「IIJmio光 – 株式会社インターネットイニシアティブ」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

≪ 月額料金 ≫ ※ バンドルタイプ

[ ファミリー ] 4,960円
[ マンション ] 3,960円

 

 

≪ 初期費用 ≫

[ 転用 ] 1,800円
[ 新規 ] 800円

 

≪ 解約料金 ≫

[ ファミリー ] 〜 18,000円
[ マンション ] 〜 15,000円

 

≪ 提供エリア ≫

日本全国の「NTT フレッツ光」が利用可能な提供エリアで申し込みできる。

 

≪ オプション ≫

・ IIJmio高速モバイル/Dサービス
・ IIJmioひかり電話
・ IIJmioひかり IPoEオプション

 

≪ キャンペーン ≫

・ 【IIJmio おトク&キャンペーン情報】一覧
・ 次世代ネットワーク接続 IPoEオプション
・ ファミリーシェアプランおトクなキャンペーン!
・ 【第二弾!】BIC光&BIC SIMセットでおトク!キャンペーン
・ 今ならAmazonギフト券がもれなくもらえる
・ 今ならもっとおトク!春キャンペーン
・ お友達紹介特典
・ 端末補償オプション
・ ANAのマイルが毎月貯まる!新規契約マイル増量キャンペーン!
・ BIC SIM限定 祝!BIC SIMカウンター100店舗突破キャンペーン
・ みおふぉんでもデータ専用SIMでも使える!格安通話アプリ LaLa Call
・ G-Call スマホの通話料が50%OFF
・ イオン限定端末セット 1GB増量キャンペーン
・ スマート補償(S)

 

 

≪ 総合特徴 ≫

「IIJmio光 (アイアイジェイミオヒカリ)」は、電気通信事業者である株式会社インターネットイニシアティブが個人顧客向けに提供するNTT光コラボレーションサービスです。

インターネットイニシアティブ(IIJ)は日本の「東証1部」と「米NASDAQ」において株式公開を行っている企業です。

実は、インターネットイニシアティブは日本で最初にプロバイダー(ISP)商用サービスを開始したインターネットサービスプロバイダ事業者である。

これに伴って、現在では数多くのプロバイダー(ISP)事業者へプロバイダー(ISP)のOEM・移動体通信事業者(MNO)とのL2接続による仮想移動体サービス提供者(MVNE)を行っている。

このような背景もあって「インターネット接続」、「仮想移動体通信事業者(MVNO)」、「システム・インテグレーション」、「アウトソーシング」などを法人向けに提供することが主要の事業です。

株式会社インターネットイニシアティブの技術力においては、広く評価をされており、1992年に「株式会社インターネットイニシアティブ企画」として設立されてから国内外の主要なインターネットエクスチェンジとのピアリングも積極的に推進し、電信電話系ではないIP通信専業のプロバイダー(ISP)事業者としては国内最大規模の主要都市間を接続するインターネットバックボーンを独自に構築している。

それに加えて、アジア太平洋地域の国際バックボーンであるA-Boneの構築にも関与し、インターネット接続環境の整備にインフラ面で大きな貢献を果たした1995年には、「株式会社アジア・インターネット・ホールディング」を設立しています。

サービス導入企業は、とんでもない規模です。主に、公官庁と法人で6,500社以上を抱えています。

その中でも高度・大規模なシステムインテグレーションを必要とする大企業に対するシェアは圧倒的で、各業界トップ10企業の半数からセクターによっては大半の主要企業を顧客としています。

現在、様々な事業者が存在する中でも、インターネットに関する研究・調査・実証実験・標準化などの活動に積極的に参画していて、プロバイダー(ISP)事業者の中では研究投資の比率は比較的に高い方である。

これほどまでに大きなプロバイダー事業者ですが、実は1998年に「トヨタ自動車」、「ソニー」、「インターネットイニシアティブ」による合弁会社(クロスウェイブコミュニケーションズ)を設立しており、画期的な広域イーサネット・サービスを提供していました。

しかし、競争激化とITバブル崩壊によって経営難になり、クロスウェイブコミュニケーションズは会社更生手続きしたのちNTTコミュニケーションズに営業譲渡を行い、この特別損失で大幅赤字となり第三者割当増資による出資をNTTグループから約30%受けたので、現在ではNTTが株主比率として一番になっています。

もはや、NTTグループと言ってもいいのかもしれません。この関係から、NTTグループから役員2名を派遣していますので関係は強固です。 

知らない方も多いのですが、実は、プロバイダーの提供会社自体はいっぱいありますが、それは2次提供会社です。

仕組みは、2015年2月に開始されたNTT光コラボレーションサービスと一緒です。NTT光コラボレーションサービスの全ての商品の中身は「フレッツ光」です。

これと同様にお客様が使っている、商品名は違っても中身のプロバイダーは「インターネットイニシアティブ」のものなんてことが多々あります。

さて、この光コラボレーションサービスの特徴ですが、「IIJmioひかり IPoEオプション」が最高におすすめです。

これは、インターネットイニシアティブグループの技術力を総集した高品質オプションサービスです。簡単に説明すると「IPv6接続」に加えて、「PPPoE接続方式」による「IPv4接続」、「DS-Lite」による「IPv4接続」もあわせて提供するため、お客様は1つのサービスで「IPv6」、「IPv4」の両方の接続環境を利用することができます。

もっと、かみ砕いて説明します。

車を運転していて込んでいる道路にあり、どこが込んでいるかわかりません。

そんな時、どうしますか?ナビを操作するなり、地図を見るなり空いている道を探しますよね?(面倒)空いているような道を探せましたが、車が通過できないとしたら?(諦める)

上記のような状況があったと仮定したら、「IIJmioひかり IPoEオプション」というサービスは、ナビして空いている道を自動で案内してくれ、車が通過できない道があったら自転車にトランスフォーマーして、安全な道を高速で目的地まで勝手に進んでくれるサービスです。(GOOD)圧倒的におすすめです。

 

 

【 アイアイジェイミオ光の公式情報 】

◆ IIJmio光/重要事項説明

 IIJmio光 重要事項説明書

 

◆ IIJmio光/株式会社インターネットイニシアティブ

IIJmio光 公式ページ|IIJmio光

株式会社インターネットイニシアティブ 会社概要|株式会社インターネットイニシアティブ

 

光コラボレーションサービスの全商品を一覧比較する方はコチラ!

 

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】



「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】