な事業展開をしており、業種を問わず多彩な分野で常に最先端の技術を習得し、お客様にとって安価で質の高いサービスを提供することを第一に考えているとしています。光回線の料金は、NTTと同一の料金設定になっています。もちろん回線の品質もフレッツ光と同じですので、安心してご利用いただけます。光コラボレーションサービスに関しては、エアリー光のようなプランがおすすめかもしれませんね。ご契約の際は、しっかりと「契約約款」や「重要事項説明書」をご確認のうえご利用してください。 

 

スポンサーリンク





 

<エアリー光について>

<サービスについて>

<お申し込みについて>

<料金について>

<料金のお支払いについて>

<エアリー光プラン/光サービスメニューについて>

<ご利用について>

<ホームゲートウェイ[ひかり電話対応機器]のレンタルについて>

<エアリー光 インターネット接続について>

<通信速度について>

<解約について>

<その他注意事項>

<転用について>

<転用手続きについて>

<NTTフレッツ光で初期工事費の分割払いを選択いただいていたお客さまについて>

<その他転用に伴う注意事項>

<お申し込み時に必要な費用>

<月々必要な費用>

 

pdf airily_hikari_important_line.pdf (0.83MB)

pdf airily_hikari_important_tel.pdf (0.98MB)

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「報道資料」-「NTT東西」 NTT許可を出す。解禁(営業再開)光通信Grpの光ギガ(コラボ光)

 

>> TOPページへ

 

本日は、株式会社光通信グループの「光ギガ」が営業再開されたことをお伝えします。

 

NTT東西は、なぜ営業再開を許可したのか?という疑問を抱きますが、下記の内容により許可を出したようです。この「光ギガ」というコラボ光は、光コラボレーション事業者である「株式会社Hi-Bit」が提供するものです。株式会社Hi-Bitというのは大手企業「株式会社光通信」の完全100%子会社です。同社は、この光サービスの販売勧誘に関して、2015年12月4日に総務省より是正措置等を求める2回目の行政指導(警告)を受けたことを踏まえ(光コラボレーション事業者では初)、NTT東日本・NTT西日本は「株式会社Hi-Bit」からの「新規」及び「転用」に関する申込受付を停止しておりました。これに対して、株式会社Hi-Bitによる「サービス申込受付の品質向上に向けた具体的な取り組み」の提示およびホームページにおける公表があったことで、その取り組みを遵守した販売活動が行われるものと判断して、2016年4月1日より申込受付を再開するとした。

 

 ● 株式会社Hi-Bitによる具体的な取り組み

  (1) 既に契約済みお客さまに対する申込意思確認の実施

  (2) 新たな申込受付を行う際の取り組み改善

  (3) 代理店に対する指導・監督、監査の取り組み強化

 

  『光ギガ』サービス申込み受付の品質向上に向けての取組みについて  

 

NTTは、Hi-Bitが営業再開後も適正な販売勧誘を行っていることを確認するために、販売活動状況や管理体制の遂行状況の把握を継続してまいります。としていますが、大丈夫でしょうか?光通信グループからは、約10品目のコラボ光サービスが提供されています。今後、この関連したコラボ光へも注視してほしいものですね。利用者・消費者は「光ギガ」の営業があった場合、きちんと商品内容ももちろんのこと。営業内容も確認しておきましょう。皆さまのため、当サイトの一覧では各ページにこの関連のコラボ光ということを記載しております。利用者も賢くはなってきましたが、もっと注意をして契約するようにすることをおすすめします。

 

スポンサーリンク





 

 ● 株式会社Hi-Bit及び代理店がした不正行為

  (1) 転用承諾番号を利用者にかわり勝手に取得する行為

  (2) 契約内容をきちんと伝えずに契約書を行う行為

  (3) NTTと誤認させるような営業・勧誘行為

 

この他にも、光ギガの違約金・解約金の意味がわからないとNTTは指導をしましたが、これに対して株式会社Hi-Bitは違約金の内容を変更・廃止しています。ということは最初から意味をなさなかったとも理解できます。このようなこともありますので、利用するお客様は契約内容をきちんと確認してください。株式会社Hi-Bitと横並びである株式会社ホワイトサポート(CLOUDLINEというコラボ光を提供)なども同様です。

