「プララ光 – 株式会社NTTぷらら」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

%e3%80%90%e3%83%97%e3%83%a9%e3%83%a9%e5%85%89%e3%80%91

≪月額料金≫ ※ バンドルタイプ (通常契約)

[ ファミリー ] 4,800円
[ マンション ] 3,600円

 

≪月額料金≫ ※ バンドルタイプ (ひかりTVセット)

[ ファミリー ] 5,700円
[ マンション ] 4,500円

 

≪初期費用≫

[ 転用 ] 3,000円
[ 新規 ] 3,000円

 

≪解約料金≫

[ ファミリー ] 〜 29,000円
[ マンション ]〜 26,000円

 

 

≪提供エリア≫

日本全国の「NTT フレッツ光」が利用可能な提供エリアで申し込みできる。

 

≪オプション≫

・ひかりTV 各種プラン
・IP電話
・モバイル接続オプション
・セキュリティ
・メール
・複数メールアドレス
・メールウイルスチェックサービス
・グループメール
・ぷららWebメール
・メールフォワードHyper
・プライベートドメインメール
・ホームページ
・接続オプション
・プラスオプション
・ウイルスバスター for plala
・ホームページウイルスチェックサービス
・ぷららモバイル LTE

 

≪キャンペーン≫

・ひかりTV セット割
・ぷららモバイル LTE セット割
・QUOカード5,000円分プレゼント
・転用手数料3,000円の無料キャンペーン

 

≪総合特徴≫

「Plala光 (ぷららひかり)」は、NTTグループである「株式会社NTTぷらら」が提供する光コラボレーションサービスです。

ぷららの親会社は、NTTコミュニケーションズです。これを機にNTTについて少し説明しましょう。

規模が大きすぎて大変ですが、下記に記載します。簡単な数字でいうと、その規模は従業員24万人(愛知県名古屋市の全人口とほぼ一緒)。グループ企業は、900社以上。営業収益11兆円以上。総資産20兆円以上です。

日本電信電話株式会社(NTT)は持株会社としてグループ全体を統制をしており家族で言えば親です。(もう、おじいさんになっているように思えますが)

その「NTT」の子会社には、まず「データ通信事業」を担当する「NTTデータ」が存在しており家族で言うならば長男と置き換えればわかりやすいだろうか。

そして、次男には3歳の年の差で「移動通信事業」を担当する「NTTドコモ」がいる。

続いて、その5年後には三男が誕生して「長距離・国際通信事業」を担当する「NTTコミュニケーションズ」・「ディメンションデータ」がいる。

続いて、四男には「地域通信事業」を担当する「NTT東日本」・「NTT西日本」という家族構成だ。

まだ、子供はいるが巨大なグループになると光コラボレーションも複雑ですね。業界でのシェアもNTTグループが圧倒している現在です。

これ以上の説明するとわけがわからなくなるので。と思いながらも書きますが、まだまだ子だくさんである。

四男のNTT東西に続いては、「不動産事業」を担当する「NTT都市開発」。

「金融事業」を担当する「NTTファイナンス」。「建築・電力事業」を担当する「NTTファシリティーズ」。

さらに、「システム開発事業」を担当する「NTTコムウェア」。

そして、まだまだ子供がいます。「先端技術開発事業」を担当する「NTTエレクトロニクス」、「NTTアドバンステクノロジ」、「NTTソフトウェア」に続き「その他・新規事業」を担当する「NTTビジネスアソシエ」、「NTTロジスコ」、「NTTアド」となっています。

すごいの一言しか出ません。

さて、本題の「ぷらら光」ですが「ぷらら」といえば日本の大手インターネットサービスプロバイダーで「NTTコミュニケーションズ」グループのサービス。

「NTTグループ主要ISP(プロバイダー)」には、「OCN」、「ぷらら」、「WAKWAK」、「InfoSphere」、「mopera」があり、各プロバイダーサービスによって特徴と役割があるようです。

OCN(NTTコミュニケーションズ)は個人法人向け、InfoSphere(NTTPCコミュニケーションズ)は法人向け、WAKWAK(NTT-ME)、mopera(NTTドコモ)はモバイルブロードバンド向けなどとなります。

「ぷらら光」の特徴は、シンプルであり以前から同社で提供していた「ひかりTV」サービスをセット契約することにより、通常よりも格安で地デジ、BSデジタルがアンテナ不要で視聴できることだろう。

NTTグループのコラボ光に関しては、何もしなくてもシェアを維持できそうなので簡単に終えます。

今後に、そのまま期待ですね。

ただ、もっとしてほしいこととしては「NTTぷらら」には、せっかく「ソニー」が株主として存在しているのだから互いの相乗効果を出すためにも何か新しいことに取り組んでユーザーが満足するような商品提供をしてほしいですね。

 

 

【 プララ光の公式情報 】

◆ plala光/重要事項説明

 plala光 重要事項説明書

 

◆ plala光/株式会社NTTぷらら

plala光 公式ページ|plala光

株式会社NTTぷらら 会社概要|株式会社NTTぷらら

 

携帯セット割おすすめ光回線ランキングランキング

スクリーンショット 2017-02-20 19.28.26

「auひかり」は、CMや口コミでの評判の良さは抜群!!
今もっとも注目の光回線です。

速度での不満も少なく、年間利用額は光回線で1番安い18,600円です。 auひかりに契約するなら、キャンペーン期間に契約するのがオススメ!!

マンション
料金
3,500円
速度
1Gbps
工事費用
30,000円
一戸建て
料金
5,100円
速度
1Gbps
工事費用
37,500円
キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名
図1

ドコモ光の魅力は、スマートフォンとセットで割引が適用可能ということ。
しかし、 ドコモ光は、年間利用料が48,400円とau光(年間利用料18,600円)と比べると、 29,800円もドコモ光は年間お金がかかるので、安くネットを利用したい方はau光がお得です。

マンション
料金
4,000円
速度
1Gbps
工事費用
15,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
18,000円
softbanke58589

お父さんのCMでおなじみのソフトバンク!! 加入者数が増加していることもあり、「速度が遅くてイライラする」という口コミをよく見ます。 また、年間で50,600円も利用料がかかる為、口コミでは評価があまりよくありません。 速度でイライラしたくない方や安く利用したい方はauひかりを検討ください。

マンション
料金
3,800円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円