auひかり|KDDI|人気急上昇の光回線!料金・速度・工事費やホーム&マンションのエリアは?プロバイダ別キャンペーン情報も!

 本ページでは「KDDI株式会社」が提供する「auひかり(各プロバイダー別)」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

「auひかり」とは?

 インターネット回線を利用している方であれば、みなさんが知っている「auひかり」!お得で通信速度が安定していることで人気ですね!

 この光回線(FTTH)サービスは「NTT東日本(東日本電信電話)」や「NTT西日本(西日本電信電話)」が提供をする「フレッツ光」に次いで利用者が多いインターネット回線なんです。

 「auひかり」と言えば「携帯電話(スマートフォン)」とのセット割(auスマートバリュー)でインターネットも携帯もお得に利用できることが印象的ですが「KDDIグループ」が提供するサービスです。

 この「auひかり」は、2009年まで「ひかりone」という名称で提供されてたことは知っていますか?

 現在は「auひかり」という名称に馴染みがある本サービスですが、今の名称になったのは2010年からなんです。

 それまでの歴史を少し紹介しましょう!

 「KDDI」では2003年から各主要都市をサービスエリアとする光ファイバー網を活用した「光プラス」というインターネットサービスを提供していました。

 2005年には「KDDI」、「東京電力」、「パワードコム」の3社が通信事業の統合化を行ったことにより「東京電力」が提供していた「TEPCO(テプコ)ひかり」という光回線サービスが「KDDI」に譲渡されKDDIの通信事業が拡大されました。

 上記のような流れを経て、2006年には様々な名称やプランが存在していた光回線サービスを「ひかりone」という名称に統一して提供しているんです。

 その後、2010年には「KDDI」が提供しているサービスブランドの「au」を促進する一環で光回線サービスの名称を「ひかりone」から「auひかり」に変更しました。

 「KDDIグループ」は、この「au」というブランド促進に見事成功し、今では「auひかり」を知らない人は少なくなり利用者の拡大にもつながっています。そして「フレッツ光」の契約者は高止まりの傾向にある中、KDDIの「auひかり」は年々その利用者が増加しているんです!

 本ページでは、人気の「auひかり」について徹底解説していきますので、光回線サービスを比較検討している方は参考にしてくださいね!

 

 

「auひかり」が使える場所は?

 「auひかり」って利用できる場所(エリア)が狭いんじゃない?なんて声も多かったんですが、2003年のサービス開始当初は競合サービスでもある「フレッツ光」と比較してみても使えるエリアが狭かったのは事実です。

 そのサービス開始当初の利用可能なエリアは「日本の各主要都市」です。

「日本の各主要都市」って??

 「日本の各主要都市」とは、主に「政令指定都市」や「新幹線駅」の所在地があるところを言います。その詳細地域は、下記を参照してください。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

日本の各「政令指定都市」の一覧
都道府県 指定都市 行政区
北海道 札幌市 中央区/北区/東区/白石区/豊平区/南区/西区/厚別区/手稲区/清田区
宮城県 仙台市 青葉区/宮城野区/若林区/太白区/泉区
埼玉県 さいたま市 西区/北区/大宮区/見沼区/中央区/桜区/浦和区/南区/緑区/岩槻区
千葉県 千葉市 中央区/花見川区/稲毛区/若葉区/緑区/美浜区
神奈川県 横浜市 鶴見区/神奈川区/西区/中区/南区/港南区/保土ケ谷区/旭区/磯子区/金沢区/港北区/緑区/青葉区/都筑区/戸塚区/栄区/泉区/瀬谷区
神奈川県 川崎市 川崎区/幸区/中原区/高津区/宮前区/多摩区/麻生区
神奈川県 相模原市 緑区/中央区/南区
新潟県 新潟市 北区/東区/中央区/江南区/秋葉区/南区/西区/西蒲区
静岡県 静岡市 葵区/駿河区/清水区
静岡県 浜松市 中区/東区/西区/南区/北区/浜北区/天竜区
愛知県 名古屋市 千種区/東区/北区/西区/中村区/中区/昭和区/瑞穂区/熱田区/中川区/港区/南区/守山区/緑区/名東区/天白区
京都府 京都市 北区/上京区/左京区/中京区/東山区/下京区/南区/右京区/伏見区/山科区/西京区
大阪府 大阪市 都島区/福島区/此花区/西区/港区/大正区/天王寺区/浪速区/西淀川区/東淀川区/東成区/生野区/旭区/城東区/阿倍野区/住吉区/東住吉区/西成区/淀川区/鶴見区/住之江区/平野区/北区/中央区
大阪府 堺市 堺区/中区/東区/西区/南区/北区/美原区
兵庫県 神戸市 東灘区/灘区/兵庫区/長田区/須磨区/垂水区/北区/中央区/西区
岡山県 岡山市 北区/中区/東区/南区
広島県 広島市 中区/東区/南区/西区/安佐南区/安佐北区/安芸区/佐伯区
福岡県 北九州市 門司区/若松区/戸畑区/小倉北区/小倉南区/八幡東区/八幡西区
福岡県 福岡市 東区/博多区/中央区/南区/西区/城南区/早良区
熊本県 熊本市 中央区/東区/西区/南区/北区

 上記が、サービス開始当初の「auひかり」が利用可能なエリア(地域)だったんです。日本全国、ほとんどの地域で使える「フレッツ光」と比較してみると限定的な形ですよね。

 しかし、現在では時間の経過とともに設備投資などをして、その利用可能エリアを拡大させています。現在の利用可能な地域は、下記です。

現在の「auひかり」が利用できる地域!

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」の提供エリア
地域 都道府県
「北海道東北」 北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県
「関東」 茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県
「甲信越北陸」 新潟県、山梨県、長野県、富山県、石川県、福井県
「中国」 鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県
「四国」 徳島県、香川県、愛媛県、高知県
「九州」 福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県

 今では、日本全国の70%をカバーしています。ただし、実は「関西」や「東海」エリアでは利用ができないないんです!

 

 

「auひかり」が利用できない地域がある!?

 「大阪府」、「京都府」、「奈良県」、「滋賀県」、「和歌山県」、「兵庫県」、「福井県」、「愛知県」、「静岡県」、「三重県」、「岐阜県」

 上記の地域では「auひかり」が使えません。なぜ、この主要な都市と呼ばれる地域で使えないのか??