 

さて、本日は2016年4月1日。電力の自由化が始まりましたね。新電力を契約しましたか?上記のような問題行為があったとしても、新電力会社と契約している家庭の電気が一斉に停止することはありませんので、安心してください。と言いたいのですが、それ以前の問題だと思うことが電力自由化が思ったより進んでいないということ。現在、新電力への申し込みを完了しているお客様は、全体の約0.4%という数字も出ているようです。コラボ光は加速的に契約者数が伸びていますが、新電力の今後はどうなのでしょうか?様子をしっかり観察していきたいと思います。ただ、消費者の方へひとつだけおすすめしたいことがあります。一番最適な契約の仕方は、「ネット」、「電気」、「ガス」、「携帯」、「独自」のセット割りがあるところ、もしくはその可能性を持ったところと契約するようにしましょう。

 

本日、それに関連した新しいコラボ光を8つほど追加掲載します。お楽しみにしてください。

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「NTTへの報告書」-「株式会社Hi-Bit」 光ギガ(株式会社Hi-Bit )行政指導後の状況について

 

>> TOPページへ

 

春の選抜高校野球が始まりましたね。今週末には、プロ野球も開幕します。そして、あと10日ほどで電力自由化も始まります。春になり様々な契約や見直しをする機会でもありますが、電力も光コラボも契約の際には、きちんと内容や仕組みを理解して申し込みしましょう。おすすめの事業者は、当サイトの一覧でご確認ください。

 

さて本日は、2015年2月から始まったNTT光コラボレーションモデルを活用し「フレッツ光」の卸売を受け、「光ギガ(光GIGA)」として光回線サービスの販売を開始した「株式会社Hi-Bit」に関するお知らせです。

株式会社Hi-Bitとは、一部上場企業である株式会社光通信の直営グループ会社であり2005年に設立されました。今まで、光通信グループの営業力を活かしプロバイダーToppa!(トッパ)の運営・販売で実績を出してきており、プロバイダーToppa!の会員数は100万人いるのではという声もあります。横並びで、株式会社ホワイトサポートという企業もあり、プロバイダーBroadAceの運営、CLOUDLINE (クラウドライン)というコラボ光を提供していますが主に、電話勧誘や訪問販売での営業活動をしているようです。

 

その株式会社Hi-Bitは、光ギガ(光GIGA)と呼ばれる光コラボレーションサービスを2015年2月から提供開始してきましたが、約9ヶ月後には営業停止という業界では異例の事態になっています。その理由は、Hi-Bit社の販売勧誘にあたりフレッツ光の利用者が転用を申し込んだ認識がないのに契約先が変更される等の不適切な電話勧誘が認められたためです。光コラボレーションモデルが始まってから2015年2月に一度、行政指導を行ったにも関わらず、それ以降もHi-Bit社または同社の代理店による電話勧誘において改善が行われず、電気通信事業法(昭和59年法律第86号)第26条違反を含む不適切勧誘が認められたことから、販売勧誘方法の改善等を求める行政指導(警告)が総務省により行われました。これにより、新規受付や転用受付は停止しています。

 

スポンサーリンク





 

今回の記事は、総務省より求められていた改善書で株式会社Hi-Bit(代表取締役:砂賀 久仁允)から総務省総合通信基盤局長あてに送られているようです。

その中身を見ると「株式会社Hi-Bit」は、全ての販売活動について改善が確認出来るまでの間、光ギガサービスの販売活動を自粛しており、東日本電信電話株式会社(NTT 東日本)、西日本電信電話株式会社(NTT 西日本)より新規及び転用に関する申込受付の停止を受けている状況と始まり、既存の契約者に対するフォローコールの実施状況を説明しています。

 

光ギガの契約者数.GIF

 

(※1) 236,717 件 100.0% 

(※2) 134,030 件 56.6%

(※3) 114,529 件 48.4%

(※4) 18,388 件 7.8%

(※5) 1,113 件 0.4%

(※6) 102,687 件 43.4%

 

