【 FVNO(仮想固定通信事業者)とは 】

「FVNO」はFixed Virtual Network Operator(フィクスト バーチャル ネットワーク オペレーター)の略です。

これは、自ら固定回線のネットワークを持たず、他の事業者から回線を借り受けた事業者が、エンドユーザーにサービス提供することです。読み方に関しては、アルファベットをそのまま「エフブイエヌオー」。日本語で「仮想固定通信事業者」と訳されます。

「FVNO」は「フレッツ光」や「auひかり」のような固定回線を扱う事業者が対象ですが、LTEやWiMAXなどのモバイル回線が対象なのは「MVNO」といいます。これにより、自社で回線網を持っていなくても、「FVNO」として回線網や設備を「NTT東西」などのから借り受け、インターネット接続サービスを独自ブランドとして各利用者に提供する事が出来ます。このインターネット回線網や設備を整えるには、莫大な資金が必要になり、新規事業者の参入はかなりのハードルになります(ほぼ不可能)。

実際、独自に全国レベルでの回線網を保有しているのは「NTT」や「KDDI」などしかありませんが、比較的参入障壁の低い「FVNO」の参入を促す事で、価格競争やサービスの多様化に繋がり、ユーザのニーズを満たせ業界も活性化するメリットがあります。「FVNO」が大きく報道されるようになったのは「光コラボレーションモデル」が始まったからですね。「NTT東西」による「光回線サービス卸」の事で、「FVNO」に光回線網を貸し出しますよという内容です。

いわゆるNTT法などで様々な規制がありましたが、2014年10月に総務省が光回線の卸を承認したことで、NTT東日本・NTT西日本はNTTドコモに光回線を貸し出せる事になりました。これによりNTTドコモは固定回線とのセット割が可能になり、同社の低迷しているシェア奪還が期待されています。

「FVNO」は固定回線を扱う事業者が対象ですが、LTEやWiMAXなどのモバイル回線が対象なのは「MVNO」といい、「FVNO」よりも早い段階でサービスが提供されていた事もあって、モバイルインターネットの世界では比較的よく聞く用語になっています。

携帯セット割おすすめ光回線ランキングランキング

スクリーンショット 2017-02-20 19.28.26

「auひかり」は、CMや口コミでの評判の良さは抜群!!
今もっとも注目の光回線です。

速度での不満も少なく、年間利用額は光回線で1番安い18,600円です。 auひかりに契約するなら、キャンペーン期間に契約するのがオススメ!!

マンション
料金
3,500円
速度
1Gbps
工事費用
30,000円
一戸建て
料金
5,100円
速度
1Gbps
工事費用
37,500円
キャンペーン終了まで ⇒ 残り9名
図1

ドコモ光の魅力は、スマートフォンとセットで割引が適用可能ということ。
しかし、 ドコモ光は、年間利用料が48,400円とau光(年間利用料18,600円)と比べると、 29,800円もドコモ光は年間お金がかかるので、安くネットを利用したい方はau光がお得です。

マンション
料金
4,000円
速度
1Gbps
工事費用
15,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
18,000円
softbanke58589

お父さんのCMでおなじみのソフトバンク!! 加入者数が増加していることもあり、「速度が遅くてイライラする」という口コミをよく見ます。 また、年間で50,600円も利用料がかかる為、口コミでは評価があまりよくありません。 速度でイライラしたくない方や安く利用したい方はauひかりを検討ください。

マンション
料金
3,800円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円
一戸建て
料金
5,200円
速度
1Gbps
工事費用
24,000円