 KDDIグループには「中部テレコミュニケーション(株)」という電気通信事業者があります。「中部テレコミュニケーション(株)」では「コミュファ光」という光回線サービスの提供を行っており、もともとは中部電力グループの企業でした。

 2008年よりKDDIグループとして「コミュファ光」の提供を行い「auスマートバリュー」の対象サービスとなっています。

 また、KDDIは関西電力とも業務提携を行うなど強い協力関係にあります。この関西電力グループには「(株)ケイ・オプティコム」が存在しており「eo(イオ)光」という光回線サービスの提供を行っており、これら(コミュファ光やイオ光)との競合を避けるため「auひかり」が使えないんです。

 なので「auひかり」は、関西や東海エリア以外にお住まいになられていて「auスマホ」を持っている方や「通信速度」にこだわりを持つ方にオススメです!

 

「KDDIグループ」の紹介

 ここまで、本ページをご覧いただき「auひかり」の提供会社は「KDDI」であることがわかりましたね!

 そのKDDIのグループ企業には下記のような企業が存在しています。

 ◇ (株)AppBroadCast
 ◇ アップベイダー(株)
 ◇ (株)A-Sketch
 ◇ (株)エナリス
 ◇ au損害保険(株)
 ◇ (株)ウェブマネー
 ◇ 沖縄セルラー電話(株)
 ◇ 沖縄通信ネットワーク(株)
 ◇ 京セラコミュニケーションシステム(株)
 ◇ KKBOX Japan(同)
 ◇ (株)KDDIウェブコミュニケーションズ
 ◇ (株)KDDIエボルバ
 ◇ KDDIエンジニアリング(株)
 ◇ KDDI Open Innovation Fund
 ◇ (株)ジモティー
 ◇ (株)TOLOT
 ◇ (株)ギフティ
 ◇ (一財)KDDIグループ共済会
 ◇ KDDIコマースフォワード(株)
 ◇ (公財)KDDI財団
 ◇ (株)KDDI総合研究所
 ◇ (株)KDDIチャレンジド
 ◇ (株)KDDIテクノロジー
 ◇ KDDIフィナンシャルサービス(株)
 ◇ KDDIプリシード(株)
 ◇ KDDIまとめてオフィス(株)
 ◇ 国際ケーブル・シップ(株)
 ◇ Connehito(株)
 ◇ (株)じぶん銀行
 ◇ (株)ジュピターテレコム
 ◇ Syn.ホールディングス(株)
 ◇ Supership(株)
 ◇ (株)Socket
 ◇ 中部テレコミュニケーション(株)
 ◇ TEPCO光ネットワークエンジニアリング(株)
 ◇ 日本インターネットエクスチェンジ(株)
 ◇ 日本通信エンジニアリングサービス(株)
 ◇ 日本ネットワークイネイブラー(株)
 ◇ ビッグローブ(株)
 ◇ 富士山の銘水(株)
 ◇ (株)ブックリスタ
 ◇ (株)mediba
 ◇ (株)モバオク
 ◇ UQコミュニケーションズ(株)
 ◇ (株)ルクサ
 ◇ (株)ワイヤ・アンド・ワイヤレス

「KDDI」グループ企業の注目点!

 上記の一覧で注目してほしい企業名は「ジュピターテレコム」や「中部テレコミュニケーション」に加えて「UQコミュニケーションズ」です。

 これらの企業では、みなさんがよくCMなどの宣伝でも耳にするインターネット回線サービスの提供を行っているんです。その各社の提供サービスは、下記になります。

 ◆「ジュピターテレコム」⇒「J:COM(ジェイコム)」
 ◆「中部テレコミュニケーション」⇒「コミュファ光」
 ◆「UQコミュニケーションズ」⇒「UQ mobile」や「UQ WiMAX」

 また、2017年1月には大きな出来事ありました!それは、KDDIによる大手プロバイダーの買収です。その詳細は、下記!

 KDDI株式会社 (本社:東京都千代田区、代表取締役社長:田中 孝司、以下「KDDI」) は、2016年12月8日にビッグローブ株式会社 (本社:東京都品川区、代表取締役社長:中川 勝博、以下「ビッグローブ」) の全株式を、日本産業パートナーズ株式会社が管理・運営・情報提供等を行う日本産業第四号投資事業有限責任組合などから取得する株式譲渡契約を締結しましたので、お知らせします。今後、2017年1月末を目途に、総額約800億円で取得し完全子会社化する予定です。

 ビッグローブは、固定回線を利用したインターネット接続サービスを事業展開しており、2016年9月末時点で200万人超の会員を抱えています。また、モバイル事業においても約40万人のお客様にご利用いただいています。

 KDDIは、2016年9月末時点で、auケータイ・スマートフォン等3,858万契約、「auひかり」ブランドのFTTHサービスやCATVサービス等、固定通信サービス904万契約のお客さまにご契約いただいています。また、近年「au WALLET」「au WALLET Market」を中心とした決済・物販事業の展開等、通信領域以外でもお客様の生活シーンに寄り添ったサービス提供に取り組んでいます。

 今回の子会社化により、KDDIとビッグローブは、それぞれの顧客基盤・事業ノウハウなどを活用することで、通信領域のみならず、決済、物販事業など非通信領域においても両社のシナジーによる事業拡大を図ります。

 <参考>

 ■ KDDIの概要

 (1) 商号:KDDI株式会社
 (2) 事業内容:電気通信事業
 (3) 設立年月日:1984年6月1日
 (4) 本店所在地:東京都新宿区西新宿2丁目3番2号
 (5) 代表者:代表取締役社長 田中孝司
 (6) 資本金:141,852百万円(2016年3月31日 現在)
 (7) 連結売上高:4,466,135百万円(2015年度 実績)
 (8) 連結社員数:31,834人(2016年3月31日 現在)

 ■ ビッグローブの概要
 (1) 商号:ビッグローブ株式会社
 (2) 事業内容:インターネット等のネットワークを利用した情報サービスの提供および、これに付帯または関連する一切の業務
 (3) 設立年月日:2014年4月
 (4) 本店所在地:東京都品川区東品川4丁目12番4号
 (5) 代表者:代表取締役執行役員会長兼社長 中川勝博
 (6) 資本金:8,881百万円(2016年3月31日 現在)
 (7) 連結売上高:77,581百万円(2015年度 実績)
 (8) 社員数:467人(2016年9月30日 現在)

 

 

 ビッグローブが、KDDIグループとなったことによりネット接続(光回線)で国内7位の位置にある「KDDI」はNTTコミュニケーションズ(OCN)に次ぐ2位に浮上しました。

 契約者数は約127万件から約370万件に増え、国内シェアも約13%になっています。急浮上ですね!

