「コネクト光 – 株式会社PRESiDE」光回線コラボ商品|料金/速度の詳細

「コネクト光」お問い合わせページ|⇨「コネクト光お問い合わせ」はこちらへ

【 CONNECT光のキャンペーン、料金、速度などの特徴 】

◆ 回線速度

 < CONNECT光 >

 フレッツ光ギガスマート同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ギガライン同等タイプ : 下り上り 最大1Gbps(1000Mbps)
 フレッツ光ハイスピード同等タイプ : 下り 200Mbps 上り 100Mbps
 フレッツ光ノーマル同等タイプ : 下り上り 100Mbps

 

 ※ 本サービスはベストエフォート型サービスとなり、通信速度を保証するものではありません。
   お客様のご利用環境や回線の混雑状況によって通信速度は大幅に低下することもあります。

 

 

◆ 月額料金 : バンドルタイプ

 < CONNECT光 > 通常プラン 基本料金

 [ ファミリー・タイプ ] 6,118 円
 [ マンション・タイプ ] 4,718 円

 < CONNECT光 > 通常プラン 3年割適用

 [ ファミリー・タイプ ] 5,298 円
 [ マンション・タイプ ] 4,198 円

 

 < CONNECT光 > セキュリティーセットプラン 基本料金

 [ ファミリー・タイプ ] 6,318 円
 [ マンション・タイプ ] 4,918 円

 < CONNECT光 > セキュリティーセットプラン 3年割適用

 [ ファミリー・タイプ ] 5,498 円
 [ マンション・タイプ ] 4,398 円

 

◆ 月額料金 : アンバンドルタイプ

 < CONNECT光 > 通常プラン 基本料金

 [ ファミリー・タイプ ] 5,200 円
 [ マンション・タイプ ] 3,800 円

 < CONNECT光 > 通常プラン 3年割適用

 [ ファミリー・タイプ ] 4,380 円
 [ マンション・タイプ ] 3,280 円

 

 ※ バンドルタイプとは・・・プロバイダーがパックになったプランなので別途プロバイダーの契約が不要になります。
 ※ アンバンドルタイプとは・・・フレッツ光のように光回線のみの提供となりインターネットを利用するためには別途プロバイダーの契約が必要となります。

 

 

◆ 初期費用 : 契約事務手数料

 < CONNECT光 > 新規契約・転用契約

 [ ファミリー・タイプ ] 規約に記載がありません。
 [ マンション・タイプ ] 規約に記載がありません。

 

 ※ 新規契約とは・・・「フレッツ光」以外の光回線インターネットをご利用している方が、乗り換えした場合の契約名称です。
 ※ 転用契約とは・・・「フレッツ光」をご利用している方が、サービス変更した場合の契約名称です。

 

◆ 工事費用 : 新規開通工事の場合に適用、転用契約の場合は不要

 < CONNECT光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 規約に記載がありません。
 [ マンション・タイプ ] 規約に記載がありません。

 

◆ 解約費用(1) : 工事費分割による残額請求金

 < CONNECT光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 規約に記載がありません。
 [ マンション・タイプ ] 規約に記載がありません。

 

◆ 解約費用(2) : 定期契約による解約違約金

 < CONNECT光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,980 円
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,980 円

 

◆ 解約費用 : 上記(1)と(2)を合計した解約時の最大負担額

 < CONNECT光 >

 [ ファミリー・タイプ ] 0 円 ~ 24,980 円 + 工事費残債がある場合は最大で24,000 円がプラスになります。
 [ マンション・タイプ ] 0 円 ~ 24,980 円 + 工事費残債がある場合は最大で24,000 円がプラスになります。

 

 

◆ 提供オプション

 < CONNECT光 >

 CONNECT光電話
 CONNECT光テレビ
 WEBROOT セキュリティ
 Internet Security セキュリティ
 Webメール
 追加メール
 無線LAN機器レンタル
 コネクト安心パック
 コネクト安心パック Lite
 オフィス
 P-BOX
 P-BOX+
 コネクト安心サポート
 おたさぽ
 お助けパック

 

◆ 提供エリア

 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で、CONNECT光が使えます。

 