※1 平成27年12月5日時点の契約者総数。

※2 平成28年2月18日までに、フォローコールの実施が完了した件数(ご契約者様と会話できなかった件数は除く)。

※3 フォローコールの結果、光ギガサービスの継続利用の意思確認ができた件数。

※4 フォローコールにおいて、改めてサービス内容の説明を行い、オプションのみの解約を行い、光ギガサービスは継続利用の意思確認ができた件数。オプションの解約に関しては無料。

※5 フォローコールの結果、ご契約者様のご希望により光ギガサービスとそのオプションを全て解約処理とした件数。該当案件に関しては、ご申告内容によって違約金や割賦契約の残債等のご負担がご契約者様に発生しない形とした。

※6 フォローコールの結果、平成28年2月末日までに、電話が繋がらなかったご契約者様に対しては、平成28年3月末日までにフォローコールに準じた内容のDM発送します。 

 

上記のように発表されていますが、営業活動をしたいということから今後は改善されるでしょう。改善に期待ですね。

当サイトでは近日中に、コラボ光のランキングを公表いたします。光コラボレーションモデルが開始される前の光回線事業者は、数社でしたが光コラボレーションが始まってからは100倍以上の数に事業者が増えています。おすすめの事業者は本サイトでまとめています。人気の業者もランキング形式で掲載いたしますので、利用者の方は参考にしてください。申し込みの相談は、無料でご対応しておりますので、お気軽にご連絡ください。

 

スポンサーリンク





 

≪ 利用者が確認すべき資料 ≫

1.総務省への報告書の提出について

2.総務省への改善報告書の提出について

3.Hi-Bitからお客様へ

4.電話勧誘方法の変更

5.勧誘時の話法等について

6.光アクセス回線サービスの卸売を受けて提供するサービスに係る販売勧誘方法の改善等について(警告)

7.光コラボレーション事業者「株式会社Hi-Bit」に対する総務省からの行政指導に関するNTTの対応について

 ・ NTT東日本

 ・ NTT西日本

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一

「U-KISS × So-net光コラボレーション」-「ソネット株式会社」 U-KISSと一緒いられる!?

 

>> TOPページへ

 

本日は、光コラボレーションサービスにより実現可能になったおすすめの「コラボのコラボ」キャンペーンをご紹介。

 

ソネット株式会社(So-net)は、「So-net光コラボレーション」に申し込みされた方、かつ申し込みから6ヶ月以内に開通したお客様の中から先着200名限定で、韓国出身のボーカルダンスグループ「U-KISS」とバーチャルデートができる、『ドキドキバーチャルデート』プレゼントキャンペーンを、3月28日より実施しています。このキャンペーンでは、「U-KISS」オリジナルのバーチャルデートコンテンツと、そのビューワーをプレゼント。お手持ちのスマートフォンに専用アプリをインストールし、オリジナルビューワーにセットすることにより、360度パノラマ動画と遠近感のあるサウンドを楽しむことができ、「U-KISS」のメンバーと一緒にその場にいるような体験ができるんです。

 

バーチャルデートコンテンツ

上下左右360度を動画で視聴でき、リアルなうな体験をすることが出来るコンテンツ。プレゼントキャンペーンでは、最新のVR技術と遠近感のあるサウンドを組み合わせたオリジナルコンテンツをプレゼント。

 

So-net(ソネット)光コラボレーション

このサービスは、「NTT東日本」や「NTT西日本」が提供するフレッツ光サービスの卸提供(光コラボレーションモデル)を採用したサービスによる光アクセス回線(FTTH)とインターネット接続サービス(ISP)をパッケージとして提供するもの。フレッツ光のFTTH回線品質と長年のプロバイダー「So-net(ソネット)」サービスで培った運用ノウハウを活かし、高品質で低価格なサービスを提供。フレッツ回線をご利用であれば、基本的に工事不要。簡単な転用の手続きのみで利用できます。auスマホやタブレットをお持ちなら、月額利用料金から更に1,200円を割引して最安値では2,800円で利用可能。もちろん、この料金で使い放題なので、今迄から比較すると激安と言ってもいいぐらいです。人気なコラボ光のひとつです。