 この出来事などによりKDDIグループが提供する有名なインターネット回線は、下記のようなサービスが代表的なものになります!

 ◆「ジュピターテレコム」⇒「J:COM(ジェイコム)」
 ◆「中部テレコミュニケーション」⇒「コミュファ光」
 ◆「UQコミュニケーションズ」⇒「UQ mobile」や「UQ WiMAX」
 ◆「ビッグローブ」⇒「BIGLOBE光」
 ◆「日本ネットワークイネイブラー」⇒「ひかりJ」
 ◆「KDDI」⇒「auひかりアクセス(B)」

 ※ 「ひかりJ」と「auひかりアクセス(B)」は、光コラボレーションモデルを活用した「コラボ光」になっています。

 

「auひかり」は提携プロバイダーによって違う!

 ここまで、本ページをご覧いただきありがとうございます!

 それでは、いよいよ本題である「auひかり」のサービス詳細や比較検討に参考になるような情報を解説していきましょう。

 みなさん「auひかり」って、NTT東西が提供している「フレッツ光」や光コラボレーション事業者が提供する「コラボ光」と違いプロバイダーが「パック(一体型)」になっていることは、ご存知でしたか??

 それに加えて「auひかり」と提携しているプロバイダーは、プロバイダー業者の大手ばかり!

 この点は「フレッツ光」や「コラボ光」などと大きく違う点であり、比較検討時のメリットとしては「プロバイダー選びに苦労しない!」ということがおすすめポイントです!

 では、その「auひかり」と提携しているプロバイダーとは何社あるのか??下記で紹介しましょう。

「@nifty(auひかり)」

「@nifty(auひかり)」

 1社目は「ニフティ株式会社」が提供する「@nifty」。

 同社は、今まで富士通グループでしたが2017年に「株式会社ノジマ」に買収され「ノジマ」の子会社となりましたね。「ノジマ」は、家電量販店を展開する企業で「ケーズデンキ」に次ぐ規模にまで成長しています。

 実は、この「ノジマ」の子会社には携帯電話販売などを主力事業とするIT商社の「ITX株式会社」も存在するんです!

「@TCOM(auひかり)」

「@TCOM(auひかり)」

 2社目は「株式会社TOKAIコミュニケーションズ」が提供する「@TCOM」。

 同社は、石油やLPガスなどの「エネルギー関連事業」とケーブルテレビやインターネット接続サービスなどの「通信関連事業」を主軸とする「株式会社TOKAIホールディングス」の子会社です。

 個人向けには、光インターネット接続や固定通信サービスに加え格安SIM・格安スマホと呼ばれる移動体通信サービスを総合的に提供しており、法人向けにはシステムインテグレーションやデータセンターとネットワークインフラを活かしたソリューションビジネスを提供しているんです。

「ASAHIネット(auひかり)」

「ASAHIネット(auひかり)」

 3社目は「株式会社 朝日ネット」が提供する「ASAHIネット」。

 同社は、朝日新聞社との関係が深いことでも有名ですが、プロバイダーが安いことでも評判ですよね!

 そのプロバイダーの会員数は、50万人を超えていて同業界においては中堅どころとして根強い人気を得ています。

「au one net(auひかり)」

「au one net(auひかり)」

 4社目は「KDDI株式会社」が提供する「au one net」。

 このプロバイダーの旧名称は「DION」です。2007年から現在の名称で、提供されているんです。

 その会員は「OCN(NTTコミュニケーションズ)」に次ぐ規模となっており「auひかり」の提携プロバイダーの中では最も多い会員数となります!

「BIGLOBE(auひかり)」

「BIGLOBE(auひかり)」

 5社目は「ビッグローブ株式会社」が提供する「BIGLOBE」。

 もともと「日本電気(NEC)グループ」だった同社は、2017年にKDDIグループの企業となったことは本ページの上部で解説していますね。

 この動きにより「auひかり」を利用する場合は「au one net」と「BIGLOBE」が純粋にKDDIのみが提供するものとなります。

「DTI(auひかり)」

「DTI(auひかり)」

 6社目は「株式会社ドリーム・トレイン・インターネット」が提供する「DTI」。

 現在は、フリービット株式会社の子会社である同社は、もともと「三菱電機」や「東京電力」のグループ会社だったこともあるんです!

 近年では「TSUTAYA(書店・レンタル店)」を展開する「カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)」とも協業してCMでも有名な「TONEモバイル」という「格安SIM&格安スマホ」サービスを提供しています。

「So-net(auひかり)」

「So-net(auひかり)」

 最後の7社目は「ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社」が提供する「So-net」。

 言わずと知れた「ソニー株式会社」のグループ企業ですが、auひかりを利用する場合は「So-net」との組み合わせが一番おすすめです!

 「auひかり×So-net」は、積極的に広告宣伝もしていて申し込みをする代理店によっては他のプロバイダーよりキャッシュバック率や金額も高いです。

 加入者が多くなければできない特典還元が良いという点で、人気かつ評判のようです!

「Linkclub(auひかり)」

「Linkclub(auひかり)」

 最後の8社目は「株式会社カイクリエイツ」が提供する「Linkclub(リンククラブ)」。

 このプロバイダーを知っている方は、なかなか少ないように思えますが歴史は長く、数多くの大企業とも取引実績がある企業です。

 同社が行う業務内容は「マーケティング企画」、「コンピュータユーザーズクラブの企画・運営」、「インターネット・ホスティング事業」、「ニューズレターの企画・編集・発行」、「インターネットショッピングモールの企画・運営」、「コンサルティング業務」です。

 みんなと一緒ということを好まない方には、おすすめです!

