auひかり

【無料相談】ひかり百貨店コンシェルジュ

光百貨店回線コンシェルジュは、インターネット回線契約に関するお悩みを徹底解決し契約のサポートまで担当する電話サポートサービスです。

インターネット回線を契約する際、価格、エリア、速度、キャンペーンなど気になる点が多くありますよね?

また、回線業者もたくさんあり契約内容も複雑ですので、最適な回線業者を自分1人で見つけるのは本当に大変です。

こういうことで悩んでませんか?


・自分にあったインターネット回線がわからない・教えて欲しい

・料金の安い、速度の早い回線を知りたい

・今契約しているところから乗り換えたい(不満がある)

光百貨店コンシェルジュは、こうした疑問や問題を解決し、あなたにあって最適な回線契約ができるようにお電話でサポートするサービスです。

出先で今は電話ができない!休日にゆっくり相談したい!など、お好きな時間にご相談されたいという方には、コールバック予約ができます。

当サービスの経験豊富なスタッフからご希望のお時間にお電話致しますので、ネット回線契約に関して少しでもお悩みの方はお気軽にお問い合わせください。

コールバック予約

よくある質問

faq_top

Q.電話加入権は必要ですか?

A.光回線に加入するときに電話加入権の必要は一切ありません。
コレはオプションで光電話を利用される場合でも同じです。

Q.光プロバイダーの利用料金と光回線の利用料金は一緒ですか?

A.基本的に別のものだと考えてください。
光ファイバーの敷設をするための工事があり、その月額の利用料金も発生します。
同様に接続業者にも毎月利用料を支払うことになります。
最近では、この2つがパックになっているサービスもあるので、そういったものに申し込むのもいいでしょう。
比較サイトなどでは、接続業者に支払う費用と回線利用料を合計して表示しているところもあるので注意しましょう。

Q.申し込みからどのくらいで実際に利用できるようになりますか?

A.早い場合だと1週間ほどで開通出来ると言われますが、たいていの場合もう少し時間がかかる場合が多いです。
ちなみに私の場合では申し込みから工事完了まで2カ月程度かかりました。

Q.インターネット回線の、上りと下りの意味はなんですか?

A.インターネットにおけるのぼりというのは、パソコンからデータを送信する作業のことです。
メールを送ったり、画像や動画をアップするときなどのことだと理解すればいいでしょう。
くだりというのは、要するにダウンロードすることです。
のぼりとくだりの速度に差があるADSLに比べて、光回線では安定してるのが特徴です。
ただし、利用する光プロバイダーによっては最大速度に違いが出ることもあります

auひかり|KDDI|人気急上昇の光回線!料金・速度・工事費やホーム&マンションのエリアは?プロバイダ別キャンペーン情報も!

 本ページでは「KDDI株式会社」が提供する「auひかり(各プロバイダー別)」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

続きを読む

auひかりアクセス(B)|KDDI|法人向けの光コラボレーションサービス!料金・解約金・工事費・電話番号など評判&口コミは?

 本ページでは「KDDI株式会社」が提供する「auひかりアクセス(B)」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

続きを読む

auひかり|KDDI|auスマートフォンとセットで契約すると料金が超お得!お客様サポートが評判のインターネット回線として人気!

 本ページでは「KDDI株式会社」が提供する「auひかり」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

続きを読む

「auセット割」と「auスマートバリュー」の料金比較|auスマホユーザー必見!NTTフレッツ光でも転用すれば「au割引」が受けられる?

携帯電話やスマートフォン、光回線などの通信関係のサービスには様々な割引が存在します。

今回、この記事では「auセット割」というau関連の割引について説明していきます。

auセット割とは

auセット割とは、auのスマートフォンや携帯電話を利用している人が、光コラボと呼ばれる光回線の毎月の料金から最大1,200円が割引されるサービスのことです。

簡単に言うと、「auのスマホを持っていればネット料金が安くなる」というわけです。

適用の条件

auセット割の適用条件ですが、特に難しいことはありませんが、auのスマホと対象の光回線(光コラボ)を契約中であれば期間の定めなく割引され続きます。

仮にビッグローブ光に申込んだ場合の適用条件を説明していきます。

・ビッグローブ光を利用している人(同時の申込みも可)
・ビッグローブ光の契約情報がauの契約情報と同じ
・auスマートバリューを利用していないこと

割引金額

auセット割で割引される金額は500円または1,200円です。

この割引金額の差は契約中のデータプランによって異なります。

契約プラン 割引金額 auスマホ データ定額5~30 毎月1,200円 データ定額1~3 毎月500円

auスマートバリューとの比較

次に、auが提供しているインターネットや電話サービスとのセット割「auスマートバリュー」および「auスマートバリュー mine」の概要とauセット割との主な違いについて見ていきます。

auスマートバリューとは

auスマートバリューは、au携帯電話(スマートフォン・タブレット含む)の対象プランと所定の固定通信サービス(インターネットと電話もしくはテレビサービス)とを同時利用することで、携帯電話の月額料金が毎月934円(永年)~2,000円(最大2年間)割引になるサービスです。

