「コネクト光 – 株式会社コネクト」

 本ページでは「株式会社コネクト」が提供する「コネクト光」のサービス詳細を紹介しています。光コラボレーションサービスを比較検討されている方(個人も法人も)に必見!

「コネクト光」お問い合わせページ|⇨「コネクト光お問い合わせ」はこちらへ

【 コネクト光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

 

 

◆ 回線速度

 < コネクト光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < コネクト光 >

 現在、バンドルタイプ(光回線とプロバイダーのパックプラン)の提供は行っておりません。

 

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < コネクト光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 5,200 円
 [ ファミリー・ハイスピードタイプ ] 5,200 円
 [ ファミリー・ギガスタンダードタイプ ] 5,400 円
 [ ファミリー・ギガスマートタイプ ] 5,700 円

 [ マンション・タイプ プランミニ ] 3,850 円
 [ マンション・タイプ プラン1 ] 3,250 円
 [ マンション・タイプ プラン2 ] 2,850 円

 [ マンション・ハイスピードタイプ プランミニ ] 3,850 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ プラン1 ] 3,250 円
 [ マンション・ハイスピードタイプ プラン2 ] 2,850 円

 [ マンション・ギガスタンダードタイプ プランミニ ] 4,050 円
 [ マンション・ギガスタンダードタイプ プラン1 ] 3,450 円
 [ マンション・ギガスタンダードタイプ プラン2 ] 3,050 円

 [ マンション・ギガスマートタイプ プランミニ ] 4,350 円
 [ マンション・ギガスマートタイプ プラン1 ] 3,750 円
 [ マンション・ギガスマートタイプ プラン2 ] 3,350 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < コネクト光 > 新規契約

 [ ファミリー・タイプ ] 800 円
 [ マンション・タイプ ] 800 円

 

 < コネクト光 > 転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 1,800 円
 [ マンション・タイプ ] 1,800 円

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < コネクト光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 15,000 円

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < コネクト光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 18,000 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 15,000 円

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < コネクト光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 9,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 1,500 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < コネクト光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 27,500 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 16,500 円

 

◆ 提供オプション

 < コネクト光 >

 コネクト光電話
 1ギガ対応無線LANルーター
 無線LANカード

 

◆ 提供エリア

 NTT東日本エリアの「フレッツ光」が利用可能な場所で「コネクト光」が申し込みできます。

(NTT東日本エリア)北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、長野県、山梨県

 

◆ キャンペーン

 現在、「コネクト光」では独自のキャンペーンなどは実施されておりません。

 

 

【 コネクト光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. プロバイダーが自由に選べること。
 2. 地域の企業に寄付(支援)ができること。
 3. フレッツ光の料金と変わらず利用できること。

 

◆ デメリット

 1. NTT西日本エリアでは利用できないこと。
 2. テレビサービスの提供がないこと。
 3. 転用しても安くならないこと。

 
 

◆ 総評

 本サービス「コネクト光」は、秋田市川尻大川町の本社を置く「株式会社コネクト」が提供する光回線サービス(光コラボ)です。

 「コネクト光」の特徴などを紹介する前に、光コラボレーション(光回線)の利用者・検討者に対して理解を深めていただくために少し説明をさせていただきます。

 実は、光コラボレーションのサービス全体の中で「コネクト光」と呼ばれる光回線の名称は、これで3つ目になります。

 そして、秋田県から提供される光回線(光コラボ)は「コネクト光」で3つ目です。

 本サイトで、全て紹介しておりますので参考にしてください。

 それでは、「コネクト光」を提供する「株式会社コネクト」のご紹介をしましょう。

 同社は、法人に対してNTT東日本サービスを活用した通信インフラ・設備の提供をはじめ、パソコンの販売・取付、各種OA機器の販売等を行っています。

 「株式会社コネクト」では、「オフィスのかかりつけ医(お客様の担当医)」をテーマに掲げ事業展開をしています。

 そんな「株式会社コネクト」が提供開始している「コネクト光」は、光コラボレーションサービスとしては全国で2例目となる「社会貢献型通信サービス」になります。

 「社会貢献型通信サービス」とは、どんな内容なのか?

 その仕組みは「コネクト光」利用した場合に、月々の通信費の一部を支援金として地元企業へ還元するというものです。その寄付金の額は、利用するプランにより異なります。

 現在、光コラボでは「還元型の光回線サービス」と「寄附連動型の光回線サービス」が存在しています。

 「コネクト光」のコンセプトは、みんなで少しずつ持ち寄り、がんばっている人をお手伝いしたい。お手伝いしたい人と、支援を求めている場を「コネクト光」が結ぶというものです。

 還元先のカテゴリーとしては「障害や介護を支える」、「子供を支える」、「スポーツを支える」、「地域を支える」、「その他」などがあります。

 今、還元先に指定されているのは「社会福祉法人 一羊会」と「一般社団法人 田沢湖観光協会」のようですが、今後かなりの広がりを見せそうですね。楽しみです。

 では「コネクト光」のサービスの中身は、どのようなものになっているのか?

 答えは、フレッツ光と同様の価格設定になっています。通常、多くの人が認識している「光コラボ」とは「安くなる」・「まとまる」だと思います。

 それとは全然違う内容です。

 この光回線(光コラボ)は、安くなることが目的ではなく「今までどおりの通信」・「今までどおりの料金」で地域社会に少しでも貢献をしようとするのが目的です。

 「フレッツ光」をそのまま利用するのも良いでしょう。しかし、それでは社会貢献できません。地元や地域の社会を支援・貢献したいと思える方は、「株式会社コネクト」が提供する「コネクト光」がおすすめです。

 「コネクト光」では、オプションサービスなども提供もなくシンプルに光回線のみの提供です。転用をしてもプロバイダーは、そのまま継続できます。当然、メールアカウントも変わらず利用できます。

 ただし、NTTグループで請求をまとめていたりする方は請求がバラバラになることもあるので、その点だけは要確認ですね。

 ここで改めて思いますが「光コラボレーションモデル」という仕組みは、すごく様々な可能性を秘めていますね。まだまだ、様々なサービスが提供開始されますので自分にあった光回線を見つけてください。

 

 

【 コネクト光を利用した人の口コミ 】

 

◆ コネクト光の口コミ

 「コネクト光」に関する利用者の口コミなどはありません。

 

【 コネクト光のお問い合わせはこちらへ】

「コネクト光」お問い合わせページ|⇨「コネクト光お問い合わせ」はこちらへ

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】