 

「auひかり」のサービス詳細

 上記では「auひかり」の提携プロバイダーを紹介してきましたが、合計で8種類のプロバイダーから選ぶことができるということがわかりましたね!

 その利用料金は、プロバイダーによって違うのかな?なんて思いますよね?

 実は、気になる利用料金は一緒なんです!「フレッツ光」や「コラボ光」の場合は、選ぶプロバイダーによってお支払い料金に違いが出ます。

 しかし「auひかり」の場合は、どこのプロバイダーを選んだとしてもお支払い料金は一緒です!

 一体、どんなところに違いがあるのだろうか??と疑問を抱く方は、下記の解説をお読みください。

 まずは「auひかり」の月額利用料金から解説します!

「auひかり」ホームタイプの月額利用料金を簡単解説!

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」ホームタイプ(標準プラン)
月額料金 プラン詳細
6,300 円 契約期間のお約束をいただかない料金プラン。月額利用料はプロバイダ利用料金が込み[機器レンタル料込み(無線LAN月額レンタル料は除く)]です。解約やプラン変更された場合でも契約解除料はかかりません。
「auひかり」ホームタイプ(ギガ得プラン)
月額料金 プラン詳細
5,200 円 「ネット」のみを利用する方に向いているプラン
5,700 円 「ネット」と「固定電話」のセット契約プラン
5,700 円 「ネット」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン
6,200 円 「ネット」と「固定電話」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン

 

 

「auひかり」ギガ得プランとは

 2年単位の契約をお約束いただくことで、月々のご利用料金が標準プランよりもおトクになる料金プラン。お申し出が無い限り、2年単位で自動更新されます。解約や標準プランへ変更された場合には「契約解除料:9,500 円(更新期間を除く)」がかかります。

「auスマートバリュー」について

 KDDIが提供する携帯電話(スマートフォン)とのセット割が利用できる「auひかり」ですが、適用されるプランは「ネット」と「固定電話」を同時に契約した場合のみです。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」ホームタイプ(ずっとギガ得プラン)
月額料金 プラン詳細
5,100 円(1年目)~ 4,900 円(3年目以降) 「ネット」のみを利用する方に向いているプラン
5,600 円(1年目)~ 5,400 円(3年目以降) 「ネット」と「固定電話」のセット契約プラン
5,600 円(1年目)~ 5,400 円(3年目以降) 「ネット」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン
6,100 円(1年目)~ 5,900 円(3年目以降) 「ネット」と「固定電話」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン

「auひかり」ずっとギガ得プランとは

 3年単位(自動更新)の継続利用を条件に「auひかり」のネットサービスをご利用期間に応じて割引くおトクな料金プラン。お申し出がない限り、本プラン加入月から3年単位で自動更新されます。解約やプラン変更された場合には「契約解除料:15,000 円(更新期間を除く)」がかかります。

「auスマートバリュー」について

 KDDIが提供する携帯電話(スマートフォン)とのセット割が利用できる「auひかり」ですが、適用されるプランは「ネット」と「固定電話」を同時に契約した場合のみです。

 

「auひかり」マンションタイプの月額利用料金を簡単解説!

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」マンションタイプ(標準プラン)
月額料金 プラン詳細
3,800 円 「タイプV16」16世帯以上の集合住宅に適用
4,100 円 「タイプV8」8世帯以上の集合住宅に適用
3,800 円 「都市機構デラックス」東日本/西日本の集合住宅に適用
3,400 円 「タイプE16」16世帯以上の集合住宅に適用
3,700 円 「タイプE8」8世帯以上の集合住宅に適用
3,900 円 「タイプF」一部の集合住宅に適用
4,050 円 「マンションギガ」電話やテレビサービスのセット申し込みが不可
5,000 円 「マンションミニギガ」

 

「auひかり」標準プランとは

 「おうちトラブルサポート」がつかないプラン。「おうちトラブルサポート」をオプションとしてお申込みの場合には「月額 400 円/月」がかかります。

 ※ 標準プランに契約期間はありません。解約された場合の契約解除料も発生しません(一部プロバイダは6ヶ月の最低利用期間があります)。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」マンションタイプ(お得プランA)
月額料金 プラン詳細
3,800 円 「ネット」のみを利用する方に向いているプラン
4,300 円 「ネット」と「固定電話」のセット契約プラン
4,300 円 「ネット」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン
4,800 円 「ネット」と「固定電話」と「テレビ(映像サービス)」のセット契約プラン

「auひかり」お得プランAとは

 ※ どのマンションタイプでも「auひかり」マンションのお得プランAは月額利用料に、インターネット回線サービス(auひかり)の利用料はもちろんプロバイダサービス利用料、機器レンタル料も含まれるのでプロバイダごとの異なる料金設定に迷わず安心です。

 (新規でお申し込みの場合は、初期費用および登録料が発生いたします)

 また、日常生活での緊急トラブルに安心な「おうちトラブルサポート」をご利用いただけます!

 お得プランAの契約期間は2年単位で、お客さまからのお申し出が無い限り、2年単位で自動更新となります(起算月はネットサービスの課金開始月です)。

 2年契約更新期間以外にプラン変更または解約された場合には「契約解除料:7,000 円」を請求させていただきます。

「auスマートバリュー」について

 KDDIが提供する携帯電話(スマートフォン)とのセット割が利用できる「auひかり」ですが、適用されるプランは「ネット」と「固定電話」を同時に契約した場合のみです。

 

 

「auひかり」の工事料金など初期契約時の費用

 上記で「auひかり」の月額利用料金は、わかりましたか??

 利用料金は、どのプロバイダーを選んでも一緒である「auひかり」ですが、プロバイダー8社により違うポイントは、どこなんだろう?って、まだまだ疑問を抱きますよね。

 各プロバイダーにより少しだけ違ってくる「auひかり」ですが、結果的には大きな違いは見られません。

 ただし、各プロバイダーによって違う点もありますので下記からは、そのサービス内容をもっと詳しく解説していきます。

 その前に!契約(加入)時の負担が、どれぐらいあるのか?という部分について説明しておきたいと思います。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」の契約時にかかる費用
新規開通工事費 契約事務手数料
30,000 円 ~ 37,500 円 3,000 円

 「auひかり」を契約する際にかかる費用は、上記の「工事費」と「事務手」です。

 この「新規開通工事費」は「ネット」と「電話」をセットで申し込みすることで割引が適用されて、実質無料となるKDDIの「公式キャンペーン」があるので、ぜひ活用したいですね!

