%e3%82%bf%e3%83%86%e3%82%b7%e3%83%8a%e5%85%89

【 タテシナ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < タテシナ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < タテシナ光 >

 現在、バンドルタイプ(光回線とプロバイダーのパックプラン)の提供はありません。

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < タテシナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,400 円
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < タテシナ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

 < タテシナ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < タテシナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 20,000 円
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < タテシナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < タテシナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < タテシナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] 未提供

 

 

◆ 提供オプション

 < タテシナ光 >

 たてしな光電話 基本プラン

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「タテシナ光」が使えますが、提供は長野県北佐久郡立科町(芦田地区)に限定されています。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 現在、「タテシナ光」では「たてしな光+ケーブルテレビ」新規同時加入の場合に工事費無料のキャンペーンを実施しています。

 

【 タテシナ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. フレッツ光よりは安価に利用できること。
 2. 地域のケーブルテレビ局ということもあり無料サポートが充実していること。
 3. 工事費無料のキャンペーンがあること。

 

◆ デメリット

 1. 長野県北佐久郡立科町でしか利用できないこと。
 2. 光回線と光電話以外のサービス提供がないこと。
 3. サービス詳細に不明な点が多いこと。

 

 
 

◆ 総評

 本サービス「タテシナ光」は、長野県北佐久郡立科町大字山部に所在する「蓼科(たてしな)ケーブルビジョン株式会社」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 蓼科ケーブルビジョン株式会社は、地域に特化したケーブルテレビ局であり株主に行政などが存在する官民一体の企業です。

 同社が自社のサービスを展開する対象地域は、北佐久郡立科町の全域、佐久市望月、協和、印内、茂田井地区の各一部です。

 これにより「タテシナ光」の提供エリアも限定されています。

 地域のケーブルテレビ会社から提供されている光コラボレーションサービスは、数多く存在していますが基本的に地域限定で提供されることが多い状況にあります。

 引っ越しなどが想定できる場合、解約手続きをして解約時の負担もあるので申し込みや契約時によく確認してから手続きを行うことをおすすめします。

 また「タテシナ光」のようにマンションタイプの提供をしていなかったり、光回線と光電話しか提供しないということもよくあります。

 地域のケーブルテレビ局というのは、ケーブルテレビのネットを提供することで事業を行っていますので他の光コラボみたいに力を入れない特徴を持っています。

 そのような背景があるからなのか、2016年12月からは「ドコモ光 タイプC」の提供が開始されますね。

 「ドコモ光 タイプC」については、また別ページで紹介します。

 そして、KDDIも動き出しているのをご存知でしょうか。

 KDDIもNTT東西と同様に2016年12月より、ケーブルテレビ (CATV) 事業者向けに「ケーブルプラス光卸」の提供を開始するとしています。

 わかりやすく説明すると「NTT東西」は「フレッツ光」を各社に卸提供していますが、「KDDI」は「auひかり」をケーブルテレビ各社に卸提供するということです。

 2017年も通信業界は、激しい競争の激化を起こしそうです。

 

 

【 タテシナ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ タテシナ光の口コミ

 「タテシナ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 タテシナ光の公式情報 】

◆ TATESHINA光/重要事項説明

 TATESHINA光 重要事項説明書

 

◆ TATESHINA光/蓼科ケーブルビジョン株式会社

TATESHINA光 公式ページ|TATESHINA光

蓼科ケーブルビジョン株式会社 会社概要|蓼科ケーブルビジョン株式会社

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】