ボナ光|ボナファイド|キヤノン販売店としてコピー機や複合機のコスト削減で人気!光コラボの料金・解約違約金・評判は?

 本ページでは「株式会社ボナファイド」が提供する「ボナ光」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

【 ボナ光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < ボナ光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 5,400 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ ] 5,400 円
 [ ファミリー・ギガラインタイプ ] 5,500 円
 [ ファミリー・ギガスマートタイプ ] 5,800 円

 

 [ マンション・タイプ ] 4,200 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ ] 4,200 円
 [ マンション・ギガラインタイプ ] 4,300 円
 [ ファミリー・ギガスマートタイプ ] 4,600 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 4,400 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ ] 4,400 円
 [ ファミリー・ギガラインタイプ ] 4,500 円
 [ ファミリー・ギガスマートタイプ ] 4,800 円

 

 [ マンション・タイプ ] 3,200 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ ] 3,200 円
 [ マンション・ギガラインタイプ ] 3,300 円
 [ ファミリー・ギガスマートタイプ ] 3,600 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < ボナ光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,000 円
 [ マンション・タイプ ] 1,000 円

 

 < ボナ光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 2,000 円
 [ マンション・タイプ ] 2,000 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 15,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 15,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < ボナ光 >

 [ ファミリー・タイプ ] お問い合わせ
 [ マンション・タイプ ] お問い合わせ

 

 

◆ 提供オプション

 < ボナ光 >

 ボナひかり電話
  ・ ボナひかり電話 基本プラン
  ・ ボナひかり電話 トクトクプラン
  ・ ボナひかり電話 オフィスプラン
  ・ ボナひかり電話 オフィストクトクプラン

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「ボナ光」が使えます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 現在、「ボナ光」では独自のキャンペーンなどを実施しておりません。

 

【 ボナ光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. フレッツ光より安価に利用できること。
 2. バンドルとアンバンドルの両タイプが用意されていること。
 3. 個人と法人のお客様どちらも利用できる内容になっていること。

 

◆ デメリット

 1. NTT西日本エリアでは利用できないこと。
 2. マンションタイプに関しては他社の光コラボと比較して割高であること。
 3. 最低利用期間などの定めに関してが不明であること。

 

 
 

◆ 総評

 本サービス「ボナ光」は、東京都新宿区南山伏町に本社を置く「株式会社ボナファイド」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 この「株式会社ボナファイド」は、法人に対する商品やソリューションを提供している企業です。

 提供している商品には、「複合機・サーバ・パソコン・プリンタ・電話機器・OA機器」などがあり、自社の法人ユーザーに対してトータルサポートをしています。

 また、ホームページ簡単制作サービスなどのサービスも提供しております。

 その「ボナファイド」が提供する「ボナ光」は、事業内容を見ると法人向けの光コラボだと思えますが、一般個人のユーザー様にも利用できるような内容となっています。

 ここからは「ボナ光」の特徴を紹介していきます。

 「ボナ光」には、バンドルタイプとアンバンドルタイプが用意されており、プロバイダーを変えたくない変えられないという方でも光回線だけを転用して、今の支払いを安くすることができる内容になっています。

 ただし、マンションタイプに関しては現在の契約状況により安くならない場合もありますので要確認が必要です。

 他社と比較して「ボナ光」の良い点としては、業界平均で3,000円の契約事務手数料が1,000円~2,000円ほど安いところですね。

 それ以外の部分に関しては、特に特徴を持ったところはありません。

 「ボナ光」では「光回線」と「プロバイダー」に加えて「光電話」の提供を行うサービス内容になっていますので、フレッツテレビというテレビサービスをお使いになられているお客様には、向いていないかもしれませんね。

 法人様にとっては、通信費や電話費用などの経費削減ができるチャンスになると思います。

 「ボナファイド」から何かしらのサービス提供を受けている場合には、それらと今まで別々の請求・管理だったものがワンストップで提供できるようになるため総合的に考えると大きなコスト削減が期待できるかもしれません。

 コスト削減をご検討しているお客様は、ぜひ「ボナ光」の利用を検討してみましょう。

 光コラボは、数百にも及ぶサービスが存在していますので転用の前に、よく比較してから申し込みをするようにしてください。

 

 

【 ボナ光を利用した人の口コミ 】

 

◆ ボナ光の口コミ

 「ボナ光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 ボナ光の公式情報 】

◆ Bona光/重要事項説明

 Bona光 重要事項説明書

 

◆ Bona光/株式会社ボナファイド

Bona光 公式ページ|Bona光

株式会社ボナファイド 会社概要|株式会社ボナファイド

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

必見!!インターネット回線を契約したいが迷っている方へ
インターネット回線の契約をする際、「価格」「エリア」「速度」「キャンペーン」など気になる点が多くありますよね?

また、回線業者がたくさんあり契約内容も複雑ですので、自分にあった、インターネット回線を探すのは本当に大変です。

そこで、HIKARI百貨店ではインターネット回線の契約に関するお悩みを徹底解決し契約のサポートまで行う電話サポートサービスを新しく始めました。

当サイトの豊富な情報とお電話での安心相談により問題を未然に解決し、あなたに最も合った契約ができるようサポートいたします。

出先で今は電話ができない!
休日にゆっくり相談したい!
など

お好きな時間に電話ができるコールバック予約も可能ですのでお気軽にお電話下さい。

<<今すぐお悩み全て解決!インターネット回線の契約で迷っているならまずお電話を>>

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】