光コラボレーションモデルとは、NTT東日本、NTT西日本から光回線を借り受けて、NTT以外の会社が自社サービスとしてお客様に提供する仕組みのこと。これまでは、NTTは直接、個人や店舗・事業所向けに光回線を「フレッツ光」として販売・提供してきました。

2015年2月1日からは、NTTが光回線を卸売りしています。そこで、NTT以外の企業が「光コラボレーションモデル」を使って、自社ブランドの光回線サービスを立ち上げ、新たなる特徴を加えて自社サービスとしてユーザーに提供できるようになりました。

光コラボレーションモデルを利用して、サービス提供する会社は、今までインターネットサービスプロバイダーを提供してきた会社を主として、既に多くが名乗りを上げています。携帯電話のサービスを提供している企業では、NTTドコモが「ドコモ光」、ソフトバンクBBが「SoftBank光」、KDDIが「ひかりJ」を提供します。

ドコモのMVNO事業を行っている企業もサービスを提供する方針で、たとえばIIJは「IIJmioひかり」、NTTコミュニケーションズは「OCN 光」を、So-netは「So-net 光 コラボレーション」を、U-NEXTは「U-NEXT光」、ビッグローブは「ビッグローブ光」、ニフティは「@nifty光」をそれぞれ個人や店舗・事業所向けに提供を開始しています。