 この点で、ひとつ確認が必要なのは「電話」を使わないという方です。auスマートバリューも「電話」サービスのセット申し込みが必須条件となっていますので、固定電話を使わないという方は、少し無駄に感じるかもしれませんが割引額を考えたら全然、電話の契約を一緒にしたほうがお得でしょう。

 

「auひかり」の解約違約金など解約時の費用

 契約(加入)時の費用の次は、解約時にかかる費用を解説しましょう。

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「auひかり」の解約時にかかる費用
工事費残債 定期契約違約金 プロバイダー解約金
最大 37,500 円(契約期間が31ヶ月以上は無料) 7,000 円 ~ 15,000 円(2年 or 3年の契約満了月の翌月は無料) 最大 5,000 円

 この解約時にかかる費用には、大きく分けて3種類の名目が存在しているんです!

 上記の表にも記載のとおりですが、例として契約後に即解約した場合には「最大:57,500 円」かかる計算になります。(これは契約した方のプランや環境によっても異なります)

 解約時の負担だけ考えると大きな負担に見えますが、それぞれの契約において契約期間を満了し解約するタイミングだけ調整することで、ほとんど負担がなくなるので特に気にすることはないでしょう。

 

 

「auひかり」のオプションサービスやwifi環境

 「auひかり」には「ネット」・「電話」・「テレビ」という3つの基本サービスがあります。

 その他のサポート系サービスには、下記のようなものがあってサポートには良い評判が多く利用者の増加にも影響しているようですね。

 「おまかせアドバイザー」(「auひかり」ホーム限定)

 このサービスは、お申し込み前にご自宅にお伺いしてアドバイスを行うというものです!

 「auひかり」ホームの導入方法やサービス内容など、お客様の不安や疑問にも無料でご自宅に訪問して説明。

 かけつけ設定サポート

 こちらは、お申込み後にご自宅にお伺いして各種設定を行うというサポートサービスです!

 パソコンやオプション品などの各種設定に関して、専門スタッフが有料でご自宅まで訪問してパソコンやインターネット接続に関する悩みを解決。

 無線LAN機器レンタル(Wi-Fi)

 これは、ご自宅でWi-Fiをご利用するのに必要な機器をレンタルするものです!

 わずらわしいコードなどから解放され、インターネットをもっと快適かつ場所にこだわらずに利用したい!そんな方は「無線LAN機器レンタル」がオススメです。

 上記のオプションは「auひかり」の基本的なオプションですが、その他にもセットで利用するプロバイダーによって追加で使えるオプションが異なりますので、下記で簡単に解説しましょう!

 auスマートバリュー(セット割)

 みなさんが、知っている割引オプション!

 auスマホのユーザーなら、さらにお得!毎月の利用料金が最大2年間「毎月:2,000円も値引き」お安くなります!

 

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「@nifty(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
@nifty レンタルサービス 2,980 円 パソコン・タブレットレンタル
@nifty まかせて365 500 円 電話サポート
@nifty 優待サービス 300 円 会員様向け優待
@nifty 常時安全セキュリティ24 500 円 セキュリティ

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「@TCOM(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
@TCOM メール 無料 基本メールオプション
Webmail 無料 基本メールオプション
My @TCOM 300 円 クラウド保存
@TCOM KINGSOFT Office 300 円 オフィスソフト
FOR YOU 500 円 トラブルサポート
TOKAI SAFE 400 円 セキュリティ関連
シマンテックオンライン 490 円 ~ 570 円 セキュリティ関連
メールウィルスチェック 200 円 セキュリティ関連
かんたん迷惑メール対策 無料 セキュリティ関連
有害サイトブロック 200 円 セキュリティ関連
TT-PHONE(NC) ADSLやフレッツ光とセットで無料 IP電話
ホームページエリアレンタル 無料 ホームページ関連

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「ASAHIネット(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
カスペルスキー 480 円 セキュリティ関連
おまかせウイルスチェック 200 円 セキュリティ関連
i-フィルター 200 円 セキュリティ関連
サギウォール 300 円 セキュリティ関連
データ無制限バックアップ 500 円 バックアップ関連
ASAHIネット LTE ANSIM(通話SIM) 1,600 円 ~ 回線以外の通信関連
ASAHIネット Wi-Fi Wi2 362 円 回線以外の通信関連
ひかりTV for ASAHIネット 1,000 円 ~ コンテンツ関連
AsahiNet 光テレビ 660 円 コンテンツ関連
雑誌読み放題 タブホ 460 円 コンテンツ関連
リモートサポート 500 円 サポート関連

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「au one net(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
安心ネットセキュリティ 300 円 セキュリティ関連
安心トータルサポート 500 円 サポート関連
かけつけ設定サポート メニューにより異なる サポート関連
おうちトラブルサポート 400 円 サポート関連
Wi-Fi・接続オプション 有料 Wi-Fi関連
メール・ホームページサービス 有料 メール・ホームページ関連

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「BIGLOBE(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
セキュリティセット・プレミアム 380 円 セキュリティ関連
BIGLOBE お助けサポート 475 円 サポート関連
BIGLOBE Club Off 無料 or 有料 会員特典
BIGLOBE Gポイント 無料 会員特典
BIGLOBE メール 無料 or 有料 メール関連

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「DTI(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
DTI Club Off 無料 or 有料 会員特典
メール Ubicプラン 200 円 メール関連
ウイルスチェック Ubicプラン 無料 or 有料 メール関連
迷惑メールチェック Ubicプラン 無料 or 有料 メール関連
迷惑メールブロック Ubicプラン 無料 or 有料 メール関連
SiLK Touch 無料 or 有料 サポート関連
U+Link 無料 or 有料 VPN関連
Feel6@DTI IPv6接続 154 円 IPv6サービス関連
ホームページ支援ツール 有料 ホームページ関連

下記の表をスマホでご覧いただいている方は、横にスライドできます。

「So-net(auひかり)」のオプションサービス
オプション名 月額料金 サービス詳細
カスペルスキー 500 円 セキュリティ関連
So-net 安心サポート 300 円 サポート関連
So-net くらしのお守りワイド 450 円 サポート関連

 以上が「auひかり」提携プロバイダーが提供するオプションサービスです!