また、「auスマートバリューmine」は、携帯電話で所定の定額サービスに契約し、対象となるWi-Fiルーターとのセットで利用することで毎月500円~934円が割引されるサービスになります。

セット利用が可能なサービスには「auひかり」や「コミュファ光」「eoひかり」などの光インターネット、「対象となるケーブルテレビ局のインターネット+電話サービス(もしくはテレビサービス)」があり、これらをauの携帯電話とあわせて利用し条件を満たすと、スマートバリューへの申し込みが完了した翌月から割引を適用することができるようになります。

auセット割との相違点

両者のサービスの主な違いですが、まずauセット割は複数回線の割引適用ができないことに対して、auスマートバリューは固定回線1回線につき携帯電話最大10回線まで適用が可能となっています。

つまり、たとえば家族でauの携帯電話を複数回線利用しているという場合には、auスマートバリューであれば最大2年間計20,000円までauの携帯電話料金を抑えることができるということになります。

そうすると割引額としてはauスマートバリューが断然お得だといえますが、セットで利用するサービスには、インターネットに加えて電話もしくはテレビサービスを併せて利用する必要があります。

(auセット割のほうは「インターネット+携帯電話」の組み合わせで適用が可能です)

また、auスマートバリューは適用された割引額が携帯電話料金から割引になりますが、auセット割は光回線の月額料金から割引になります。そのため、申し込みの手続きは「auスマートバリュー⇒auショップ・My au・電話」「auセット割⇒各光コラボレーション事業者」となることも違いとして挙げられます。

セット割の適用が可能な光コラボレーション事業者

さて、auセット割が適用できる光コラボの種類についてチェックしていきましょう。

対象の光コラボは多いのですが、ここでは有名・人気の光コラボだけをピックアップして紹介します。

biglobe(ビッグローブ光)

まず紹介するのは、プロバイダとしても人気のあるbiglobe(ビッグローブ光)です。最近、au(KDDI)の参加になったことで、通信環境の整備やサービス改善において更に強みを増しています。

現在ではキャッシュバック1万円をプレゼントするキャンペーンを実施中。
また、工事費割引キャンペーンもあるので実質0円になります。

また、auセット割と工事費割引キャンペーンを併用できるのがbiglobe(ビッグローブ光)の強みです。

ニフティ(@nifty光)

ニフティもプロバイダの企業として有名ですが、光コラボとして@nifty光(ニフティ光)を提供しています。

元々は富士通などの子会社ですが、現在では家電量販店のノジマの完全子会社になっています。

@nifty光を販売している代理店は多いのですが、どこで申込むか注意する必要があります。

というのも、不自然に毎月の利用料金が安い代理店や高額すぎるキャッシュバックを展開している代理店が存在するからです。

ニフティは企業としては知名度も人気もある会社ですが、実は@nifty光はそこまで加入者数は多くありません。

ソネット(So-net光)

So-net光もビッグローブやニフティと同様にプロバイダの企業として有名です。運営している企業もソニーグループですので安心して利用することができます。

光コラボの中でも加入者数が多いのですが、auセット割と工事費無料キャンペーンを併用できないことが残念なところ。

まとめ

auスマートバリューは最大2,000円までの割引額に加え複数回線の適用が可能と、契約状況によりかなりお得になるサービスですが、フレッツ光に関しては対象外ということで適用できなかったケースもあるかと思います。

とはいえ、そうした場合にauセット割を適用できることはauのユーザーにとって喜ばしいサービスといえます。(ただし光コラボレーション事業者の中でもひかり電話を利用する場合にはauスマートバリューに申し込みが可能なサービスもあります)

月500円の割引でも年間で6,000円、月1,200円であれば14,400円とそれなりの金額が抑えられるので、auのユーザーでフレッツ光のサービスを利用したい場合には上記に挙げた事業者のサービスを検討してみると良いかもしれません。