【 光コラボ(光コラボレーションモデル)とは 】

光コラボレーションモデルとは、NTT東日本、NTT西日本から光回線を借り受けて、NTT以外の会社が自社サービスとしてお客様に提供する仕組みのこと。これまでは、NTTは直接、個人や店舗・事業所向けに光回線を「フレッツ光」として販売・提供してきました。

2015年2月1日からは、NTTが光回線を卸売りしています。そこで、NTT以外の企業が「光コラボレーションモデル」を使って、自社ブランドの光回線サービスを立ち上げ、新たなる特徴を加えて自社サービスとしてユーザーに提供できるようになりました。

光コラボレーションモデルを利用して、サービス提供する会社は、今までインターネットサービスプロバイダーを提供してきた会社を主として、既に多くが名乗りを上げています。携帯電話のサービスを提供している企業では、NTTドコモが「ドコモ光」、ソフトバンクBBが「SoftBank光」、KDDIが「ひかりJ」を提供します。

ドコモのMVNO事業を行っている企業もサービスを提供する方針で、たとえばIIJは「IIJmioひかり」、NTTコミュニケーションズは「OCN 光」を、So-netは「So-net 光 コラボレーション」を、U-NEXTは「U-NEXT光」、ビッグローブは「ビッグローブ光」、ニフティは「@nifty光」をそれぞれ個人や店舗・事業所向けに提供を開始しています。

携帯セット割おすすめ光回線ランキングランキング

スクリーンショット 2017-02-20 19.28.26

「auひかり」は、CMや口コミでの評判の良さは抜群!!
今もっとも注目の光回線です。

速度での不満も少なく、年間利用額は光回線で1番安い18,600円です。 auひかりに契約するなら、キャンペーン期間に契約するのがオススメ!!

マンション
料金
3,500円
速度
1Gbps
工事費用
30,000円
一戸建て
料金
5,100円
速度
1Gbps
工事費用
37,500円
キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名
図1

ドコモ光の魅力は、スマートフォンとセットで割引が適用可能ということ。
しかし、 ドコモ光は、年間利用料が48,400円とau光(年間利用料18,600円)と比べると、 29,800円もドコモ光は年間お金がかかるので、安くネットを利用したい方はau光がお得です。

マンション
料金
4,000円
速度
1Gbps
工事費用
15,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
18,000円
softbanke58589

お父さんのCMでおなじみのソフトバンク!! 加入者数が増加していることもあり、「速度が遅くてイライラする」という口コミをよく見ます。 また、年間で50,600円も利用料がかかる為、口コミでは評価があまりよくありません。 速度でイライラしたくない方や安く利用したい方はauひかりを検討ください。

マンション
料金
3,800円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円