 「Linkclub(auひかり)」については、プロバイダーオプションがないためシンプルだと思いますがサポートサービスが充実しているという点で考えた場合には「Linkclub(auひかり)」以外のプロバイダーを選ぶことが良いでしょう。

 

 

「auひかり」の回線速度や評判

 上記まで「auひかり」のサービス詳細を解説してきましたが、みなさんもすでに知っている光回線なので内容はわかりましたよね!

 ただ、実際に「auひかり」を使ってみようと検討した時に「回線速度は?」なんて気になったりすることも少なくないでしょう。

 下記のデータは、2017年6月10日に日本全国各地で回線速度を気にされている方が測定した結果になります。

 これは、1日だけの測定結果ですが、データの中でもわかるとおり「auひかり」の回線速度は総合的にみても良い言えます!

 事実、他社の回線と比較してみても悪い評判は目立ちません。あとは、セットで使うプロバイダー次第というところです。

回線速度

 速度だけを考えた場合におすすめなのは「au one net(auひかり)」or「BIGLOBE(auひかり)」or「So-net(auひかり)」!!

 あとは、キャンペーン(特典)や代理店窓口が重要ですので、下記からは申し込み時のキャンペーンや代理店について比較できるように解説していきます。

 

「auひかり」のキャンペーンやお得なサービスプラン

 KDDIが提供をする「auひかり」には、KDDI独自のキャンペーンとプロバイダーのキャンペーンがあります。

 まずは、KDDI公式キャンペーンのご紹介をしましょう。プロバイダー独自のキャンペーンもお見逃しなく!

 

「auひかり」スタートサポート(ホーム&マンション)


 「auひかり」スタートサポートとは

 ① 他社固定インターネット、またはモバイルデータ通信サービスの解約違約金相当額を「最大 30,000 円」還元!

 ② auスマートバリューを新規お申し込みで、他社携帯電話の解約違約金相当額をauご契約1回線につき「10,260 円」還元!

 このキャンペーンは、上記の2種類で構成されています。その適用条件が注意事項を解説していきます。

① 他社インターネット回線の解約違約金相当額を還元!

 「auひかり」へ乗り換え前に他社の光回線を契約している場合において他社インターネットサービスの解約違約金相当額を「au WALLET プリペイドカード」へのチャージ、または郵便為替にて還元。

 「au WALLET プリペイドカード」へのチャージ、または郵便為替での還元額の上限を超えた場合、その差額相当分をauひかり月額利用料から差し引いて還元。

 【 適用条件 】

 〇 他社の固定インターネットサービスやモバイルデータ通信端末から乗り換えで「auひかり(ホーム)ずっとギガ得プラン」 or 「auひかり(マンション)」の「ネット+電話+電話オプションパック」に新規契約すること。

 〇 「24カ月以上の継続利用(マンション)」 or 「36カ月以上の継続利用(ホーム)」をお約束いただいた方。

 【 注意事項 】

 ◆ 他社の固定インターネットサービス:「コミュファ光」、「eo光」、「ピカラ光」、「メガ・エッグ」、「BBIQ」やKDDIが指定する「ケーブルテレビ事業者提供サービス」等もしくは「auひかり」、「auひかり ちゅら」は対象外。

 ◆ 他社のモバイルデータ通信端末:NTTドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルが提供するモバイルデータ通信端末が対象。

 ◆ 規定の契約期間を満たさずに解約をした場合には「ホーム:最大 25,000 円」・「マンション:最大 10,000 円」の違約金がかかります。

 ◆ 「ASAHIネット」、「BIGLOBE」、「DTI」のプロバイダーを選択した場合には「最大 15,000 円」の還元となります。

② 「auスマートバリュー」に新規お申し込みで、他社携帯電話の解約違約金相当額を還元!

 他社携帯電話の解約違約金相当額を「au WALLET プリペイドカード」へのチャージにて還元。

 【 適用条件 】

 〇 新規契約の「auひかり」とセットで「auスマートバリュー」に新規お申し込みすること。

 〇 auご契約回線で「誰でも割」、「誰でも割ライト」に加入すること。

 【 注意事項 】

 ◆ NTTドコモ・ソフトバンク・ワイモバイルの2年契約プランが対象。

 ◆ auご契約回線は指定のデータ定額サービス等であることが必要。ただし「U18データ定額20」は対象外。

 ◆ 「2016年9月1日」以降かつ「auひかり」の開通月を含む5カ月前から「auひかり」スタートサポート申請までの間のお申し込みであることが必要。「auひかり」が「auひかり」スタートサポートを提供開始した月以前に「auスマートバリュー」にお申し込みされた方は適用対象外。

 ◆ 2年単位で自動更新。途中解約などの場合「契約解除料:9,500 円(更新期間を除く)」がかかります。

 

 

※ KDDIが実施する他のキャンペーンとは併用できない場合があります。
※ 本キャンペーンの適用は、1設置場所につき1回限りです。

[申請について]

※ 他社サービス・他社携帯電話解約違約金明細のコピーをKDDI指定の方法で申請いただくことが必要です。原本を送付された場合でも返却いたしません。
※ 対象のauご契約回線とセットでauスマートバリューにお申し込みのauひかりご利用開始後7カ月以内に申請書をご送付ください。ただし利用開始月を1カ月目とします。

[au WALLET プリペイドカードへの還元(チャージ)について]

申請書に記載のau電話番号のau IDに設定されているau WALLET プリペイドカードへ還元(チャージ)します。申請書に記載のau電話番号はauひかりご契約者様本人もしくはご家族様である必要があります。

ご家族様とは、「同一姓かつ同一設置先住所」「au電話番号とauひかりの連絡先電話番号が同一」「au携帯電話とauひかりが同一のauスマートバリューに適用されている」「au携帯電話とauひかり請求統合されている」のいずれかに該当することが条件となります。