 

U-KISS

2008年の夏に、7人組グループでデビューしたU-KISS(ユー・キス)。端正な顔立ちからは想像できない驚くべき歌唱力とパワフルなパフォーマンスで、デビューから2ヵ月後には、「アジア・ソング・フェスティバル」で新人賞を受賞。メンバーは、モデルやバラエティ番組へのレギュラー出演、MCとして活動をするなど、様々なジャンルで活躍する人気と実力を兼ね備えたグループ。その人気ぶりは、既に韓国のみならず中国、タイ、マレーシアなどアジア諸国での高い認知度からもうかがうことができる。

 

U-KISS×So-net光コラボレーション!のようなサービスというのは、今までのフレッツ光では実現できなかったものです。光コラボレーションというのは、本当に様々な特徴や付加価値を提供してくれますね。光回線の利用者には、U-KISSメンバーと一緒にいるような体験をぜひお楽しみいただきたいですね。U-KISSのメンバーとデートするなら、あなたはどこに行く?このドキドキバーチャルデートなら、360度のパノラマ動画でVR(バーチャル・リアリティ)体験ができますよ!ぐるっと見渡せば360°さまざまな景色が見えたり、U-KISSメンバーが遠くから呼ぶ声や耳元でのささやきまで!?まるでU-KISSがその場にいるような体験をプレゼント! 

 

さらに!200名の中から先着50名様限定でU-KISSメンバーからあなたの名前を呼ばれるキャンペーンも!これは、「ドキドキバーチャルデート」コンテンツ特別バージョンとして、U-KISSメンバーにあなたのお名前が呼ばれちゃいます。申し込み後So-net(ソネット)のメールアドレス宛てにお送りするメールに記載の方法で、呼んで欲しいお名前をご登録ください。メールに記載の期日までに、ご登録がない場合は、対象外となります。ぜひ、このキャンペーンを機会にソネット光をご利用してみてください。

 

スポンサーリンク





 

2015年2月に始まった光コラボレーションですが、開始から1年も経過して400社以上の光コラボ事業者が誕生し、それによる商品数も250プラン以上に。そして、肝心なことは今までのフレッツ光では上記のようなサービスが実現できなかったこと。まさに、NTTが狙っていた付加価値によるサービスの向上や利用者の増加が実現しそうですね。ソネット光が今回、実施しているキャンペーンの他にも他の事業者から「コラボのコラボ」プランが提供されています。その中で、人気でおすすめなのはU-NEXT(ユーネクスト)光です。本サイトの『全商品一覧比較|再卸・協業プラン』で紹介しておりますので、ご確認ください。なお、本サービスに関しては一時的なキャンペーンのため、一覧には掲載しません。

 

光コラボレーション(コラボ光)事業者は、今後も様々な付加価値を持ち幅広い顧客層へ多様なプランを提供していくでしょう。現在、フレッツ光を利用しているお客様は「転用」という手続きにより簡単にサービス変更が可能になっております。ただ、転用するにしてもサービスが多い、どこがどのような特徴を持っている?など不便を感じる一面があります。安心してください!そのようなお客様のために本サイトがあります。本サイトでは、提供している全事業者と全商品プランをできる限りまとめています。商品ページでは、細部まで記載はせず公式ページをご覧いただけるようになっております。お客様自身がお使いになるサービスをしっかり自分の目で見て確かめるという意味を持った形です。そして、ドコモ光やソフトバンク光、プロバイダー会社から提供されるコラボ光のサービス以外は、ほとんどweb上で埋もれます。ただ、本サイトならいちいちwebで探さなくても全部見れちゃいます。ぜひ、ご活用ください。

 

順次、それぞれの特徴やランキング、事業者ごとのまとめなど閲覧する利用者にとってわかりやすく利用しやすい表示にしていきます。光コラボレーションサービスに関するご相談やご質問、お悩みは当サイトへ。

 

http://www.so-net.ne.jp/access/special/u-kiss/index.html

 

>> 光コラボレーション事業者一覧

>> 光コラボレーション全商品比較

 

【おすすめ】光コラボレーション比較ページ





 

ライター:戸澤順一