◆ キャンペーン

 現在、CONNECT光で実施しているキャンペーンなどはありません。

【 CONNECT光のメリット・デメリット 】

◆ メリット

 1. 日本全国のフレッツ光が利用可能な場所で使えること。
 2. 他社の光コラボにはない「CONNECT光電話機器セット割」という割引があること。
 3. 光回線・電話・テレビと必要なサービスの提供にきちんと対応していること。

◆ デメリット

 1. 規約に新規契約の場合の工事費に関する記載がないこと。
 2. 光電話のプランは基本プランしか対応しておらず、NTT東西のエースプランなどと同等のプランがないこと。
 3. 最低利用期間が36ヶ月のうえ解約料金が高めの設定であること。初期費用の記載も明確にされていないこと。

 

 
 

◆ 総評

 本サービス(CONNECT光)は、P-コネクトというプロバイダーを提供する株式会社プレサイドより提供される光コラボレーションサービス(光回線)です。

 「Pコネクト(プロバイダ)」や「CONNECT光(光回線)」に加えて「CONNECT WiMAX2+(WiMAX)」の提供を行っており、月間での契約件数は5,000件を超えるという実績を持っています。

 光コラボレーションサービスは、光回線の取次や提供経験の新規参入企業がありますが、そんな中で月契約5,000件の実績を持っているということは利用者からも安心して任せられますね。

 そんな、CONNECT光のサービス内容をご紹介します。光回線の利用者(申し込み者)にとって重要なところは、お客様の「月額料金」・「初期費用」・「解約費用」ですよね。

 まずは、その月額利用料金ですが他社と比較すると200円ほど高めの設定になっています。ただし、高いだけではないでしょう。CONNECT光のプロバイダーはPコネクトと呼ばれるもので、大手プロバイダーと比べて利用ユーザー数は、少ないと思います。

 このプロバイダーのシェアというのは、以外と回線速度にも関係すると言われています。頭に道路を描いてみてください。道路は、渋滞するとなかなか前に進まずイライラするなんてことありますよね。光回線の速度も同様で、道路の幅が光回線で、車の数が速度みたいなイメージです。

 このような点を考えると100円や200円ぐらいなら少し高くても利用してみる価値はあるかと思います。

 光回線は、ベストエフォート型サービスとして全サービスで定めているので、どの光回線を使っても確実と言えるものはひとつもないことが現状ですが。

 次に、初期費用の部分です。これについては、明確に規約でも記載されていません。プロバイダーを契約した場合には、初期費用として1,500円がかかるということは明記されていますので、申し込み時に確認をしてみることをおすすめします。標準的な初期費用は、3,000円程度です。

 最後に、解約時にかかる費用です。光回線を解約時にかかる費用は、いくつかあります。下記に挙げてみます。

 「申し込み時に工事費用を分割払いしている際にかかる残債」・「最低利用期間の定めによる解約金」に加えて「プロバイダーを解約する際の違約金」の3つぐらいです。

 CONNECT光では、この解約金について36ヶ月以内に解約した場合として明記されています。ただし、新規契約した場合には工事費が発生します。その新規申し込みの際の工事費が規約にも記載がありませんので、不明確な部分があります。これも申し込み時に確認をしたほうが良いですね。

 転用契約(フレッツ光から乗り換えする場合)は、工事費がかかりませんので特に気にする必要はありません。

 以上のように確認する点が、いくつかあるものの速度面においては優秀な可能性が大いにあります。申し込みをご検討されるお客様は、お問い合わせください。こちらで、確認のうえお知らせさせていただきます。

 実は、CONNECT光という光コラボは同じ商品名のものが2つありますので、ご検討される場合は提供会社名をよく確認のうえ検討することも注意点です。

 

 
  

【 CONNECT光を利用した人の口コミ 】

 

◆ CONNECT光の口コミ

 現在、CONNECT光に関する口コミはありません。CONNECT光は、「株式会社C・S・R」と「株式会社PRESiDE」が提供するものがあります。本ページは「株式会社PRESiDE」のサービス内容です。

 

【 CONNECT光の公式情報 】

スクリーンショット 2017-05-22 18.51.26

「コネクト光」お問い合わせページ|⇨「コネクト光お問い合わせ」はこちらへ


 

レビューを投稿する
レビュー投稿フォーム
1
2
3
4
5
送信
     
キャンセル

レビューを投稿する

平均評価:  
 0 件のレビュー

「注目」&「評判」の光コラボレーションサービス【必見!】