申請書のご送付時にau WALLET プリペイドカードをお持ちであることが必要です。

申請受付から約1カ月後に還元(チャージ)いたします。ただし、還元(チャージ前にauご契約回線・au WALLET プリペイドカードを解約などされている場合は、還元(チャージ)の対象外となります。

au WALLET クレジットカードは対象外です。

<①のご注意事項>

他社サービス請求明細とauひかりご契約者が同一氏名または同一姓かつ同一設置先住所の場合、申請いただけます。

auひかりスタートサポートに期限はありませんがご加入時期によって、プロバイダや還元額などが異なる場合があります。

[対象外について]

他社サービスが複数ある場合でも、1つの他社サービスのみが対象となります。「各種ホームページからのご加入」「ご加入手続き中または既にご利用中のKDDIサービスをキャンセルまたは解約されてのご加入」「auひかりご加入より1カ月以上前に他社サービスを解約済」の場合は対象外となります。

[解約違約金について]

他社サービスの月額利用料等は解約違約金の対象外となります。

[郵便為替での還元について]

申請受付から約1.5~2カ月後に契約者住所宛てに郵便為替をお送りいたします。お客さまの不在等で郵便為替が弊社へ返送された場合には必ず1カ月以内にお申し出ください。期間経過後の再送付は致しかねます。郵便為替を紛失された場合は、再発行できません。

[月額利用料への還元について]

申請受付の翌月ご利用分から還元を開始します。申請受付が月末の場合、還元の開始が翌々月となる場合があります。還元期間終了後、自動的に通常料金となります。

還元期間中に解約・移転された場合は、還元の適用は解約・移転月の前月をもって終了します。別途auひかり初期費用・登録料・月額利用料および電話オプションパック月額利用料がかかります。

<②のご注意事項>

法人名義でのご契約は対象外です。他社携帯電話請求明細と申請対象のau電話番号が同一、または同一姓かつ同一契約者住所の場合、申請いただけます。

[解約違約金について]

他社携帯電話の分割払い残債、端末購入サポート違約金等は解約違約金の対象外となります。

※別途契約にかかる費用等がかかります。

 

「auひかり」初期費用相当額割引(ホーム&マンション)


 「auひかり」初期費用相当額割引とは

 契約時にかかる初期費用を月額利用料金から割引を行うというキャンペーンです。

 「auひかり」の契約時には初期費用として「工事費(30,000 円 ~ 37,500 円)」と「登録料(3,000 円)」がかかりますが、この工事費部分の負担がなくなる嬉しいキャンペーンで人気のようです。

 【 注意事項 】

 ◇ 各プロバイダにより内容が異なります。詳細については、各プロバイダにご確認ください。

 ◇ 電話サービス2契約目の料金は450円/月となります。

 ◇ 別途ユニバーサルサービス料がかかります。

 ◇ お申し込み時に「割引停止同意欄」に同意されたお客様は「auスマートバリュー (ご家族の適用を含む)」 と併用できません。本割引は終了となり「auスマートバリュー」が適用されます。

 ◇ 割引に期限はありません。割引条件や割引金額が変更となる場合があります。変更となる場合は事前にお知らせいたします。

 ◇ ネットサービス、電話サービスそれぞれの課金開始月の翌月から「30カ月間」割引いたします。30カ月以内で解約した場合、割引は継続いたしません。また、解約月の割引額は日割りとなりません。ネットサービス、電話サービスそれそれの当月請求額が割引額に満たない場合、当月請求額を最大として割引いたします。差額の返金はいたしません。ネット単体、ネット+テレビサービスのお申し込みも可能ですが、その場合は「ネット:750円」のみの割引となりますのでご注意ください。

 上記のキャンペーン以外にもプロバイダー独自のキャンペーンなどがありますので、お気軽にお問い合わせください。お客様のご要望や環境にあった最適なプランをご案内しております!

 

 

「auスマートバリュー」

 今、この割引サービスを知らないという人は少ないでしょう。「auひかり」に加入する最大のメリットでもある割引です!

 「対象のデータ(パケット)定額サービス」や「料金プラン」などに、ご加入の「au携帯電話」と「auひかり」や「対象固定通信サービス(ネット+電話)」またはWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi HOME」とセットでのご利用で「au携帯電話」のご利用料金を「1台あたり最大 2,000 円」も割引するサービスです。

 ※ 対象端末:auスマートフォン/auケータイ/4G LTEタブレット・4G LTE対応PCなど

「auひかり」お得プランA

 このサービスプランは、マンションなどの集合住宅向けに提供している特別プランです。

 「auひかり マンション」の新料金プランとして2017年1月19日に開始されました!

 「お得プランA」は、2年単位のご契約を条件に、提供している「auひかり」マンション向けプランの月額利用料と同額で「おうちトラブルサポート」をセットで利用できる料金プランです。

 「おうちトラブルサポート」は、日常生活で発生する「緊急に対応してほしい」という住まいのトラブルに対応しているオプションサービスであり「水まわり」、「電気設備」、「ガス設備」、「鍵」、「ガラス等」のトラブルについて、専門のサービス担当者が訪問して応急対応をするというもの。

 2年単位のご契約ではない現在のマンション向けプランでは、新たなオプションとして「おうちトラブルサポート」を「月額:400 円(税抜)」 で提供しています。

 1回あたりの作業時間が60分以内 (建具は30分以内) の場合は「出張費・作業費」が無料となります。

 ※ このサービスは、トラブル時の一時的な応急対応であり「トラブル・不具合」の「完全復旧・修復」を保証するものではありません。部品交換や特殊対応が必要な場合や、制限時間内程度の作業では対応できない場合、部品・部材が必要となる場合の特殊作業費、超過作業費、部材費については、お客さまの実質負担となります。

 ※ かけつけサービスをご利用の場合は、専用ダイヤル「おうちトラブルサポートお客さま窓口」まで、ご連絡をいただきます。お客さま窓口の電話番号は、ご契約の際に個別にお客さまへご案内するほか、お客さまご自身でセルフページにて確認いただけます。

 ※ 対象のインターネットサービスの開通、もしくは「おうちトラブルサポート」オプション申込みの翌々日からご利用いただけます。

 上記まで「auひかり」の公式キャンペーンやお得なプランなど、サービス詳細に関して解説してきました。

 「auひかり」はKDDIの公式キャンペーンの他にもプロバイダーによる独自キャンペーンや特典などが用意されているケースが多々あります。

 一番、大事なポイントは申し込みを行う代理店をしっかりと選ぶこと!これが「auひかり」を契約するうえで最も重要なポイントになるので、下記からは代理店に関する比較ポイントを解説していきましょう。

 

「auひかり」への乗り換え比較ポイント

 「auひかり」のサービス詳細については、ご理解いただけましたか?

