FVNO(仮想固定通信事業者)とは

 本ページでは「FVNO(仮想固定通信事業者)」の概要を説明しています。

「FVNO」はFixed Virtual Network Operator(フィクスト バーチャル ネットワーク オペレーター)の略です。

 

 

これは、自ら固定回線のネットワークを持たず、他の事業者から回線を借り受けた事業者が、エンドユーザーにサービス提供することです。読み方に関しては、アルファベットをそのまま「エフブイエヌオー」。日本語で「仮想固定通信事業者」と訳されます。

「FVNO」は「フレッツ光」や「auひかり」のような固定回線を扱う事業者が対象ですが、LTEやWiMAXなどのモバイル回線が対象なのは「MVNO」といいます。これにより、自社で回線網を持っていなくても、「FVNO」として回線網や設備を「NTT東西」などのから借り受け、インターネット接続サービスを独自ブランドとして各利用者に提供する事が出来ます。このインターネット回線網や設備を整えるには、莫大な資金が必要になり、新規事業者の参入はかなりのハードルになります(ほぼ不可能)。

実際、独自に全国レベルでの回線網を保有しているのは「NTT」や「KDDI」などしかありませんが、比較的参入障壁の低い「FVNO」の参入を促す事で、価格競争やサービスの多様化に繋がり、ユーザのニーズを満たせ業界も活性化するメリットがあります。「FVNO」が大きく報道されるようになったのは「光コラボレーションモデル」が始まったからですね。「NTT東西」による「光回線サービス卸」の事で、「FVNO」に光回線網を貸し出しますよという内容です。

いわゆるNTT法などで様々な規制がありましたが、2014年10月に総務省が光回線の卸を承認したことで、NTT東日本・NTT西日本はNTTドコモに光回線を貸し出せる事になりました。これによりNTTドコモは固定回線とのセット割が可能になり、同社の低迷しているシェア奪還が期待されています。

「FVNO」は固定回線を扱う事業者が対象ですが、LTEやWiMAXなどのモバイル回線が対象なのは「MVNO」といい、「FVNO」よりも早い段階でサービスが提供されていた事もあって、モバイルインターネットの世界では比較的よく聞く用語になっています。

 

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

必見!!インターネット回線を契約したいが迷っている方へ
インターネット回線の契約をする際、「価格」「エリア」「速度」「キャンペーン」など気になる点が多くありますよね?

また、回線業者がたくさんあり契約内容も複雑ですので、自分にあった、インターネット回線を探すのは本当に大変です。

そこで、HIKARI百貨店ではインターネット回線の契約に関するお悩みを徹底解決し契約のサポートまで行う電話サポートサービスを新しく始めました。

当サイトの豊富な情報とお電話での安心相談により問題を未然に解決し、あなたに最も合った契約ができるようサポートいたします。

出先で今は電話ができない!
休日にゆっくり相談したい!
など

お好きな時間に電話ができるコールバック予約も可能ですのでお気軽にお電話下さい。

<<今すぐお悩み全て解決!インターネット回線の契約で迷っているならまずお電話を>>

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】