%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%a6%e3%83%89%e5%85%89

【 プラウド光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < プラウド光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < プラウド光 >

 現在、バンドルタイプ(光回線とプロバイダーのパックプラン)の提供は行っておりません。

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < プラウド光 >

 [ ファミリー・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(E)] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガタイプ(W) ] 5,200 円

 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ(W) ] 5,000 円

 [ ファミリー・タイプ(E) ] 5,000 円
 [ ファミリー・タイプ(W) ] 5,000 円

 

 [ マンション・ギガタイプ(1GB Wi-fi付)(E) ] 4,500 円
 [ マンション・ギガタイプ(E) ] 4,200 円
 [ マンション・ギガタイプ(W) ] 4,200 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ(W) ] 4,000 円

 [ マンション・タイプ(E) ] 4,000 円
 [ マンション・タイプ(W)] 4,000 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < プラウド光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 < プラウド光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 3,000 円
 [ マンション・タイプ ] 3,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < プラウド光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < プラウド光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < プラウド光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < プラウド光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 提供オプション

 < プラウド光 >

 プラウドひかり電話
 リモートサポート
 【(W)各プラン標準装備】セキュリティ対策ツール1ライセンス/回線
 【(W)各プラン限定】プラウド光 powered by TG光(W)V6オプション
 【(W)各プラン限定】プラウド光 powered by TG光(W)V6オプション追加ネーム
 無線LAN対応型ルーター機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)
 ルーター機能付回線接続装置(ホームゲートウェイ)(Wのみ)
 無線LAN対応型ルーター機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)基本装置(Wのみ)
 無線LAN対応型ルーター機能付回線接続装置(無線LAN対応型ホームゲートウェイ)増設装置(Wのみ)

 

◆ 提供エリア

 日本全国の「フレッツ光」が利用可能な場所で「プラウド光」が申し込みできます。

 

◆ キャンペーン

 現在、「プラウド光」では独自のキャンペーンなどは実施されておりません。

 

 

【 プラウド光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 3. 法人向けの光コラボとしてコスト削減が期待できること。

 

◆ デメリット

 1. TG光のpowered byサービスのため類似した商品が数多く存在すること。
 2. 解約時にかかる費用の定めが明確ではないこと。
 3. 光回線と光電話に加えてリモートサポート以外のサービス提供がないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「プラウド光」は「株式会社ティーガイア(T-GAIA)」が提供している「TG光」のpowered byサービスになります。

 powered byサービスとは、どのようなものか。その仕組みを再度、解説しましょう。

 通常の光コラボレーション事業者というのは、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドの光回線として利用者(エンドユーザー)に提供を行います。

 しかし「プラウド光」のようなpowered byサービスに関しては、下記のような仕組みになります。

 光コラボレーション事業者が、NTT東日本・NTT西日本と直接契約を行い「フレッツ光」の卸売りを受けて自社ブランドとして提供を行うが、その自社の光回線を提携している企業に再卸を行う仕組みで、利用者に提供されるサービスです。

 この再卸モデル(光コラボレーション2)を積極的に行う光コラボレーション事業者は、下記の事業者です。

  ・ 株式会社ティーガイア(TG光)

  ・ 株式会社U-NEXT(U-NEXT光)

  ・ 丸紅テレコム株式会社(Marubeni光)

  ・ 株式会社イージェーワークス(ej光)

  ・ 株式会社ホワイトサポート(CLOUD LINE)

 上記のモデルにより「プラウド光」は、ティーガイアが提供する「TG光」と同様のサービスとなります。

 「TG光」では、数多くの提携事業者と協業して光コラボの提供を行っています。その「プラウド光」の特徴は、経費削減ができるという内容になっています。

 今までのフレッツ光と比べて安価な設定にしているため「フレッツ光」を利用している法人であれば料金が下がることがほとんどです。

 「TG光」のpowered byサービス(光回線)は、ユーザーの囲い込みや新規の提案などを行っていくためのツールにもなります。

 導入先にとっては経費削減になり、卸提供している「ティーガイア」にとっては定期的に収益が入ります。当然、大元であるNTT東日本・NTT西日本にも利益が出る仕組みになっていますので、分け合いするようなシステムですね。

 再卸のサービスは、どれも同じで商品名だけが違うという点が多く、特別な特徴を持っていることが少ないです。今後、それぞれが特徴を持ってくると良いですね。

 まだまだ、期待です。

 今、最も多くpowered byの光コラボを提供しているのは「TG光」ですが、ほとんどのサービスが全部同じようなサービス設計になっています。

 そして、ほとんどのサービスが法人向けの光コラボとして提供されています。

 

 

【 プラウド光を利用した人の口コミ 】

 

◆ プラウド光の口コミ

 「プラウド光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 プラウド光の公式情報 】

◆ PROUD光/重要事項説明

 PROUD光 重要事項説明書

 

◆ PROUD光/株式会社PROUD with 株式会社ティーガイア

PROUD光 公式ページ|PROUD光

株式会社PROUD 会社概要|株式会社PROUD

株式会社ティーガイア 会社概要|株式会社ティーガイア