 ここからは「auひかり」以外の光回線から「auひかり」へ乗り換えをする際の重要なポイントを説明していきます。

 ズバリ!最初に言ってしまうと乗り換え時のポイントは「代理店」と「プロバイダー」です!このポイントだけ、しっかり抑えれば大丈夫!

 ということで詳細を解説していきます。

 

「auひかり」の代理店を選ぶ!

 「auひかり」の代理店と言っても様々な販売手法(訪問・家電量販店・テレマーケティング・WEB)においては、数多く存在しています。

 その中で、今回はWEB販路における「auひかり」の代理店にスポットを当ててみます。

 現在、WEBで「auひかり」の取次販売を行っている主要な代理店は、下記になります。

 ◇ 株式会社NEXT(ネクスト)
  〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-12-12 MIビル4F

 ◇ 株式会社アウンカンパニー
  〒169-0074 東京都新宿区北新宿1-13-26 メゾンヴェール柏木

 ◇ 株式会社ジェイ・コミュニケーション
  〒171-0022 東京都豊島区南池袋3-13-5 光3号ビル7F

 ◇ 株式会社シナジーパートナーズ
  〒170-0013 東京都豊島区東池袋1-28-1 タクトTOビル6F

 ◇ 株式会社NN(エヌエヌ)コミュニケーションズ
  〒151-0053 東京都渋谷区代々木3-28-6 いちご西参道ビル7F

 ◇ JTA株式会社
  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-11-11 IVYイーストビル8F

 ◇ 株式会社レジェンド
  〒150-0002 東京都渋谷区渋谷3-9-10 KDC渋谷ビル3F

 ◇ CALL FORCE(コールフォース)株式会社
  〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-30-5 タクエー横浜西口ビル9F

 ◇ スタンダードコネクション株式会社
  〒251-0024 神奈川県藤沢市鵠沼橘1-2-4 クゲヌマファースト4F

 ◇ 株式会社アクセスライン
  〒532-0011 大阪市淀川区西中島3-9-13 NLC新大阪8号館6F

 ◇ 株式会社パイオン
  〒541-0053 大阪府大阪市中央区本町1-4-8

 ◇ ブロードバンドナビ株式会社
  〒662-0918 兵庫県西宮市六湛寺町9-8 市役所前ビル5F

 ◇ 株式会社25(トゥエンティファイブ)
  〒910-2178 福井県福井市栂野町第15-1-2

 合計で、13社があります。この中で、どこの会社で申し込みすることがベストなのか?

 その答えは、簡単ではありません。特に順位を付けるということは申し込み者の目線で考えた場合は、より難しいでしょう。おすすめという点で、あえて絞るなら下記の3社でしょう。

 ◆ 株式会社ジェイ・コミュニケーション

 ◆ ブロードバンドナビ株式会社

 ◆ 株式会社25(トゥエンティファイブ)

 この3社が、おすすめであるという理由は特典と実績や評判において、他社より悪く目立つような点が少ないからです。

 また、上記の代理店が確実であるということも言えないことは実情です。なぜなら、キャンペーンは旬のものであり上記の代理店は、現時点では悪い評判なく運営していても今後を保証するものではないからです。

 一番、最善な方法としては「フレッツ光」の代理店のように無数あるわけではないので、1社1社に連絡してみることがオススメ!

 また昔から光回線を契約した後には、様々なクレームや問題が起こることがあります。

 そのようなことを起こさないためにも販売側による説明なども重要ですが申し込み者である方が、きちんとした比較やサービス内容の理解、キャンペーン条件などをしっかりと確認することも必要だと思います。

 せっかく契約するサービスなので、気持ちよく契約し継続的に使いたいという気持ちは皆が思うことでしょう。通信業界で長年において従事してきた経験から総合的に考えても上記の3社は、バランスが良くオススメできると言っても良いでしょう。

 そして、これは皆さんに伝えておきたいことですが「インターネット回線(光回線)」を申し込みする前に比較するポイントとしてキャッシュバック金額だけを見ていて、その他の大事なところを比較できていない方もいるようなので、そのようなことはないようにしてほしいものですね。

 「auひかり」の申し込みをする時には、どこの代理店から申し込みするのか?という比較ポイントは、外せませんが加えてプロバイダーも重要なので下記でおすすめのプロバイダーを紹介します。

 

 

「auひかり」のプロバイダーを選ぶ!

 本ページも随分と長くなりましたので、このプロバイダーについては結果をお伝えします!

 「auひかり」の提携プロバイダーで、オススメなのは!?下記です。

 ◆ 「au one net(auひかり)」

 ◆ 「BIGLOBE(auひかり)」

 ◆ 「So-net(auひかり)」

 ほとんどの代理店でも上記のプロバイダーを勧めています。キャンペーンや他の特典などを考えても代理店が勧めているプロバイダーを契約することが懸命でしょう。

 

おすすめの代理店さんはコチラ

 当サイトでは、下記のランキングで「auひかり」のオススメ代理店を掲載しております。お申し込みも数多くのお客様から継続的にいただいておりますので、迷ったら下記のランキングよりお申し込みください。

 

 

必見!!インターネット回線を契約したいが迷っている方へ
インターネット回線の契約をする際、「価格」「エリア」「速度」「キャンペーン」など気になる点が多くありますよね?

また、回線業者がたくさんあり契約内容も複雑ですので、自分にあった、インターネット回線を探すのは本当に大変です。

そこで、HIKARI百貨店ではインターネット回線の契約に関するお悩みを徹底解決し契約のサポートまで行う電話サポートサービスを新しく始めました。

当サイトの豊富な情報とお電話での安心相談により問題を未然に解決し、あなたに最も合った契約ができるようサポートいたします。

出先で今は電話ができない!
休日にゆっくり相談したい!
など

お好きな時間に電話ができるコールバック予約も可能ですのでお気軽にお電話下さい。

<<今すぐお悩み全て解決!インターネット回線の契約で迷っているならまずお電話を>>

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】