【「IPv4」と「IPv6」(インターネットプロトコルバージョン)とは 】

 本ページでは「IPv4」と「IPv6」の解説をしています。

現在、光コラボレーションが始まり、IPv6なのでネットが速いです。なんていう営業活動や勧誘方法がされていますが、気を付けてください!
必ずしも、速いわけではないのです。

IPv4(インターネットプロトコル バージョン4)

IPv6(インターネットプロトコル バージョン6)

Ipv46.GIF

 

 

現在、インターネット上の“住所・番地”にあたるIPアドレス(IPv4)の枯渇が迫っており、新しいIPアドレスの規格であるIPv6への移行の取組みが世界中で進められています。
IPアドレスとは、電話をかけるときには、電話機に「電話番号」が設定されている必要があります。電話番号は世界中で重複しないように割り当てられているので、特定の相手同士が混線することなく電話することができます。

これと同じように、インターネットでは「IPアドレス」を使ってコンピュータ同士が通信を行います。 ホームページを閲覧したり、メールを送受信したりするとき、パソコンはホームページのサーバやメールのサーバと通信を行います。 このとき、パソコンにはIPアドレスが1つ割り当てられ、ホームページのサーバやメールのサーバにもIPアドレスがそれぞれ1つずつ割り当てられています。IPアドレスも世界中で重複がないような仕組みになっています。

電話帳に登録すれば、電話番号を覚えておく必要はありません。しかし、実際には名前だけを知っていても電話をかけることはできず、必ず電話番号が必要になります。 同じように、インターネットでは「http://□□□.co.jp/」や「△△△@×××.com」というアドレスを覚えておけば用は足りますが、実際に通信を行うときには、必ずIPアドレスが必要です。

コンピュータ同士の通信には、必ず「IPアドレス」が必要ですがIPアドレスの枯渇(こかつ)とは現在、一般的に利用されているIPアドレスは、IPv4(インターネットプロトコル バージョン4)といい、利用できる最大のアドレス数は約43億個ありますが、このうちの空きアドレス(在庫)が底をつこうとしています。

在庫がなくなると、新たにインターネットに接続したい利用者や新しいサービスのためのサーバが、これまでのようには利用できなくなることが懸念されています。これを「IPv4アドレスの枯渇問題」といいます。

 

 

日本が所属するアジア・太平洋地域では、新興国の急速な経済発展に伴うインターネット利用の拡大やスマートフォンの普及などに伴い、世界の中でも特に枯渇が進んでおり、現在、在庫はほぼ各インターネットプロバイダが保有するもののみとなっています。各社でも一定の在庫を保有しているため、ただちに問題となることはありませんが、早急な対策が必要となっています。

IPv6とは現在、世界中でIPアドレスの新しい規格であるIPv6(インターネットプロトコル バージョン6)への移行の取り組みが進められています。IPv4では、割り当てられるアドレスの数は理論上の最大値で約43億個でしたが、IPv6では340兆の1兆倍のさらに1兆倍(340澗(カン))という個数のアドレスを利用することができ、実質的には無限と称されるほど膨大です。

日本中、世界中のインターネット利用者やサーバが、早期にこのIPv6に対応することで、将来にわたって安定的にインターネットを利用できるようになります。

速度に関しては、プロバイダーなどの裏側などによっても違います。加入者数が多いプロバイダーほど速度が遅くなる傾向もあるようです。

 

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】