光回線/電気/ガスの自由化合戦!消費者はおすすめを見極めましょう!

 本ページでは「光回線/電気/ガスの自由化合戦!」について紹介しています。

本日は、「光回線の自由化」、「電力の自由化」、「ガスの自由化」についての記事です。

 

 

まず、この「光回線の自由化」とは、NTT光コラボレーションモデルのことです。「光回線の自由化(NTT光コラボレーション)」に関しては、2015年2月に開始されました。

その契約数は、開始から1年ほどで500万件を超えるほどになっています。その数値を牽引している企業は、主にNTTグループ、ソフトバンクグループ、光通信グループのコラボ光になっています。

この「NTTグループ」からの代表商品は「ドコモ光」や「OCN光」、「ぷらら光」などです。そして、「ソフトバンクグループ」からは「ソフトバンク光」が提供され商品名を知らない人はいないでしょう。

加えて、忘れてはいけないのは「光通信グループ」ではないでしょうか?転用承諾番号の不正取得や営業方法で悪評が目立っていますが、契約者数は他企業に比べてダントツです。

今の段階では、予測になりますがグループ全体で60万件の契約があってもおかしくないぐらいです。

この「光通信グループ」からは、2016年3月まで営業停止処分を受けていた「光ギガ」があり、それ以外では「CLOUDLINE」や「ひかり速トク」など、全部で10種類ほどあります。2016年4月1日より営業再開しており、今後の動向に注目です。

上記は、個人向けのサービスの動きになっています。「コラボ光」で今後の注目を集めているのは、法人向けのサービスになりNTTも力を入れていくと意気込みを見せています。

法人向けで、積極的な動きを見せているのは、株式会社U-NEXTから提供されている「U-NEXT光コラボレーションン」と株式会社ティーガイアから提供されている「TG光」です。数々の協業プランを提供することを実現しています。

本サイトでは、全種類掲載しておりますので参考にしてください。特にU-NEXT光のパワードバイサービスに関しては特徴があり見ているだけでも楽しくなります。

これが、「光コラボレーション」=「光回線の自由化」の動向です。ほとんどの企業の決算月は、3月になりますので5月ぐらいまでには1年の活動をプレスリリースとして公表する義務が課せられています。

その決算発表を見ることをおすすめします。一般の消費者も見る権利と義務があると思います。

各企業のホームページなどで発表されますので、しっかり確認しましょう。そういったものからも今後、安心して使える商品なのか?そうではないのか?が予測できたりします。利用者に必要な努力です。

 

 

さて、続いて「電力の自由化」です。今が旬ですよね?みなさんもご存じのとおり2016年4月より開始されました。現在、既存の電力会社から新電力会社への乗り換えをした契約数は、40万件ほどと落ち着いています。

この数字には、「スマートメーター」や「切り替えシステム」の問題などが浮き彫りになり影響しているようです。この数字は、全体の対象顧客のうち0.5%ほどです。

結論から、お伝えします。こんなことを言うと電力事業に参入した企業から批判を受けるかもしれませんが、新電力の契約は2017年4月に始まる「ガスの自由化」以降で十分だと思います。

様々な問題が浮き彫りになった中で思うことは、体制と準備の問題です。光コラボレーションでは、一部の企業による営業方法の問題はありましたが、さほど重要な問題は起きていません。

一方で、電力の自由化に関しては、スマートメーター設置の人員が足らず、それに加えて申し込みをしても利用者からは見えないシステム都合の問題を起こしています。来年でもいいという要因は、もうひとつあります。

電力の販売をしている企業が「ガスの自由化」に参入せず、最も恩恵を受けられる契約形態で利用できなかった場合、利用者は損をすることになります。必ずしも全事業者が、「電気事業」、「ガス事業」を始めるわけではありません。

そこで、最も最適な契約プランをご紹介しましょう。それは、すでにここまで読んでいただきわかっていると思いますが「電気」+「ガス」+「光回線」+「スマホ」のセット契約です。

まずは、来年2017年の春まで各社の「電気事業」の状況を見守ることでしょう。営業や勧誘を受けても急ぐ必要はありません。じっくり構えましょう。それでも、待てないという方には、東京ガスがおすすめです。

この企業以外では、ガス会社で「光コラボレーション事業者」への参入をしていて、「電力の自由化」への参入をしている企業を選ぶことをおすすめします。

現在では、この状況があってか「東京電力」と「東京ガス」が熾烈な競争を行っています。

「仁義なき戦い」東京電力VS東京ガス (来年にかけ奪い合い競争激化)

それぞれ、「電力事業:8兆円」、「ガス事業:5兆円」という市場規模を持っています。今後、どのような業種や企業がどんな形で参加してくるかわかりません。ただ、この市場規模は決して小さなものではないことは経営側からすると皆が思うことでしょう。今後を楽しみにしましょう。

 

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

必見!!インターネット回線を契約したいが迷っている方へ
インターネット回線の契約をする際、「価格」「エリア」「速度」「キャンペーン」など気になる点が多くありますよね?

また、回線業者がたくさんあり契約内容も複雑ですので、自分にあった、インターネット回線を探すのは本当に大変です。

そこで、HIKARI百貨店ではインターネット回線の契約に関するお悩みを徹底解決し契約のサポートまで行う電話サポートサービスを新しく始めました。

当サイトの豊富な情報とお電話での安心相談により問題を未然に解決し、あなたに最も合った契約ができるようサポートいたします。

出先で今は電話ができない!
休日にゆっくり相談したい!
など

お好きな時間に電話ができるコールバック予約も可能ですのでお気軽にお電話下さい。

<<今すぐお悩み全て解決!インターネット回線の契約で迷っているならまずお電話を>>

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】